Yahoo! JAPAN

「岸田総理のやりやすい状況が整った」自民・安倍派の活動停止を経済の専門家が解説する

文化放送

2月2日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)は、金曜コメンテーターでMCPアセット・マネジメント チーフストラテジストの嶋津洋樹さんと番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーが、自民党安倍派の活動停止について意見を交わした。

自民党派閥のパーティー収入不記載事件を受け、解散が決まった自民党最大派閥の安倍派、清和政策研究会はきのう党本部で最後の議員総会を開き、約45年の歴史に幕を下ろした。安倍派の塩谷立座長は総会冒頭に「歴史ある清和研を閉じなければならないのは断腸の思いだ」と述べた。「日本の政治の中でまた活躍していただきたい」とも語りかけたが、出席者からの拍手はまばらだったという。派閥として一区切りはつけたが、今後も塩谷氏ら安倍派幹部の前途は険しいと産経新聞は報じている。今日からは安倍派幹部らへの聞き取り調査が始まり、自民党執行部が聞き取った内容を踏まえて処分を検討するという。

寺島アナ「自民党安倍派の動き。これは嶋津さん、どうお感じですか?」

嶋津「結局、派閥がダメだという話になったんですけども、勉強集団・政策集団としては残るというわけですよね。だけど安倍派の場合は、安倍さんが亡くなったあと集団指導体制になっていて、これは次の一人がなかなか絞り込めず、温度差があったということです。」

寺島「領袖が決まらなかったということですね。」

嶋津「これに対して岸田政権は、入閣させたりさせなかったり、揺さぶりをずっとかけてきたわけですが、今回の事件によって「図らずも」というか分かりませんが、岸田さんの勝利というか、自民党における岸田さんの力がぐっと強まると。あまりこういう方いらっしゃらないんですけど。麻生さんのところが派閥を残すような方向で話してますけれども、解散しろという圧力が強まっているわけです。だから完全に岸田さんのやりやすいような状況が整ったということで、「図らずも」素晴らしい状況になったんじゃないかなと思います。」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 新小学1年生の親が「将来就かせたい職業」 「男の子」2位は4年連続「会社員」、「女の子」2位は「公務員」、それぞれの1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  2. 【兵庫】21万株の芝桜が咲き誇る「芝桜の小道」が今年も無料公開

    PrettyOnline
  3. 【1週間限定】最大30%オフ!バーガーキング「春のチーズバーガー祭り」がお得すぎるって!

    ウレぴあ総研
  4. 素敵な女性になりたいなら……♡恋愛で大事なこと4つとは?

    4MEEE
  5. 【新店・雨のち虹】弥彦大鳥居のすぐそばに、ソフトクリーム専門店ができました! オープン

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. 新小学1年生の「将来就きたい職業」 【女の子】3位「保育士」、2位「芸能人・歌手・モデル」、圧倒的1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  7. 妻の代わりに家事をやったら…「夫の思いやり」と「妻の気持ち」のすれ違い【もやもやクラッシュ!】#11話

    ウレぴあ総研
  8. 10代での望まぬ妊娠、人工中絶をふせぐために必要な「子どもの性教育」

    saita
  9. 今が見ごろ! 春の花々も咲き誇る神戸の絶景スポットで“おしゃピク”はいかが?

    anna(アンナ)
  10. モテる人には訳があった!女性を本気にさせる男性の特徴4つとは?

    4MEEE