Yahoo! JAPAN

ロッテ佐々木朗希が前回ノックアウトの雪辱なるか、5連勝中の日本ハムは金村尚真が先発

SPAIA

ロッテ佐々木朗希と日本ハム金村尚真のインフォグラフィック,ⒸSPAIA

前回の日本ハム戦5失点で敗戦投手となった佐々木朗希


ロッテ佐々木朗希が17日の日本ハム戦(ZOZOマリン)に先発する。

今季は6試合に登板して3勝2敗、防御率2.56。日本ハム戦は早くも今季3度目の登板だが、前回10日(エスコンフィールド)は5.2回8安打4三振5四球5失点で負け投手となった。

朗希攻略で勢いに乗った2位・日本ハムはその後5連勝中。3位ロッテは4ゲーム差をつけられており、さらに3.5差をつけてソフトバンクが首位を走っている。これ以上離されるわけにはいかない。

万波中正と佐々木の対戦成績はここまで6打数1安打2三振だが、打つとチームが勢いづくだけに十分に気をつけたい。ほかには4打数3安打の水野達稀、5打数2安打の松本剛にも要注意だ。

佐々木自身も前回の雪辱に燃えているだろう。ホームの声援を背に快投が期待される。

金村尚真は中継ぎから配置転換されて2度目の先発

一方、日本ハムは金村尚真が先発する。富士大からドラフト2位で入団して2年目の右腕。今季は主に中継ぎとして11試合登板で1勝1敗、防御率1.47をマークしており、前回8日のソフトバンク戦(みずほPayPay)で今季初先発してから中8日でのマウンドだ。

その今季初先発は4回6安打2失点。負け投手になったが、再度先発のチャンスが巡ってきた。

ロッテ戦は中継ぎで2回を投げて無失点。昨季は1試合に先発して6回91球を投げ、4安打8奪三振4失点(自責点2)で敗戦投手となっている。今季成長した姿を見せつけたいところだ。

チームは5連勝と勢いに乗っている。佐々木朗希に投げ勝ってチームの連勝を伸ばせば、これ以上ないほどの価値がある。

その他の試合の予告先発は以下の通り。

【セ・リーグ】
DeNA・東克樹-中日・涌井秀章(横浜)
阪神・青柳晃洋-ヤクルト・吉村貢司郎(甲子園)
広島・大瀬良大地-巨人・戸郷翔征(マツダスタジアム)

【パ・リーグ】
オリックス・田嶋大樹-楽天・早川隆久(京セラドーム大阪)
ソフトバンク・L.モイネロー西武・ボー・タカハシ(みずほPayPay)

【関連記事】
・巨人の「ネック」1番打者は誰が適任?打順別データで候補者を比較
・「初回」と「中盤」は要注意!データで見るソフトバンク・山川穂高の“不敗神話”
・2024年にFA権取得見込みのプロ野球選手、宣言なら争奪戦必至の目玉は?

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山手線・駒込駅徒歩30秒】1泊3500円の露天風呂付き「カプセル&サウナ ロスコ」に泊まってみたら…ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思い出した

    ロケットニュース24
  2. 榎木淳弥と諏訪部順一が『呪術廻戦』展の音声ガイドを担当 渋谷ヒカリエとのコラボも決定

    SPICE
  3. AMEFURASSHI、新曲「イニミニマニモ」ダンスプラクティス映像公開!

    Pop’n’Roll
  4. 【#北九州下関フェニックス】首位攻防の3連戦は1勝2敗に 首位はかろうじてキープ(2024年6月14日~16日)

    キタキュースタイル
  5. 「堅あげポテト」を食べたことがない42歳、人生で初めて食べた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 【動画】大阪・関西万博300日前記念イベント「あべてんフェス」で奈良市の魅力紹介

    OSAKA STYLE
  7. TEAM SHACHIが6年ぶりTIFのステージに登場 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024』出演アーティスト17弾を発表

    SPICE
  8. くノ一今季初の3連勝 愛媛Lに2‐1 なでしこ1部

    伊賀タウン情報YOU
  9. 【女性編】離婚後のひとり暮らしで実感した“自由と寂しさ”のリアル #4「我慢できなかった結果…」

    ウレぴあ総研
  10. 早見あかり 3歳の娘が“違和感”を 「何でママがドラマに?」 映画『Ultraman: Rising』特別上映会

    動画ニュース「フィールドキャスター」