Yahoo! JAPAN

食パンや季節のキャラクターパンで家族団らんを。書店併設の日暮里『ひぐらしベーカリー』

さんたつ

日暮里は江戸時代風光明媚な場所で、1日いても飽きないことから「日ぐらしの里」と呼ばれたのだとか。その日暮里にある複合施設『ひぐらしガーデン』は2016年にオープン。パン屋さん、カフェスペース、書店に中庭まであるこの場所は、大正時代から平成後期までフェルト工場があった。

ひぐらしベーカリー

選ぶのが楽しい約80種類

『ひぐらしガーデン』にあるパン屋さん『ひぐらしベーカリー』は「家族団らんをつくるパン」が合い言葉。小さな子どもからお年寄りまで、みんなが食べやすいパンが毎日80種類ほど並ぶ。2016年のオープン以来、ほぼ不動の人気ベスト3はチーズカレーパン、食パン、クロワッサンだ。

朝いちばんから並ぶチーズカレーパン302円。

チーズカレーパンはザクザクした衣の中から、濃厚なチーズとカレーがとろり。ボリュームがあって1つで満足できる。クロワッサンは日本在住のフランス人Youtuberに、パリのお店よりおいしいと言われるほど。朝食の定番、食パンは1カ月に平均1000斤ほど売れるとか。どこのパン屋にもあるような定番のパンが人気なのは、まちの人たちが日常的に買い物に訪れているからだろう。

クロワッサン259円。

他にもチョコレートコロネにドーナツ類、デニッシュに総菜パンなど、店内には選ぶのが楽しくなるパンが並ぶ。そんな中、どうしても注目してしまうのが、動物をかたどったパンだ。

えほんパンと名付けられた定番2種類は、くまがチョコレートクリーム入りでコアラがカスタードクリーム入り。季節に応じたフェアが毎月開催されていて、年始なら干支のパン、節分には鬼、梅雨にはカエル、ハロウィンにはおばけなど、季節に沿ったかわいらしいパンが並び、買いに訪れる人を楽しませている。

左がチョコレートクリーム入りのえほんパン、右はカスタードクリーム入り。どちらも259円。

実在する絵本のキャラクターがパンになって登場することもある。特定のキャラクターパンが登場するときは、同じ敷地にある書店『パン屋の本屋』で、出版社と一緒に絵本にまつわるイベントが行われるのだ。

「出版社からは絵本に忠実にしてほしいとリクエストされます。職人たちもその声に応えようと素材や作り方を研究。キャラクターパンのクオリティはどんどん上がってきました」と話すのは責任者の新井康亮(あらいやすあき)さん。企画段階から『ひぐらしガーデン』に携わっている。

パン屋と本屋が一緒になった『ひぐらしガーデン』

中庭のシンボルツリーは桜。

『ひぐらしガーデン』があるのは、大正6年(1917)創業のフェルト工場があった場所。平成後期にフェルトの事業が終了した後、しばらくコインパーキングになっていた。

創業者から数えて4代目の現社長がさまざまな土地活用の誘いを受ける中で、一族が長く関わってきた日暮里のことを考えた。

安心して子育てができるような、地域の魅力を高められることはなにか、家族連れもお年寄りもどんな人でも立ち寄れる施設を作りたい、とたどり着いたのがパン屋と書店だった。

前職で先輩後輩の仲だったという社長と新井さんは、2人ともパン屋も書店も経験ゼロからスタート。愛される施設にするにはと考え続け、パンに至っては、日本国内はもとよりはるばるパリにまでパン屋を訪ねて食べ歩いた。

その結果『ひぐらしベーカリー』では、「子どもからお年寄りまで食べられるパンを置く」「種類を豊富に揃える」「納得のいくおいしさと値段」「一つひとつ個性ある商品」という4つの指針を打ち立てた。これが愛されるパンの数々につながっている。

カフェスペースが大きく作られているのもうれしいポイント。木がたくさん使われた空間は大きなガラス窓に囲まれて光がたっぷり差し込んでくる。中庭には桜や木のスツール、テラス席もあり、敷地が贅沢に使われていて気持ちがいい。

パンのイートインができるカフェスペースではコーヒーのほかスープやアルコールも提供。

日中は親子連れも多いが、開店間もない朝8時代には通勤前に朝ごはんを食べにくる会社員の姿や、外国人観光客のグループも見かける。

「近くに京成線の駅もあるし、JRも千代田線もあって便利な場所です。特にゲストハウスがいくつもできて、宿の人たちが宿泊者におすすめしてくれているみたいです」と新井さん。

中庭を挟んで開かれている『パン屋の本屋』にはパンにまつわる本のコーナーも。

新井さんはこれからの目標を「“近所にあったらうれしいパン屋”で世界一になること」と話す。「コンテストで優勝したパン職人がいるとか、カレーパンを1日にたくさん売ったとかそういう世界一があると思いますが、パン屋として、近所の皆さんのことを考えてパン作りをするお店でありたいんです」。これからも日暮里に愛されるパン屋として進んでいくようだ。

ひぐらしベーカリー
住所:東京都荒川区西日暮里2-6-7 ひぐらしガーデン内/営業時間:8:00~17:00/定休日: 月(祝の場合は翌日)/アクセス:JR日暮里駅・京成日暮里駅から徒歩8分、JR三河島駅から徒歩8分

取材・撮影・文=野崎さおり

野崎さおり
ライター
2016 年よりライターとしての活動を開始し、複数のweb媒体で食べ物やお出かけネタを中心に執筆。おいしいものはもちろん、作る人とその背景に興味あり。都内をバスか徒歩で移動するのが好き。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <アドバイスください!>親の車の運転を止めたい!運転免許をスムーズに自主返納してもらうためには?

    ママスタセレクト
  2. 子どもの日にはプレゼントも 林田大庄屋旧三木家住宅で「揖保郡三窯と周辺の焼物展/版画家乾太作品展・端午の節句展」開催中 姫路市

    Kiss PRESS
  3. ユニクロ話題の新作バッグがおしゃれで完売しそう!想像以上の大容量トート(正直レビュー)

    ウレぴあ総研
  4. カニエ・ウェスト、ディズニーデートで妻の“不適切な格好”に批判集中 ディズニーへ「なぜ退園させない?」の声も

    Techinsight
  5. コンビニ限定♪紀ノ国屋コラボの付録バッグがキュートで便利!豪華2点セット開封レビュー

    ウレぴあ総研
  6. 勤務先のスーパーで万引き繰り返す…63歳「万引Gメン」の犯行動機と事件が発覚したワケ

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 走る列車内がリングだ!! 「関鉄プロレス」にファン熱狂 選手は列車運転にも挑戦(茨城県)【レポート】

    鉄道チャンネル
  8. 令和生まれの化学繊維と、服との新たな向き合い方

    Dig-it[ディグ・イット]
  9. 【静岡の高校サッカー戦後史Vol.40】 清水東が1981年度、関東勢を次々撃破して全国総体連覇!

    アットエス
  10. 親が「医者」と知らなかった芸能人ランキング

    ランキングー!