Yahoo! JAPAN

横浜瀬谷高校 校歌「輝く未来へ」お披露目 歌手の佐藤嘉風さん創作〈横浜市瀬谷区〉

タウンニュース

完成した校歌を歌う佐藤さんと生徒たち

昨年4月に開校した横浜瀬谷高校(小林幸宏校長)の校歌「輝く未来へ」が12月22日の終業式で披露された。作詞・作曲はシンガーソングライターの佐藤嘉風さん。

瀬谷高校と瀬谷西高校の再編・統合で誕生した横浜瀬谷高。旧瀬谷高の校舎・敷地で開校し、今は939人が通う。

佐藤さんは横浜や湘南エリアを拠点に活動している。乃木坂46やYUKIなどさまざまなアーティストに楽曲を提供、2019年の紅白歌合戦で披露された「AI美空ひばり」の新曲「あれから」(作詞/秋元康さん)を作曲した。横浜栄高校の校歌も手がけていたことから、横浜瀬谷高では佐藤さんに作詞・作曲を依頼したという。

佐藤さんは創作にあたり学校を訪れて生徒たちと話を重ねたほか、旧瀬谷西高の校舎にも足を運んだ。生徒たちからは校歌に残したいメッセージなども寄せられた。

「輝く未来へ」はタイトルのように明るく爽やかな曲調。歌詞には、中庭にあり半世紀近い歴史を持つ「金木犀」をはじめとして、瀬谷高時代からの文化祭の象徴という「虹」、校舎近くの「瀬谷の森」など同校ならではの内容が随所に盛り込まれている。

終業式には佐藤さんが来校し、生徒たちと校歌を歌った。「この曲が皆の学校生活の思い出の中に輝くと嬉しい」と佐藤さん。生徒会長の内山晄希さん(2年)は「横浜瀬谷高校を象徴する素晴らしい校歌をこの先もずっと受け継いでいきましょう」と呼びかけた。

校歌は横浜瀬谷高ホームページで視聴できる。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 槙田紗子[<SACOFES. UNIVERSE>終演後インタビュー]深い繋がりのあるアイドルたちと作り上げた多幸感あふれるステージ「もうとにかく感謝感謝しかないです」

    Pop’n’Roll
  2. 気になる“熟年離婚”のその後…元夫婦たちの末路 #7「元夫が隠れて…」

    ウレぴあ総研
  3. 【京都洋食ランチ】名物の肉厚ポークチャップ定食!北大路駅前の老舗洋食店「ゲンペ」

    キョウトピ
  4. ドイツビール&ドイツ料理が大集合!「神戸オクトーバーフェスト」開催

    PrettyOnline
  5. もう島根に行くしかないぞ。鳥取も【家そば放浪記】第217束:亀ちゃんにもらった、イトメン『イトメンの二八そば』希望小売本体価格409円(1人前136円)

    ロケットニュース24
  6. AMEFURASSHI、新曲「Secret」のダンスプラクティス&メイキング映像を同時公開

    SPICE
  7. 実は彼氏が彼女に思っている!「しなくていい」3つのこととは?

    4MEEE
  8. 下膨れが気にならなくなるよ!若返るウルフヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  9. 1960年代の鎌倉の海とサーフカルチャーを知る  4月27日~5月5日 写真展示や出川三千男さんの講演も〈鎌倉市〉

    タウンニュース
  10. 性的マイノリティ相談 県がLINE窓口開設〈南足柄市・大井町・松田町・山北町・開成町〉

    タウンニュース