Yahoo! JAPAN

「私は止まらない」ナチス、戦争、神話 “戦後ドイツ最大の芸術家”アンゼルム・キーファーのすべてを描く『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』

映画評論・情報サイト BANGER!!!

「私は止まらない」ナチス、戦争、神話 “戦後ドイツ最大の芸術家”アンゼルム・キーファーのすべてを描く『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』

ヴィム・ヴェンダース監督作品『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』が、6月21日(金)より公開される。このたび、予告編と場面写真が解禁となった。

“戦後ドイツ最大の芸術家”アンゼルム・キーファー

本作は、戦後ドイツを代表する芸術家であり、ドイツの暗黒の歴史を主題とした作品群で知られるアンゼルム・キーファーの生涯と、その現在を追ったドキュメンタリー。監督は、『PERFECT DAYS』(23)で「第76回カンヌ国際映画祭」主演俳優賞(役所広司)を受賞し、「第96回アカデミー賞」国際長編映画賞にノミネートされたことも記憶に新しい、ドイツの名匠ヴィム・ヴェンダース。『パリ、テキサス』(84)、『ベルリン・天使の詩』(87)、『ミリオンダラー・ホテル』(00)などの劇映画だけでなく、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(99)、『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(11)、『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』(14)などドキュメンタリーも手掛け、世界各国から高い評価を受けてる。

アンゼルム・キーファーは、ナチスや戦争、神話などのテーマを、絵画、彫刻、建築など多彩な表現で壮大な世界を創造する、戦後ドイツを代表する芸術家。1991年、高松宮殿下記念世界文化賞・絵画部門を受賞。ヴェンダース監督と同じ、1945年生まれであり、初期の作品の中には、戦後ナチスの暗い歴史に目を背けようとする世論に反し、ナチス式の敬礼を揶揄する作品を作るなど“タブー”に挑戦する作家として美術界の反発を生みながらも注目を浴びる存在となった。1993年からは、フランスに拠点を移し、わらや生地を用いて、歴史、哲学、詩、聖書の世界を創作している。彼の作品に一貫しているのは戦後ドイツ、そして死に向き合ってきたことであり、“傷ついたもの”への鎮魂を捧げ続けている。

制作期間には2年の歳月を費やし、3D&6Kで撮影。従来の3D映画のような飛び出すような仕掛けではなく、絵画や建築を、立体的で目の前に存在するかのような奥行きのある映像を再現し、ドキュメンタリー作品において新しい可能性を追求した。「先入観を捨てて、この衝撃的なビジュアルをただ楽しんでもらいたい」とヴェンダース監督は語る。キャストには、アンゼルム・キーファー本人の他、自身の青年期を息子のダニエル・キーファーが演じ、幼少期をヴェンダース監督の孫甥、アントン・ヴェンダースが務めている。

名匠ヴィム・ヴェンダース監督が描く脅威の立体ワールド

予告編では、広大なアトリエの床に寝そべる、上半身が裸のアンゼルム・キーファーの自由奔放な姿に始まり、その代名詞とも言える巨大な芸術品を作りだす秘密に迫る。

「ナチス、戦争、神話、文学……アンゼルムは傷ついた世界を創造する—」というナレーションに重なるように、その歴史的背景を感じずにはいられない立体的な作品が私たちの眼前に迫ってくる。ヴィム・ヴェンダース監督が2年の月日をかけて映像化した、アンゼルムの芸術作品の全貌が“圧倒的没入感”で立ち現れ、「まだ高みに到達していない。私は止まらないんだ」と、進化を止めようとしないアンゼルムの声が静かにそして高らかに響く予告編となっている。

場面写真は、アンゼルムのインタビューカットや、ナチス式の敬礼をする自身の姿を撮影したシリーズ「占領」の1枚の他、アンゼルムの幼少期を演じるヴェンダースの孫甥アントン・ヴェンダースや青年期を演じる、アンゼルム息子のダニエル・キーファーのカットが公開。さらに、巨大な作品の前に佇むアンゼルムとヴェンダース監督のスチール写真も。

『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』© 2023 Road Movies All rights reserved.
『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』© 2023 Road Movies All rights reserved.
『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』© 2023 Road Movies All rights reserved.
『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』© 2023 Road Movies All rights reserved.
『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』© 2023 Road Movies All rights reserved.
『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』© 2023 Road Movies All rights reserved.

『アンゼルム “傷ついた世界”の芸術家』は6月21日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. メインを注文するとサラダ&ドリンク食べ飲み放題! 神戸ハーバーランドumieに『pizza & vegetable garden cafe DELIRANTE(デリランテ)』がオープン 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 「レス離婚」は慰謝料の請求できる? 弁護士に相談したら意外な答えが返ってきた

    コクハク
  3. 一番好きなモーニング娘。のシングルランキング!「ザ☆ピ~ス!」、「恋愛レボリューション21」を抑えて1位に選ばれたのは…

    gooランキング
  4. 寺西優真(坂本流)に告白する国本梨紗(咲)と後藤萌咲 (真紀子)が激突! 『東京ヌードル』第3話が7月28日放送

    WWSチャンネル
  5. 【平屋のルームツアー12選!】坪数別にご紹介

    リブタイムズ
  6. 「ほっともっと」お弁当が何度でもお得に!のり弁が290円ってお得すぎん...?

    東京バーゲンマニア
  7. 《100均》グッズの併用で最強便利に!ファイルボックス活用術【整理収納アドバイザー直伝】

    4yuuu
  8. 「誰も味方になってくれない(泣)」傍若無人な兄嫁の末路

    4yuuu
  9. 【ライブレポート】T-BOLAN、メジャーデビューの7月10日思い出の地・日本青年館で 最初で最後のシングル・ベストツアーファイナル!

    WWSチャンネル
  10. 大人気アニメ『葬送のフリーレン』全28話をイッキ見! 無料一挙放送が2週連続で実施中

    PASH! PLUS