Yahoo! JAPAN

江戸の漁師の味を今に伝える深川めし。清澄白河『深川宿』で江戸情緒に浸る

さんたつ

古くは江戸時代の頃、物流の拠点となり栄えていた深川。遊廓や神社でにぎわい、漁師町としても発達し、新鮮なアサリも多く獲れる場所だった。 今回は『深川宿(ふかがわじゅく)』で、そのぶっかけ飯(深川めし)をいただいた。江戸情緒あふれる店内でぶっかけめしをいただいていると、ふと今いる時代がわからなくなってしまう。江戸時代に思いをはせながら『深川宿』で食事をしてみよう。

深川宿(フカガワジュク)

「江戸の味、いまに伝える」深川めし

風情のある佇まい。深川江戸資料館の目の前にあるので、両方立ち寄ってみたい。

深川めしのルーツは、江戸時代。漁師飯として、ぶっかけ飯が食べられていた。体力仕事の漁師飯であった深川めしは、濃い味付けでかつ、素早くつくれるのが特徴。当時の深川は、良質のアサリが多く獲れた。そのため新鮮なアサリを使ったぶっかけ飯をよく食べていたのだ。鉄分やタウリンを多く含んだアサリを使うことで、体力や栄養もしっかり取れるという。

漁師が多かった深川では、切っても切れない存在だったのだ。

その後時代が明治になると、大工の弁当としてアサリを使った炊き込みご飯も発展していくことになる。ぶっかけも炊き込みも庶民の間では欠かせない深川めしだった。

江戸時代、深川の佐賀町は隅田川の倉庫街があり日本全国から船で物資が届く町だった。船から積み荷を降ろす人、降ろした荷物を江戸に届ける人、みんなが深川めしを食べていた。深川めしは江戸の発展を支えていた。今風に言えばソウルフードなのだ。手っ取り早く食事が摂れるし、疲れた体にアサリの栄養分が活力を与えてくれるのも深川めしの特徴だ。深川めしがなければ、今の東京はなかったかもしれないと店主の日東寺さんは、当時に思いをはせる。

一番人気の辰巳好み

一番人気の辰巳好み2365円は、品数も多くかなりのボリュームだ。海苔が乗っているのがぶっかけ。

今回は『深川宿』で一番人気があるという辰巳好み2365円をいただいた。辰巳好みは、ぶっかけと炊き込み2種類の深川めしを楽しめるので、初めてのお客さんに人気だという。

まずはぶっかけ。獲れたてのアサリとネギを味噌でひと煮立ちさせたものを、汁ごとご飯にかけたものだ。ひと煮立ちさせることで、味噌の味を引き立て、風味が飛ばないようにしているのだ。ぶっかけは熱いうちに食したい。シャキシャキしながらも、やわらかくもあるネギが、ぶっかけの味を一層引き立てている。さらに新鮮なアサリと、味噌の調和に箸が止まらなくなってしまう。見た目よりも、ずいぶんとあっさりしていておいしい。

一方炊き込みは醤油ベース。アサリの風味が感じられてこれまたおいしい。アサリの炊き込みご飯は、魚介類の臭みを消すためにショウガをいれることが多い。しかし新鮮なアサリを使っている『深川宿』の炊き込みは、ショウガは使用しなくとも臭みをまったく感じない。

小さなお茶碗に、たっぷりとご飯がよそられているのでボリュームもある。さらには、煮物やお吸い物、お新香に葛きりに白玉までついている。見た目にも、とても華やかな気分になる。

ぶっかけも炊き込みも両方おいしいので甲乙つけがたいのだが、日によってぶっかけが食べたい日があったり、炊き込みを食べたい日があったりしそうだ。

こちらは炊き込み。醤油ベースで、あっさりしておいしい。

端唄・小唄の流れる店内

和風の店内にいると、気持ちが落ち着く。

『深川宿』は、『深川江戸資料館』の正面に店を構える。店内には端唄・小唄が流れ風情がある。そうした空間の中で江戸時代の日常食であった深川めしを食べると、一瞬時がタイムスリップしてしまったかのような錯覚に陥る。

