Yahoo! JAPAN

心の距離がグンっと縮まる「話題掘り下げ系カードゲーム」遊んで特に面白かった質問5つ

ウレぴあ総研

「So... Cards Deep Conversation Starter」 COCO

家族や友人、パートナーなど、身近な人のことを意外と知らない...。

(全画像)心の距離がグンっと縮まる「話題掘り下げ系カードゲーム」中身

そう思ったことはありませんか?

趣味や職業などの通り一遍のことは知っていても、例えば「何を大切にして、何を思って、何を喜びに生きているのか」といった、その人の本質に触れるような問いは、日常会話ではあまり登場しませんよね。

筆者自身も周囲の人について、知ってるようでまだまだ知らないように感じることがあります。

そんな中、「浅い会話をスキップして深い話を促す」という斬新なカードゲーム「So... Cards Deep Conversation Starter」を発見。「どういうこと?」と首を傾げつつ、興味本位で購入してみました。

今回は、実際に「So... Cards Deep Conversation Starter」で遊んでレビューします。先に結果をバラしてしまうと、確かに超ディープでした...(笑)。

話題掘り下げ系カードゲーム「So... Cards Deep Conversation Starter」とは?

「So... Cards Deep Conversation Starter」は話題掘り下げ系カードゲーム。

箱の中には52個の質問が書かれたカードが入っていて、カードに書かれた質問に答えるだけの簡単なゲームです。

ゲームの目的は「浅い会話をスキップして深い話を促すこと」。

日常会話では中々話題に上がらないようなディープな質問の数々に、人生さえ考えさせられます。質問は全て英語ですが、短文なのでGoogle翻訳などを使えばスムーズに和訳できそうです。

このゲームには特定のルールがなく、楽しみ方は無限大。みんなで同じ質問に答えて意見の違いを楽しむもよし、1人1枚ずつカードを引いて指名した相手に答えてもらってもよし。

1人であれば自己分析やメディテーションにも使えます。少し捻りを加えて、他の人になりきって質問に答えるというも楽しそう。

例えば家族4人で遊ぶとしたら、長女以外のメンバー3人が長女になりきって同じ質問に回答し、長女本人の回答に一番近かった人が勝利といったコミカルな遊び方もできるという振り幅の広さです。

「話題掘り下げ系カードゲーム」で実際に遊んでみた!

今回、筆者はパートナーとふたりで、ワイン片手にこのゲームに挑戦してみました。

私達の出会いは10年以上前。普段から頻繁に深い会話をするため「新しい発見なんてあるの?」と思っていたのですが、良い意味で期待を裏切られました。今回は特に面白かった質問を5つご紹介します!

質問1.「もし元恋人が全員集結したとしたら、あなたに関して全員が同意する不満はなに?」

最初に引いた質問が、早速パンチの効いた質問でした。「みんな私のここが不満だっただろうなぁ…」「俺は間違いなくこれだね」「いや自覚あるなら直してよ!(笑)」と、お互いプチ懺悔を始めて大盛り上がり。今日なら普段は言えないことも言えちゃいそうな予感です。

...と早くもこのゲームの実力を実感しつつ、先へと進めていきます。

質問2. 「もし毎晩寝なくても良いとしたら、その時間何をして過ごす?」

2つ目の質問は、1つ目とは打って変わって、ぜひとも実現してほしいシチュエーション。

まずはお互いの回答を予想し合って「あなたは洋画を一気見するかお勉強しそうだよね~」「あなたは24時間働いてそう!」と言い合ってみたところ、すんなり正解(びっくり!)。

お互いのことをよく知っているからこその即答に、思わず笑ってしまいました。

自分のありったけの時間を注ぎたいものって、意外とすんなり答えられなかったりするので、この手の質問もポップなようでしっかり深みがありますね。

質問3.「あなたが初めて人種について学んだのはいつ?その後人々の見方はどう変わった?」

3つ目は社会的な質問。人種差別を目の当たりにしたことはあるか、自分の中に無意識な差別を感じたことはあるかなどを話し合いました。

日本で人種差別に直面する機会はそこまで多くないかも知れません。「学校では習ったけれど大昔の出来事だと思っていた」「Black Lives Matterをニュースで見て、初めて現代にも続く根深い問題だと知った」という人も少なくないのではないでしょうか。

