Yahoo! JAPAN

「鱗(ウロコ)が美味しい」サカナ3選:トウゴロウイワシ・アマダイ・コイ

TSURINEWS

魚を捌くうえで最も邪魔者扱いされる部位である「鱗」。しかし、中にはこの鱗こそが美味しいという魚も存在します。

鱗ごと食べて美味しい小魚

釣りをしていると、イワシやアジなどの小魚がたくさん釣れることがあります。このような小魚は骨も内臓も丸ごと食べられることも多いですが、それでも鱗だけは取らないと口の中に障ります。

そのため何十匹も捌くとなると非常に辛いのですが、中には鱗すら取らず本当に丸ごと調理して美味しくなるものがあります。それはトウゴロウイワシ。

トウゴロウイワシと呼ばれるもののひとつギンイソイワシ(提供:PhotoAC)

トウゴロウイワシは南日本の広い範囲に生息する15cmほどの小魚で、ほとんどの地域で未利用魚となっていますが、高知県では食用にされています。まるで鎧のようにしっかりとした鱗に覆われているのですが、丸ごと唐揚げにするとこの鱗が非常にサクサクとして美味しいのです。

鱗付きの皮が美味しい高級魚

知名度の高い魚の中にも、鱗が美味しいものがいます。一番有名なのはアマダイでしょう。

アカアマダイ(提供:PhotoAC)

大型のものはかなりの高級魚であるアマダイは、薄くて大きな鱗がみっしりと付いているため、調理の時に鱗ごと皮を引くことが多いです。あるいはすき引きという方法で、表皮の薄皮ごと鱗を剥きとることもあります。

このようにして取り除かれた鱗は、少し乾燥させてからカリッと揚げて食べられます。加熱により鱗が逆立ち松ぼっくりのように見えることから「松かさ揚げ」と呼ばれるこの料理は、アマダイ料理でも人気のあるものの一つです。

鱗こそが至高な淡水魚

鱗の一枚一枚を調理して食べる例もあります。それはコイ。

コイ(提供:PhotoAC)

コイの鱗は非常に大きくて分厚く、大量のゼラチン質を含んでいて肉厚です。これを綺麗に洗い、一枚ずつ片栗粉をつけてカラッと揚げると、クルッと丸まってきつね色になります。これがコイの鱗せんべい。非常に香ばしく、ビールのお供に最適です。

コイの鱗は長時間煮るという方法でも柔らかくでき、プチプチとした食感になり美味しいです。人によってはコイの煮物は鱗がないと満足できないということもあるそうです。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【京都】かき氷も人気!京野菜使用のヴィーガンフレンドリーなレストラン

    PrettyOnline
  2. 【宝塚記念】AIは一強評価も2番手以降は混戦! 買い目は3連単30点を推奨で2週連続的中を狙う【動画あり】

    SPAIA
  3. 全量を特異な石灰岩系硬水で醸す金賞常連蔵 【帝松】松岡醸造‐埼玉県

    酒蔵プレス
  4. 【3時間しゃぶしゃぶ天国】これだけ豊富で3000円から!?しゃぶ葉の「宴会コース」のコスパが良すぎる…!【食べ飲み放題】

    ウレぴあ総研
  5. 本当に私が悪いの? 夫に「熟年離婚したい」と言われた妻はその後…【もやもやクラッシュ!】#21話

    ウレぴあ総研
  6. 「リモコン」の“手垢やホコリのベタつき汚れ”をスルンと落とす方法【意外と知らない掃除術】

    saita
  7. 世界遺産 東寺に参拝したら寄りたい老舗和菓子店 ヤミツキになる名物餅も「御菓子司 東寺餅」

    キョウトピ
  8. 老けの原因はヘアスタイルだった!?大人女子にはNGなボブヘア

    4yuuu
  9. 25年卒就活生...企業を選ぶ軸や求める条件を決める時期 最多は「大学3年生・修士1年生の冬」35.7%

    J-CAST会社ウォッチ
  10. 「卵パックのラベル」すぐ捨てないで!ラベルを使ってキレイにする“意外な活用術”

    saita