Yahoo! JAPAN

けいゆう病院 日常のつながり重要に DMAT 被災地で活動〈横浜市中区・横浜市西区〉

タウンニュース

避難者の話を聞く隊員たち=けいゆう病院提供

災害拠点病院の1つ、けいゆう病院=西区みなとみらい=は、神奈川県の要請を受けDMAT(災害派遣医療チーム)を能登地震の被災地である石川県七尾市に派遣した。期間は1月29日から2月2日までの5日間。

派遣されたのは医師1人、看護師1人、薬剤師1人、業務調整員2人の計5人。1月31日は志賀町の3カ所、2月2日は七尾市の2カ所の避難所を巡り、計11人を医師が診察した。

隊員の1人で看護師の大森淳子さんは「避難所によって状況がまったく異なる」と話す。避難者が20人ほどと少人数だった志賀町の避難所は、水道、電気、ガスのライフラインが生きていたこともあり、体調不良者はおらず、ラジオ体操なども行われていたという。

一方、同じ志賀町でも180人近い避難者が身を寄せていた施設では、嘔吐の症状があり熱も39度を超える70代の女性がいて、救急車を要請。七尾市では、避難所となっている小学校の体育館で、コロナの陽性者を数人確認。大森看護師は「人数の多いところは感染のリスクが高まる」と指摘していた。

薬剤師の上村忠聖さんは、複数の避難所を巡回する中で「日ごろからの近所づきあいの有無が、避難所生活に大きく影響する」と語った。コミュニケーションが少なくなると、寝たきりの状態が悪化するケースもある。

支援物資、積まれたまま

避難所には食料や飲料、スマートフォン用携帯バッテリーなどの支援物資が届いているが、仕分けができておらず、積まれた状態のままのところもあった。同病院のスタッフは「支援は物資ではなく義援金がよい」と話していた。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <辛辣な本音>子どもが結婚した後にもし同居の提案があったら。条件付きOK?絶対イヤ?

    ママスタセレクト
  2. 2024年も「ママ駅」になります 京成電鉄「市川真間駅」母の日にあわせ期間限定で駅名看板やバス停の表記変更

    鉄道チャンネル
  3. 【フォト】藤枝MYFCがホームで徳島に0−1。“裏天王山”に敗れ19位に…<J2第11節>

    アットエス
  4. おしゃれな家の外観をつくろう!種類や特徴、写真実例もご紹介

    リブタイムズ
  5. 【ダイソー】で買えるなんて嘘だよね……?思わず二度見した最強アイテム

    4MEEE
  6. 【フローラS・マイラーズC】東大HCは高い先行力と距離適性を重視 京都大学競馬研の本命は地力と実績が上位(東大・京大式)【動画あり】

    SPAIA
  7. 北急新駅・箕面萱野駅すぐの「みのおキューズモール STATION棟」に「スープストックトーキョー」がオープン!

    anna(アンナ)
  8. 日本最大のアンブレライベント「ムーミン谷とアンブレラ」5周年のムーミンバレーパークでスタート

    あとなびマガジン
  9. アニメ『負けヒロインが多すぎる!』八奈見杏菜が想い人と幸せなひとときを過ごす…!? 片想いビジュアル&キャスト一問一答インタビュー動画が公開

    PASH! PLUS
  10. 顔が大きいってバレない!小顔見えウルフヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE