Yahoo! JAPAN

科学の不思議に興味津々 子どもが東工大生に学ぶ 横浜市緑区〈横浜市緑区〉

タウンニュース

実験に臨む小学生たち

区内長津田町にキャンパスを持つ東京工業大学の学生たちが講師を務め、小中学生に科学の魅力を伝える「おもしろ科学実験教室2024」が2月17日、長津田地区センターで開催された。昨年、緑区が同大と協力して初めて実施した際に好評を博したため、今年も開催が実現した。

デンプンと酵素使い実験

小学生向けの講座では、地域の児童14人が参加。学生たちのサポートを受けながら、デンプンと酵素のはたらきについて学んだ。大学生は白米にヨウ素溶液を垂らし、コメが青紫色に変わる様子を見せたほか、変色する仕組みをスクリーンを使って図解。子どもたちは興味津々な様子で見入っていた。

また子どもたちは、ジャガイモ、ニンジン、タマネギなどさまざまな野菜などにヨウ素溶液を垂らし、食品によって変色の具合が異なることも観察。さらに、だ液やダイコンなどに含まれる酵素がデンプンを分解することも学んだ。実際にデンプン溶液を入れたパレットの穴に、ダイコンの酵素液を時間差で垂らしていき、その後ヨウ素溶液を使って色の変化を観察。分解の進み具合によって透明になったり、濃い青紫色になったりする様子を確認した。

「好奇心旺盛で有意義」

鴨居小学校でサイエンスクラブに入っていたという碓井晴仁くん(4年)は「色が変わるのが不思議だった。大学生が何でも教えてくれて良かった」と話した。

同大の平野明日香さん(3年)は今回の講座について「好奇心旺盛な子が多く、すでにたくさんの知識を持っている子もいた。有意義な時間になった」と振り返った。

また中学生向けの講座には7人が参加。「身のまわりの発光現象〜生物発光と化学発光〜」と題して実験が行われた。

色の変化を見て、酵素がデンプンを分解することを学んだ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【レビュー】足裏〜お尻まで電流で楽々筋トレ! 温熱EMS『もてケアFOOT EX』の使用感

    特選街web
  2. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年4月20日(土)】

    anna(アンナ)
  3. 関西初や新ブランドも!2024年大阪や京都にオープンしたグルメ店まとめ

    PrettyOnline
  4. 「在来種の放流」に見直しの動き 遺伝子汚染のリスクや逆効果になるケースも

    TSURINEWS
  5. 北九州穴生ドームで「第51回八幡西区子どもまつり」 5年ぶりの開催【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  6. 世界に1つだけのオリジナルデザイン「カルピス」が作れる!プチギフトにも使えるじゃん。

    東京バーゲンマニア
  7. 「私に何かできませんか?」とサポートを申し出る表現  ––––ニュアンスの違いをネイティブが解説 【ラジオビジネス英語】

    NHK出版デジタルマガジン
  8. 【魚を釣る確率を上げる】ために誰でも今すぐ出来る3つのこと 元釣具屋店員が解説

    TSURINEWS
  9. 宮沢りえに栗山民也の演出、オーランドの役柄などを聞く PARCO PRODUCE 2024『オーランド』オフィシャルインタビュー公開

    SPICE
  10. 新作ミュージカル『ディズニー くまのプーさん』 アンバサダーの福尾誠がプーさんと対面&魅力を語ったインタビューが公開

    SPICE