Yahoo! JAPAN

AirX、EveのeVTOL機を最大50機導入へ。同時に運航管理システムも導入

DRONE

Airx株式会社とEve Air Mobility (以下、Eve) は、EveのeVTOL機を最大10機の確定と最大40機のオプションについての意向確認書を締結した

AirXは、日本における先進的なエアモビリティのパイオニアであり、EHangのeVTOL機「EH216-S」の実証実験飛行を続けて、実績を積み重ねている。

AirXは、首都圏初のeVTOL試験飛行場であるUAMセンターの開設を発表した。この革新的な取り組みは、都市型エアモビリティ(UAM)に向けたAirXにおける重要なマイルストーンとなり、首都圏の空の旅に革命をもたらすものだという。

https://www.drone.jp/news/2024032710370184836.html

EveのCEOであるJohann Bordais氏は、次のようにコメントする。

eVTOL機だけでなく、サービス、オペレーション・ソリューション、そして都市航空交通管理ソフトウェアであるVectorを購入することで、AirX'sがEveに信頼と信用を寄せてくれたことに感謝します 日本はeVTOL運航へのアプローチと関心において先進的であり、私たちは今後も関係を拡大し、日本の都市航空モビリティの目標を支援していくことを楽しみにしています。

AirX代表取締役の手塚 究氏は、次のようにコメントする。

Eveの技術力だけでなく、エコシステム構築への取り組みに深い感銘を受けました。 私たちの目標は、現在の業界に革命を起こし、輸送サービスを誰にとっても便利で安価なものにすることです。私たちの知識、経験、既存のビジネスプラットフォームをEveの包括的なソリューションと統合することで、日本におけるeVTOLの運用を促進し、輸送の制約を克服したいと考えています。

アジア太平洋地域は、Eveにとって重要な市場だという。Eveは多様な関係を築き、顧客や潜在的な顧客と協力して、この地域の交通渋滞を緩和する新しい交通手段を提供し続けている。日本に加え、すでにオーストラリア、インド、韓国などの顧客や事業者と緊密に連携している。

Eveは、現地のパートナーと協力しながら、各発進予定地域の運航パートナーと共同でUAMエコシステムを構築することを目標としており、協議が継続するにつれて、見識に関する情報を共有している。

EveのeVTOL機は、垂直飛行には8つの専用プロペラを、巡航飛行には固定翼を備えたリフト+クルーズ構成を利用し、飛行中にこれらのコンポーネントの位置が変わることはない。

最新のコンセプトには、最高レベルの性能と安全性を確保することを目標に、推進力の冗長性を提供するデュアル電気モーターを動力源とする電動プッシャーが含まれる。低運用コスト、少ない部品点数、最適化された構造とシステムなど多くの利点を提供する一方で、低騒音で効率的な推力を提供するよう開発されている。

Eveは昨年、初のeVTOL生産施設をブラジル・サンパウロ州のタウバテ市に設置すると発表した。Eveは最初のフルスケールeVTOLプロトタイプの組み立てを開始しており、その後テストキャンペーンが実施される予定だ。Eveは3000機近いeVTOLのバックオーダーを表明しており、この航空機は2026年に就航する予定だという。

同時に、Eveは、世界中の都市における航空モビリティ運航を最適化・拡大する独自の都市航空交通管理ソフトウェアであるVectorを含む、不可知論的なサービスおよび運航ソリューションの包括的ポートフォリオを開発し続けていくとしている。

Airx

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 菅井友香、草川拓弥、ワケあり”結婚生活が始まる! W主演ドラマ『ビジネス婚ー好きになったら離婚しますー』、今夜放送スタート

    Pop’n’Roll
  2. 【高知グルメin大阪】道頓堀を見下ろすオーセンティックバーでマスターの超ネイティブ土佐弁の激流に浸る「Bar Fun」大阪市中央区道頓堀1丁目

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  3. 【旭川】読書や勉強、作業におすすめのカフェ2選

    asatan
  4. 【旭川】クレープで春を楽しもう!旭川のお店3つ

    asatan
  5. 【旭川市】マップを頼りにGO!物静かな住宅地にあるイチオシの蕎麦屋

    asatan
  6. 千方ウォーキング 26日に伊賀・高尾で リニューアル冊子も配布

    伊賀タウン情報YOU
  7. =LOVE、≠ME、≒JOY、9/28に3グループ合同コンサート<イコノイジョイ 2024>開催決定!

    Pop’n’Roll
  8. 新図書館計画、旧スターアイランド跡地は実現困難、建設費など高騰、四日市市が議員説明会で表明へ

    YOUよっかいち
  9. 驚くほど鎌倉野菜たっぷりなランチセットが魅力の立川『cafe sov』。ジューシーな名物ミートパイもおすすめ!

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 限定コラボグッズをGETして試合を盛り上げよう! にじさんじ『壱百満天原サロメ』とコラボした『ヴィッセル神戸』スタジアム応援グッズが登場 神戸市

    Kiss PRESS