Yahoo! JAPAN

雨(永野芽郁)が最後に味わう香りは太陽(山田裕貴)との思い出『君が心をくれたから』第4話完全版>

フジテレビュー!!

『君が心をくれたから』第4話完全版

2016年2月。卒業式を間近に控えた逢原雨(永野芽郁)は、東京でひとり暮らしを始める準備のため、観覧車もあるショッピングセンターへ朝野太陽(山田裕貴)と買い物に行く。

雨が、卒業式の翌日には上京してしまうことを知った太陽は、「卒業記念に何か欲しいものない?」と尋ねた。太陽が卒業する際、制服の第2ボタンをもらい損ねたことを残念に思っていた雨は、代わりにマーガレットの小さな花束を買ってもらう。良い匂いがする新しい品種らしい。

花を嗅いだ太陽は、この花の香りを2人の“思い出の香り”にしないか、と雨に言った。

2024年1月。雨に自分の思いを告白したものの、「他に好きな人がいる」と断られてしまった太陽は、ずぶ濡れで帰宅。

告白が成功するものと思い込んでいた妹・春陽(出口夏希)や柳田達夫(螢雪次朗)ら花火職人たちは、太陽がフラれたことを知って驚いた。

雨は、市役所職員の望田司(白洲迅)に、五感を失ってしまう珍しい病気で、すでに味覚がないことを打ち明ける。太陽にその話はしたのか、と問いかける司。すると雨は、太陽のことが好きだから言うつもりはない、と答えた。

そんなある日、雨が庭の植物に水やりをしていると、買い物から帰って来た祖母・雪乃(余貴美子)が荷物を落としてしまい、つらそうに腰をさすっている。

その姿を気にする雨の近くにいた“あの世からの案内人”日下(斎藤工)は、五感を失って介護が必要になったときにどうするのか、今のうちに考えておいたほうが良い、と告げ…。

その夜、雨を訪ねて春陽がやってくる。

高校の卒業式の後、雨は太陽に手紙を渡して自分の思いを伝えようと決意し、彼の家を訪ねた。太陽は外出中だったが、応対した春陽は、「おにいの夢、邪魔しないでください」と言ったのだ。

そのときのことを後悔しており、太陽と雨が上手くいかなくなったのは自分のせいだと思っていた春陽は、兄とのことをもう一度考えてほしいと雨に頼み込む。

帰宅した春陽は、太陽にハウステンボスのペアチケットを渡し、雨に会いに行ったことを打ち明けた。春陽の優しさを受け取る太陽。

一方、もう1人の案内人・千秋(松本若菜)も、雨がもう一度太陽とのことを考え直そうとしていると思い、喜んでいた。だが雨は、気持ちは変わらない、と千秋に告げる。諦めさせるために会う、と。

「私にできることは、太陽くんの人生の邪魔をしない。それだけです。だから、土曜日は卒業式です。太陽くんからの」。雨はそう言って微笑んだ。

太陽と会う日は、嗅覚を失うタイムリミットの日。日下は、「あなたは人生最後に、なんの香りを味わいたいですか?」と雨に問いかけた。

待ち合わせ場所に少し遅れてやってくる太陽。するとそこに、司の車がやってきた。雨が誘ったという司がチケットを購入しに行った際、雨は太陽とのことを考え直すつもりはない、自分が好きなのは司だと太陽に伝える。

司と一緒に写真を撮ってはしゃいでいる雨に、太陽は高校生のときに乗れなかった観覧車に乗らないか、と誘った。しかし雨は、「観覧車は恋人たちのものだから」という高校時代の太陽の言葉を持ち出し、それを断る。

実は雨は、太陽に嫌われたい、と司に伝えて協力を頼んでいた。司と一緒にクルーズ船に乗った雨は、もう一つだけお願いがある、と言って、自分と付き合うふりをしてほしいと頼んだ。

雨は、太陽が作った花火を見ることも、一人前のパティシエになる夢も叶わないから、新しい夢を持つことにしたという。それは、太陽がたくさんの人を花火で幸せにする、という夢。雨の気持ちを察した司は、恋人役を務める代わりに、太陽と一緒に観覧車に乗ってほしいと返した。

クルーズ船を降りた司は、急な仕事の呼び出しが入ったと嘘をついて雨たちと別れる。

夜になり、観覧車近くのベンチに座る雨と太陽。そこで太陽は、くしゃみをした雨に上着をかけてやると、5分だけ待ってほしい、と言ってどこかに走って行く。雨は、花火の匂いがする太陽の上着を抱きしめて微笑んだ。

戻ってきた太陽は、雨にマーガレットの花束を渡し、一緒の観覧車に乗ってほしいと頼む。雨は、花に聞いてみてもいいか、と言って「乗らない」「乗る」と占い始めた。マーガレットの花びらはほとんどが奇数だと知っていて、結果は「乗らない」になるものと思っていた雨。だがもう1枚、最後に花びらが残っていた。

雨は太陽と観覧車に乗った。太陽が実は高所恐怖症だと知り、思わず笑ってしまう雨。

そこで雨は、目を閉じていていい、と太陽に告げると、司から告白されたと嘘をつく。太陽から司のどこが好きなのか、と問われた雨は、「特別扱いしてくれるところ」と返した。雨は、目を閉じている太陽を見つめながら、何度生まれ変わっても出逢いたい、と告げて…。

表に出た雨は、太陽から借りていた赤い傘を返し、会うのもこれで最後だと言って別れた。

駅のホームで、千秋に花びらが偶数だったマーガレットの奇跡を話すと、一番欲しいものをもらったと笑顔を見せる雨。それは、太陽のコートの第2ボタンだった。

駅の時計が9時を指す。マーガレットの花束を愛おしそうに見つめる雨。だが、顔を寄せても何の香りもしなかった。

帰宅した雨は、日下を呼び、雪乃に五感のことを打ち明ける、と告げる。ところがそこで雨が目にしたのは、倒れている雪乃の姿だった。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【浅草で人気】世界中からバックパッカーが集まる「サクラホステル浅草」に泊まってみた / 朝食付き1泊3500円!

    ロケットニュース24
  2. 「水のある風景」テーマに写真展

    赤穂民報
  3. 声優・小野賢章が富田美憂に“ヤキモチ” 「羨ましすぎる‥」 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  4. 【京都洋食】銀閣寺から徒歩圏内!長年愛されてきた町の名店「キッチンなかお」

    キョウトピ
  5. 【京都】人気のお店が続々進出! 2024年にオープンした一度は訪れたいお店4選

    anna(アンナ)
  6. メガネ姿の小野賢章 「嫌わないで!」と役が“憑依” 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  7. 【ホロライブ】『hololive GAMERS fes. 超超超超ゲーマーズ』テーマソング『We are GAMERS !!!!』が配信開始! 会場で楽しめるコラボフードも発表 【今週の人気記事】

    PASH! PLUS
  8. 【動画】レースクイーン・広瀬晏夕、K-1ガールズ2024就任で思いを語る!

    WWSチャンネル
  9. 【大津】「琵琶湖ホテル」で絶景を望むルーフトップBBQがスタート!

    PrettyOnline
  10. Ado『ROCKIN’ON JAPAN』2024年7月号表紙巻頭特集に登場!叶えた夢、そして残された夢を語る!

    WWSチャンネル