Yahoo! JAPAN

【京都】おしゃれでかわいいクッキー缶10選!お土産やおうちカフェにも

PrettyOnline

【京都】おしゃれでかわいいクッキー缶10選!お土産やおうちカフェにも

歴史ある寺院や趣きがある街並みから、和菓子のイメージが強い京都。しかし観光客も多く流行に敏感な京都市は、手土産やギフトにぴったりのクッキー缶もたくさんあります。

●おしゃれなクッキー缶を探している方
●ギフト用のお菓子を検討中の方

は必見ですよ。気になるお店をチェックして、京都へ訪れた際にぜひ立ち寄ってみてください。

京都市内のおしゃれなクッキー缶のあるお店10選

1.【左京区】La Klassique

@laklassique

観光地やパワースポットとして知られる「下鴨神社」の近くにある「La Klassique(ラ・クラシック)」(京都府京都市左京区下鴨森本町)は、落ち着いた雰囲気のパティスリー。同店のクッキー缶は、昔からあるクラシックな雰囲気漂うクッキーが入っています。缶に入っているクッキーの種類は、なんと14種類! どれから食べたらいいか迷ってしまう、ワクワク感を楽しんでくださいね。

@laklassique

店内では焼菓子や生菓子の他に、「クロワッサン」も販売しています。テイクアウトもイートインもできるメニューなので、朝食やおやつの時間にいかがでしょうか? 夏期には店内で「グラスデザート」をいただくことも。旬のフルーツにアイスクリームやジュレが添えられたデザートは、涼を感じられるメニューです。

○店舗情報
店名:「La Klassique(ラ・クラシック)」
住所:京都府京都市左京区下鴨森本町13-9 糺の森ビル本館1F
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜日・月曜日(祝日の場合は営業)

2.【上京区】喫茶ゾウ

@kissa_zou

「喫茶ゾウ」(京都府京都市上京区三丁町)は、上京区にあるレトロ風な喫茶店。お店のオンラインストア限定で、クッキー缶が購入できます。キュートな缶には、9種類のクッキーが詰まっています。クッキーの種類は毎回変わるため、その時々のお楽しみ! 店頭ではお店を象徴するモチーフであるゾウのクッキーが販売されています。数に限りがあるため、事前に在庫を確認した上で来店するのがおすすめです。

@kissa_zou

店内でいただけるドリンクメニュー「クリームソーダ」は、赤、青、緑の中からお好みのカラーを選べます。昭和の空気感漂う店内とポップな「クリームソーダ」は、ぜひ写真に納めておきたいですね♪ 冷たい飲み物には、アイスクリームとクッキーがのせられます。カフェを利用すれば、その場でお店のクッキーを味わえますよ。

○店舗情報
店名:「喫茶ゾウ」
住所:京都府京都市上京区三丁町440-3
営業時間:9:00~17:00(L.O.)
定休日:不定休 ※詳細は公式Instagramでチェック

3.【中京区】koe donuts

@koe_donuts

「koe donuts」(京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町)は、出来たてのドーナツをナイフとフォークでいただけるドーナツファクトリー。「オーガニック」「天然由来」「地産地消」をテーマにしたエシカルなお店です。カラフルなドーナツ型のクッキーは、店頭とオンラインストアで販売。原材料には有機レモンピールや赤紫蘇ジュース、京都産抹茶を使用していて、安心の食材で京都らしさを感じられます。

@koe_donuts

京都の職人が織り上げた竹かごが設えられた店内は、高級レストランのような空間。オープンファクトリーなので、ドリンクやスイーツが作られる様子を眺められます。ドーナツを使ったショートケーキ「ドーナツメルト ストロベリー」は、旬のいちごをたっぷり使ったスイーツです。クッキー缶の購入の際には、ぜひカフェも利用したいですね。

○店舗情報
店名:「koe donuts(コエ ドーナツ)」
住所:京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町557 京都松竹阪井座ビル1F
営業時間:9:00~20:00
定休日:不定休

4.【中京区】SUGiTORA

@sugitora.2017

ジェラートや焼菓子を販売している「SUGiTORA」(京都府京都市中京区中筋町)は、カフェスペースもあるジェラート店。クッキーをはじめとする焼菓子や「シューアイス」の販売をしています。こちらのクッキー缶は蓋を開けると、にこりと笑った笑顔のトラと、バターのいい香りで、思わず笑顔になれますよ。

