Yahoo! JAPAN

若き才能・加藤拓也が挑む、演劇界の巨星・別役実の不条理劇の不思議な空間に堤真一、藤井隆、溝端淳平、野間口徹、小手伸也らが集う『カラカラ天気と五人の紳士』

コモレバWEB

若き才能・加藤拓也が挑む、演劇界の巨星・別役実の不条理劇の不思議な空間に堤真一、藤井隆、溝端淳平、野間口徹、小手伸也らが集う『カラカラ天気と五人の紳士』

 懸賞でもらった棺桶を担いで現れた五人の紳士たち。せっかくの景品を役立てるには、誰かが死んで中に入らねば、いかに本人が死を意識せず、痛みを感じる前に死ぬ方法がないものか……と議論が始まった。そこへショッピングバッグを抱えた女性二人がやってきて……。彼女たちは同じ懸賞の当たりくじ一等の当選者たちだった。その一等の景品とは……。

 どこからともなく現れた五人の紳士が、ああでもない、こうでもないと、とりとめのない会話の応酬を始め、そんな不思議な設定から予測不能な展開へと発展する……。日本の不条理劇の礎を築いた劇作家・別役実は、こんな設定から始まる芝居を何作か発表している。本人いわく「なんとなくそうなってしまった」ということだが、大きな影響を受けたベケットの『ゴドーを待ちながら』をモチーフにしていると言われており、「五人の紳士もの」と呼び、「なんとなく」とは言うものの、好んで執筆していたことからも、愛着を持った作品なのだと推測できる。国内外のさまざまな作家たちの作品を意欲的に紹介しているシス・カンパニーは、今回『カラカラ天気と五人の紳士』を取り上げ、初の別役実作品の上演に取り組む。

 まず、この別役実の不条理劇を演出するのが加藤拓也だと知り、一挙にこの芝居への興味がわいてきた。加藤拓也とシス・カンパニーとがタッグを組んだ作品には、作・演出の『たむらさん』『いつぞやは』、上演台本と演出を手がけた安部公房作『友達』、翻訳戯曲演出を初めて手がけたルーシー・カークウッドの『ザ・ウェルキン』があり、今回が5作目のタッグとなる。

 2022年の舞台『ドードーが落下する』では岸田國士戯曲賞を受賞し、『ザ・ウェルキン』『もはやしずか』で、読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞している。舞台以外でも、その着眼点の斬新さで観る者を「あっ」と言わせた2021年のNHKドラマ「きれいのくに」の脚本では、20代の脚本家としては初となる市川森一脚本賞を受賞し、脚本・監督を手がけた日仏合作映画『ほつれる』では、ナント三大陸映画祭で、DISTRIBUTION SUPPORT AWARDに輝いた。

 加藤拓也は17歳でラジオ・テレビの構成作家として活動を開始、18歳でイタリアに渡り映像制作に携わり、帰国後に20歳で「劇団た組」を立ち上げている。現在、〝次世代を担う若き才能〟と謳われ、演劇界、映像分野の両方から注目されている。昨年は、日本映画専門チャンネルで加藤拓也作・演出の舞台作品が特集放送され、加藤の実像に迫るオリジナル番組まで製作・放送された。加藤との仕事をと、その独特の感性に魅せられている俳優たちも少なくない。

 今回の出演俳優たちも恐らく、加藤の演出に期待を寄せる俳優たちではないだろうか。五人の紳士たちには、堤真一、藤井隆、溝端淳平、野間口徹、小手伸也といずれも舞台、映像で活躍中の、今更紹介するまでもない魅力にあふれた布陣で、五人の会話の応酬は、劇場をわかせるだろう。また、二人の女性には劇団☆新感線から高田聖子、中谷さとみが登場。五人の紳士たちとの化学反応にワクワクさせられることだろう。

 また、4月16日からは加藤が監督・脚本を務めるテレビドラマ「滅相も無い」が始まる。堤真一、中川大志、染谷将太、上白石萌歌、窪田正孝ら出演者たちからは、加藤拓也の世界に参加できる喜びのコメントが寄せられている。加藤によれば、「演劇をやれば映像的だ、映画をやれば演劇的だと言われることに嫌気がさし、今回はどちらの手法をも持ち込み、そのどちらでもないドラマを作りました」ということだ。

 まだ、加藤拓也という才能に触れていない人には、今回の舞台は絶好の機会。演出家・加藤と俳優たちとの対峙も含めて見逃すことはできない。舞台を観てから、ドラマを観れば、加藤拓也のコメントに頷くことができるかもしれない。

シス・カンパニー公演


カラカラ天気と五人の紳士

作:別役実
演出:加藤拓也
出演:堤真一 溝端淳平 野間口徹 小手伸也/高田聖子 中谷さとみ/藤井隆
ヴィオラ演奏:徳高真奈美

<東京公演>
〔公演期間〕4月6日(土)~4月26日(金)
〔会場〕シアタートラム
〔問〕シス・カンパニー03-5423-5906(平日11:00~19:00 土日祝休業)

<岡山公演>
〔公演期間〕5月2日(木)~5月4日(土・祝)
〔会場〕岡山芸術創造劇場 ハレノワ 中劇場
〔問〕キョードーインフォメーション0570-200-888(11:00~18:00 日祝休業)

<大阪公演>
〔公演期間〕5月7日(火)~5月11日(土)
〔会場〕梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〔問〕キョードーインフォメーション0570-200-888(11:00~18:00 日祝休業)

<福岡公演>
〔公演期間〕5月15日(水)~5月16日(木)
〔会場〕キャナルシティ劇場
〔問〕サンライズインフォメーション0570-00-3337(平日12:00~15:00)
※小学生未満のお子様はご入場いただけません。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【今週の12星座占いランキング】7月22日~7月28日の運勢は?

    charmmy
  2. 40代とは思えない!老けて見えない垢抜けボブヘア〜2024年夏〜

    4yuuu
  3. 雑談力で好きな人の心を掴む!話題のビジネス書に学ぶコツ

    ウレぴあ総研
  4. 野球場に行きやすくて家賃の安い駅ランキング【ベルーナドーム編】」 3位「小手指」、2位「武蔵大和」、1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  5. 【3COINS】貼るだけでかわいいと話題!「ジェルネイルシール」失敗せずキレイに貼る4つのポイント

    saita
  6. 2024年最新「上海ディズニーランド」の行き方まとめ!一番近いのに一番行くのが大変…!?【海外ディズニー】

    ウレぴあ総研
  7. 【リアル貯金額】34歳、男性。結婚したら老後資金はいくら必要ですか?【FPが解説】

    4yuuu
  8. 【ナチス】に立ち向かったデンマークの少年たち 「チャーチルクラブ」

    草の実堂
  9. イオンモール神戸南に『ミスタードーナツ』がオープンするみたい。張り紙が貼られてる

    神戸ジャーナル
  10. 【上益城郡】キラキラな誰かのブランド生活の写真よりも、人々を救った石橋の美しさに感銘を受ける心でありたい~八勢目鑑橋(やせめがねばし)~

    肥後ジャーナル