Yahoo! JAPAN

今こそ観たい! スピルバーグ”無冠の名作”をミュージカルリメイク『カラーパープル』の楽曲やキャストの魅力を解説

映画評論・情報サイト BANGER!!!

今こそ観たい! スピルバーグ”無冠の名作”をミュージカルリメイク『カラーパープル』の楽曲やキャストの魅力を解説

オスカー“最多ノミネート”の1985年スピルバーグ作『カラーパープル』とは

1985年に公開された『カラーパープル』は、作品自体の評価とは別に、スティーヴン・スピルバーグの監督のキャリアの中で、特別な一作として記憶に残る。

No Rating © 1985 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『JAWS/ジョーズ』(1975年)、『未知との遭遇』(1977年)、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)、『E.T.』(1982年)、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984年)と、エンターテインメントとしての映画を革新する作品を撮り続け、しかも記録を塗り替える大ヒットを達成。誰もがスピルバーグを、ハリウッドを代表する監督と認めた。演出の非凡な才能も高く評価され、『未知との遭遇』(1977年)、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)、『E.T.』(1982年)でアカデミー賞監督賞にノミネート。『E.T.』は作品賞にもノミネートされた。ただ、どちらかといえば「エンタメを撮る監督」というイメージも定着し、彼がアカデミー賞を“受賞”するのは難しいという空気も漂っていた。

ウーピー・ゴールドバーグほか“次世代に受け継ぐ”キャスティング

キャストでは、セリー役のファンテイジア・バリーノ、セリーの義理の娘で自立した生き方を貫くソフィア役のダニエル・ブルックス(※第96回アカデミー賞で助演女優賞にノミネート)は、ブロードウェイ版でも同役を演じていただけあって、余裕の演技・歌唱でこちらを酔わせる。とくにソフィアは物語のキーパーソンで、1985年の映画では、あのオプラ・ウィンフリーが演じてアカデミー賞助演女優賞にノミネート。人気トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』は翌1986年にスタートし、彼女はアメリカのエンタメ界で最高の地位を確立した。ウィンフリーは今回、プロデューサーに名を連ねている。ブルックスの存在感は、そのウィンフィリーに引けを取らない。

『カラーパープル』© 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

そして出演シーンは短いながら、『リトル・マーメイド』(2023年)でアリエルを演じたハリー・ベイリーが、ネティの少女時代でまたも美しい歌声を聴かせる。彼女の単独ナンバー「Keep It Movin’」はベイリー自身が作曲を担当。他のナンバーとは明らかに違うノリで耳に残るはず。

『カラーパープル』© 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

もう一人、注目のキャストはセリーの夫、ミスターを演じたコールマン・ドミンゴで、こちらでは支配的で横暴な役柄ながら、『ラスティン:ワシントンの「あの日」を作った男』(2023年:Netflixで独占配信中)では、1960年代のゲイの政治活動家役で、まったく別人の演技をみせている。

『カラーパープル』© 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ドミンゴは『ラスティン~』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされており、その豹変ぶりを『カラーパープル』とぜひ比較してほしい。

ミスターの父親(オールド・ミスター)での、現在87歳のオスカー俳優、ルイス・ゴセット・ジュニアの“いぶし銀”の名演。1985年版で主演を務めたウーピー・ゴールドバーグの参加など、映画の歴史を実感する見どころも各所にある。とくにウーピー・ゴールドバーグの役どころは、「作品を次世代に受け継ぐ」意図が感じられ、胸が熱くなった。

『カラーパープル』© 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

「#MeToo」が起こり、さまざまなハラスメント問題が明るみになっている現在、この新しい『カラーパープル』を観れば、時代が要求した作品であることを実感するだろう。セリーが一大決心を表明する重要なシーンに、人間としての誇りが凝縮され、否が応でも激しい感動に襲われるのは、今の時代ならではかと。そしてこうしたテーマ性だけでなく、ミュージカル映画として、つまりエンタメとして純粋に興奮させるところが、『カラーパープル』の魅力であり、そこに“スピルバーグらしさ”を感じられるかもしれない。

『カラーパープル』© 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

文:斉藤博昭

『カラーパープル』は2024年2月9日(金)より全国公開

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 異端の皇帝フェデリコを佐々木蔵之介、その息子を上田竜也が演じる壮大な物語 PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』の上演が決定

    SPICE
  2. 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  3. 元SEの店主が作る超本格的なスパイスカレーのお店が長崎市西山にオープン!【WOOLWICH (ウーリッチ)】

    ながさーち
  4. 【動画】ドールプレイヤー・ 門松桃永、銀座・知夢仁で北海道グルメをレポ!

    WWSチャンネル
  5. Porscheら、サーファーのために波高を計測できるドローンを開発。可能な限り大きな波でサーフィンするために

    DRONE
  6. DARPA、AI戦闘機と有人戦闘機の史上初ドッグファイトに成功

    DRONE
  7. 【動画】広瀬香美さんが門真市ふるさと大使に ららぽーと門真で就任式

    OSAKA STYLE
  8. FM802開局35周年!“ファンキー”な花火大会が万博記念公園で開催♪

    PrettyOnline
  9. ドトールの春の新作、美味しさに全振りした結果「映え」を完全に無視! 見た目はほぼコンクリだけど…

    ロケットニュース24
  10. もう限界…“妻を見限った”夫たち #3「『時間がほしい』と言ったら…」

    ウレぴあ総研