@sugitora.2017

開店時間は10時ですが、12時までの時間はクッキーや焼菓子のテイクアウトのみの営業です。13時から閉店まではカフェ利用が可能なので「パフェ」を目当てに行かれる方は、営業時間を確認してから訪問してくださいね。「ミニパフェ」にはトラのクッキーも添えられていて、写真を撮りたくなる可愛さです♪ パフェの内容は季節によって変わるので、どんなメニューになっているかは公式インスタグラムでチェックしてくださいね。

○店舗情報
店名:「SUGiTORA」
住所:京都府京都市中京区中筋町488−15
営業時間:10:00~12:00(焼き菓子テイクアウトのみ)、13:00~18:00(L.O.) ※売り切れ次第閉店
定休日:火曜日、隔週水曜日

5.【中京区】Patisserie Exquise

@patisserie_exquise

「Patisserie Exquise(パティスリー エクスキーズ)」(京都府京都市中京区上大阪町木屋町通三条)は、京都の路地裏にある小さな洋菓子店。こちらのクッキーは、京都市にある高山寺に伝わる絵巻物「鳥獣人物戯画」をモチーフにしています。清水焼の伝統工芸士である、光武みゆきさんによるデザインです。クッキーが詰められている缶もお店オリジナルの物なので、食べ終わってしまった後も大切にとっておきたくなる可愛さです。

@patisserie_exquise

絵本に出てくる洋菓子屋さんのようなお店は、こぢんまりとしていて温かみの感じられる空間です。北海道の新鮮なバターや、タヒチ産のバニラビーンズなどオーナーのお気に入りの素材を使ったお菓子がいただけます。

○店舗情報
店名:「Patisserie Exquise(パティスリー エクスキース)」
住所:京都府京都市中京区上大阪町木屋町通三条上る518
営業時間:WEBショップでの販売メインのため、来店前に問い合わせを
定休日:WEBショップでの販売メインのため、来店前に問い合わせを

6.【中京区】村上開新堂

@murakami_kaishindo_kyoto

「村上開新堂」(京都府京都市中京区寺町通二条上ル東側)は、創業1907年の老舗洋菓子店。ぎっしりと詰められたクッキー缶には、甘さ控えめの「チョコレートサブレ」や、ピーナッツバターのコクと香りを楽しめる「ピーナッツサブレ」などが入っています。予約が必要な商品なので、事前に電話やメールで問い合わせておきましょう。

@murakami_kaishindo_kyoto

同店の洋風の建物は、昭和初期に建築されたもの。外見は木造の洋館ですが、店内は日本建築となっていて当時としてはとても珍しい建物だったとか。お店のショーウィンドウに飾られている欄間細工のついたては、格式高い和の雰囲気が感じられますよ。お店に訪れた際には、趣深い建築にも注目してみてください。

○店舗情報
店名:「村上開新堂」
住所:京都府京都市中京区寺町通二条上ル東側
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日・祝日・第3月曜日

7.【中京区】さらさ焼菓子工房

@sarasayakigashi

「さらさ焼菓子工房」(京都府京都市中京区御供町)は、京都市内にあるカフェ「さらさ」の系列店。タルトやケーキなどの焼菓子を販売しています。どこか素朴さを感じられるクッキーは、アメリカンクッキーをベースに作られたもの。クッキー缶にはMサイズとSサイズがあり、写真のSサイズのクッキー缶には「ピーナッツバターオートミールとレーズンクッキー」や「カシューナッツとチョコレートライ麦のクッキー」が入っています。

@sarasayakigashi

同店は、鮮やかな水色のドアが目印。オンラインでも店内でもクッキー缶は購入できますが、人気商品のため品薄になることもあるとか。クッキー缶が無くても店内ではいつも20~30種類のクッキーが販売されています。自分用のおやつや手土産に、お好みのクッキーだけを選んで購入することもできますよ。

○店舗情報
店名:「さらさ焼菓子工房」
住所:京都府京都市中京区御供町309
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日

8.【中京区】icingcookiesTOBIRA

@icingcookies_tobira

アイシングクッキー専門店の「icingcookiesTOBIRA(アイシングクッキーズ トビラ)」(京都府京都市中京区壬生森町)は、天然着色のパステルカラーが可愛いクッキーが購入できるお店です。クッキーの着色には、野菜や果物などの自然の物が使用されています。優しい色合いのクッキー缶は、食べるのがもったいないほどの可愛さ。合成着色料は一切使用していないので、体に優しいのもうれしいですね。

@icingcookies_tobira

店頭には、季節やイベントに合わせたクッキーが並びます。お誕生日にぴったりの“Happy Birthday”と文字が入れられたクッキーは通年で販売しているので、誕生日プレゼントに添えるのもおすすめです。また店舗では、事前に予約すればアイシングクッキーのレッスンも体験できます。京都旅の思い出に挑戦してみてはいかがでしょうか。