日東寺さんは「お客様には、江戸時代の歴史を感じていただけたらうれしい」と話す。お店を訪れたのが1月の半ば過ぎ。お正月気分もすっかり抜けていた頃だが、『深川宿』で食事をいただいていると、のんびりと穏やかな気分になってしまった。居心地がいいのだ。取材の前、店内はお客さんでにぎわっていたが、みんな笑顔。深川めしのどこか懐かしい味を堪能しながら、端唄・小唄を耳にしていると、本当に穏やかな気持ちになってしまうのだろう。

『深川宿』でお腹を満たしたら、『深川江戸資料館』で歴史を学んだり、近くの清澄庭園で散歩したりするのも楽しそうだ。

先代の思いを受け継ぐ

店主の日東寺さん。先代のお父様の写真は笑顔だが、とても厳しかったとの話。

『深川宿』をはじめたのは、日東寺さんのお父様。元々はダイニングバーを経営していた。地元深川の深川めしが段々と姿を消していくことに危機感を覚え、「深川の郷土料理を絶やしてはいけない」というのが先代のお父様の思いだったそうだ。

「父が深川めしを始めようとしていた頃は、地元深川でも、深川めしを知らない世代が増えてきていたんですよ」と日東寺さんは語る。

「父ははじめ、元漁師の方に深川めしを作ってもらって食べてみたそうなんです。そうすると味が濃い。漁師の方は汗水たらして働くので、どうしても濃い味で塩分を補給しなくてはいけない。だからしょっぱかったらしいんです。一方で魚の仕分けや、網の片付けなどの仕事をしている幅広い年代の方は、甘めの味付けで深川めしを食べていたそうです。働く場所や年代によってすこしずつ味が違うんですよ」と続けて説明してくれた。

先代は少しずつ味を改良していった。一般の方の口に合う味付けにしていく試行錯誤は1年続く。そしてようやく『深川宿』の深川めしが完成したのだと言う。

先代の強い思い「江戸の味、いまに伝える」が引き継がれ代替わりしてもなお、多くの人に愛される人気店となった。

先代のお父様は「江戸の昔ながらの味、お店の雰囲気、接客」などをとても大事にしてきていたそうだ。時が流れた今もしっかり受け継がれている。

深川宿(フカガワジュク)
住所:東京都江東区三好1-6-7深川江戸資料館前/営業時間:11:30~13:30LO・17:00~20:30LO(土・日・祝は11:30~16:30LO)/定休日:月(祝の場合は翌火)/アクセス:地下鉄半蔵門線・大江戸線清澄白河駅から徒歩3分

取材・文・撮影=アサノカツヒト

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. どこで勘違い?アリオ札幌が噂を払拭する「閉店しないよキャンペーン」 12の人気パン屋が揃う「パンフェス」参加店舗詳細も

    Domingo
  2. 地味見えから脱却!野暮ったく見えないウルフヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  3. 【超かわいい】なにこのカップ新感覚~!人気ディズニーキャラが“出てくる”アイテムの秘密って?

    ウレぴあ総研
  4. 神戸セラボが新体制でのステージを初お披露目! 神戸セーラーボーイズが「第51回神戸まつり」のステージに出演 神戸市

    Kiss PRESS
  5. 田ノ浦の新しい道の駅『たのうらら』は夏頃にオープン

    LOG OITA
  6. こんなもんは必要ちゃうねん... 靴下をはかされたチャウチャウ、顔がクシャクシャになってしまう

    Jタウンネット
  7. 佐伯の一本揚げの名店『肉の城南』が大分市に【若どり4分の1からあげ】

    LOG OITA
  8. 世界遺産「平等院」の藤は、来週中頃が見ごろの予想!今年は約1.6万房【京都府宇治市】

    ALCO宇治・城陽
  9. 上越市議選期日前投票 前回を上回るペース

    上越妙高タウン情報
  10. 「日本の役に立つなら住んでもいい」意識は間違い? 外国籍の人と入管に今なにが起きているのか

    文化放送