そういった人権問題について知る必要性が大いにある一方で、人種や民族の多様性を意識しすぎて、そこから生じる非本質的な“不自由さ”が問題視されることもある現代。

「自分がどれくらい社会に関心がある人間なのか」を問うような質問でした。

質問4. 「大人になったと感じた瞬間を教えてください」

片方は「初めて給料をもらった瞬間、家を自分で契約した瞬間、同級生の結婚式」と、ライフイベントベースで回答。もう一方は、「〇〇な行動をしなくなった瞬間、〇〇と思えた瞬間」と、思考の成長ベースで回答。

「ライフイベント=大人の階段」という考え方と、「ライフイベント=単なる決断であり大人になる実感には直結しない」という考え方の違いに、思わず「正反対だ!面白~!」と叫んでしまいました。

質問5. 「もし6歳で自分のキャリアを決めなければならないとしたら、あなたの人生は今どうなっていますか?」

この質問では、幼少期から今までどうやって進路やキャリアを決断してきたのかを考えました。

片方は「常に理想の生き方を思い描いて、なりたい自分になるために進路やキャリアを決めてきた」一方で、もう片方は「学生時代は一瞬だから楽しんだし、大人になったから働いたし、仕事だから真面目に稼いでいる。余計なことは考えず常に目の前の物事を全力で充実させてきた」という回答でした。

どちらが正解ということはなく、どちらも尊重されるべき生き方です。

パートナーと私は、そんなお互いの根っからの性格の違いを笑い合い、「だからこそバランス取れてるのかもね」とゲームを終了しました。

こんな会話したことなかった!新感覚カードゲーム

今回は、話題掘り下げ系カードゲーム「So... Cards Deep Conversation Starter」でパートナーと遊んでみました。

同じ屋根の下、特に喧嘩や揉め事もなく同じ未来を見て生きているふたりでも、人生の見方がこんなにも違ったのかと目から鱗で、思わずワインボトルが空になるまで楽しんでしまいました。

質問は52個もあるので、続きはまたゆっくりやっていきたいと思います。

気になった方はぜひ、遊んでみてくださいね!

(ウェルなわたし/COCO)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「梅雨グレ(メジナ)」狙いの磯フカセ釣り入門【魚種ごとのエサ取り回避術とは?】

    TSURINEWS
  2. オリジナルの手作り作品が会場に集結♪ さんちかホールで「まちの小さな雑貨市 2024 Summer」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  3. 【ズッキーニ100本じゃ足りない】作ると毎回取り合いになる!家族大絶賛の唐揚げレシピ

    BuzzFeed Japan
  4. 【卵と油揚げさえあればOK】100円以下でウソみたいな満足度!史上最高にお手軽なおつまみレシピ

    BuzzFeed Japan
  5. 清水エスパルス、1−3でブラウブリッツ秋田に完敗…アウエー4連敗で3位に転落【J2第21節速報】

    アットエス
  6. KIITOで『子どもの洋裁教室』が開催されるみたい。ミシンを使って「サコッシュ」を作るワークショップ

    神戸ジャーナル
  7. 【船釣り釣果速報】腹パンのジャンボイサキが続々顔出し(大分・熊本)

    TSURINEWS
  8. 愛猫の「目が寄り気味」だと気づいたら…気になる3つの理由 治療は必要なの?

    ねこちゃんホンポ
  9. 『しっぽがクルクルしている犬』4選 可愛すぎる特徴や犬種ごとの違いまでご紹介

    わんちゃんホンポ
  10. 4年ぶり!ビア缶チキンなどスペシャルメニューも 山陽百貨店の屋上ビアガーデン「HOPLAND HIMEJI」開催 姫路市

    Kiss PRESS