○店舗情報
店名:「icingcookiesTOBIRA(アイシングクッキーズ トビラ)」
住所:京都府京都市中京区壬生森町2-4
営業時間:土日祝11:00~18:00
定休日:月曜日~金曜日

9.【東山区】yonemura the store

@yonemurathestore_gion

「yonemura the store(ヨネムラ ザ ストア)」(京都府京都市東山区新橋通大和大路東入)は、京都の料理人である米村昌泰氏のテイクアウト専門のお店。「よねむらオリジナルクッキー」缶は店頭でも販売していますが売り切れることもあるので、確実に購入したい時には予約がおすすめです。「チーズ胡椒」や「お抹茶」「ぶぶあられ」など、京都らしいクッキーが詰まった缶は、甘さだけでなく苦みや辛みも堪能できます。

@yonemurathestore_gion

同店では、店頭でしか購入できないストア限定クッキーもありますよ。「細長サイズの缶入りクッキー」は、オリジナルクッキーの中でも人気のある物を厳選。「いたおみきクッキー」は、酒粕を使用した日本酒の香りが豊かなクッキーです。どちらもお店でしか変えないクッキーなので、京都土産としても喜ばれますね。

○店舗情報
店名:「yonemura the store(ヨネムラ ザ ストア)」
住所:京都府京都市東山区新橋通大和大路東入2丁目橋本町385-1
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日(祝日の場合も休み)

10.【東山区】洋菓子ぎをんさかい

@gion_sakai

「洋菓子ぎをんさかい」(京都府京都市東山区祇園町南側)は、祇園花見小路にある“粋”をテーマにしたパティスリー。甘味と塩味を両方感じられるクッキー缶「朔音(さくのね)」は、同店のエグゼクティブシェフが、管理栄養士と共に考案したもの。少しずつたくさんの味を楽しめるように、少し小さめに作られたクッキーは全部で11種類。お酒にも合う、大人のためのクッキー缶です。

@gion_sakai

京都の街並みに溶け込む外観は、まるで和菓子屋さんや料亭のよう。店内はカフェスペースもあり、落ち着いた和の空間でケーキをいただけます。ケーキのメニューもどこか和の雰囲気や祇園らしさが感じられるものばかり。イチゴのショートケーキ「花綴」にも、京都祇園に似合う花飾りがあしらわれていて、目でも楽しめるスイーツです。

○店舗情報
店名:「洋菓子ぎをんさかい」
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-122
営業時間:1階物販12:00~18:00、2階カフェ12:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:木曜日

京都で購入できるクッキー缶は個性溢れる物ばかり♪

今回は、京都市内で購入できるクッキー缶をご紹介しました。古都京都の雰囲気が感じられるクッキーや、素材にこだわった体にも優しいクッキーなど、京都には個性的なクッキー缶がたくさんあります。お土産やギフトとしてはもちろん、ちょっと贅沢なティータイムにぜひ味わってみてくださいね。

※掲載内容は記事公開時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. モバイルゲームやAIアプリをLINEなどに公開できる注目の新サービス「nowStudio」がスタート【now.gg, Inc.】

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  2. 銀座の名店「ST.SAWAIオリオンズ」が7月23日に再オープン!和牛ローストビーフが話題。

    WWSチャンネル
  3. Rolls Royce、宇宙原子力発電のための国家宇宙イノベーション計画の資金を獲得

    DRONE
  4. Intelligent Energy、画期的な航空用水素燃料電池システム「IE-FLIGHT」を発売

    DRONE
  5. 【大阪】人とワンちゃんが一緒に楽しめるケーキが「ポアール」に誕生

    PrettyOnline
  6. 【2024年】コストコのおすすめ「パン」商品23選!大容量でオトクすぎる…!

    ウレぴあ総研
  7. 涼しい会場で盆踊り 7月27日、金沢地区センター

    タウンニュース
  8. 若葉台の夏まつり 猛暑の影響で開催断念 10月12日 大花火大会と合わせて秋まつりとして実施予定

    タウンニュース
  9. TOKYO創業ステーションTAMA4周年イベント!7月28日(日)開催〜「多摩地域の起業を盛り上げよう」をテーマにトークセッション〜

    いいね!立川
  10. 妻の“離婚発言”から一夜明け…ダウンした夫が見たもの【実は離婚を考えています】#26話

    ウレぴあ総研