Yahoo! JAPAN

小樽で“絶対に行きたい”レトロな喫茶店3選【4月13日は喫茶店の日】

北海道Likers

画像:文学カフェ&文豪バー魁陽亭 越治

4月13日は喫茶店の日! 喫茶店の日は、1888年4月13日に東京・上野で日本初の喫茶店『可否茶館(かひさかん)』がオープンしたことが由来となっています。

今回は北海道小樽市で“絶対に行きたい”レトロな喫茶店を3つご紹介します。

1:アイスクリームパーラー美園

画像:アイスクリームパーラー美園

まずはじめにご紹介するのは、JR小樽駅から徒歩で約5分の『アイスクリームパーラー美園』。

大正8年(1919年)に創業し、北海道で初めてアイスクリームを販売したとされている、北海道における“アイスクリームの先駆者”です。

ショーケースには食品サンプルが飾られており、懐かしい喫茶店の佇まいです。

画像:アイスクリームパーラー美園

階段を上がって2階の店舗に足を踏み入れると、ライトや椅子をはじめとするレトロな空間が広がっています。

画像:アイスクリームパーラー美園

看板メニューの『愛須句吏夢(あいすくりぃむ)』(550円・写真右前)と『句吏夢素柔凍(くりぃむそふと)』(550円・写真左)は創業当時の製法を守りながら、北海道赤井川村の新鮮な牛乳やヨード卵、北海道の銘木アカシアの蜂蜜を使うなど、製法と素材にこだわりをもっています。

特に、『愛須句吏夢』はイタリアンジェラートと同程度の乳脂肪分5~6%で作られているので、口当たりがさらっとしていながらも卵と牛乳本来の素材の味を感じることができますよ。

ほかにも、2月~7月の期間限定『ストロベリーパフェ』(880円・写真右奥)や、1日33個限定の『プリンパフェ』(800円)、10~5月ころまでの期間限定の『美園特製なべやきうどん』(900円)など、何度も通いたくなるようなメニューがたくさんあります!

<店舗情報>
アイスクリームパーラー美園
住所:北海道小樽市稲穂2-12-15
営業時間:12:00~16:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

2:あまとう本店

画像:あまとう本店

続いてご紹介するのは、JR小樽駅から徒歩で約7分の都通りにある『あまとう本店』。昭和4年(1929年)創業の昔ながらの洋菓子店です。

1階では焼き菓子や生ケーキを販売しており、2階が喫茶店となっています。

画像:あまとう本店

喫茶店では、レトロなソファや純喫茶らしい天井ライトなど、居心地の良い空間が広がっています。

画像:あまとう本店

看板メニューは、発売から60年以上続く『クリームぜんざいM』(780円)です。コクがあるのにあっさりとした口当たりのソフトクリームと北海道十勝産の小豆を使用したあんこ、東北産の米粉を使った求肥もちの絶妙なトリオを味わえますよ。

画像:あまとう本店

他にも黒糖のしょうゆだれとクリームの甘さがナイスマッチの『しょうゆクリームぜんざいM』(900円)や、

画像:あまとう本店

昔懐かしの『プリンアラモード』(850円)なども食べてみたい一品です。

<店舗情報>
あまとう本店
住所:北海道小樽市稲穂2-16-18(小樽都通り商店街内)
営業時間:12:00~17:00(2階喫茶)
定休日:水曜日・木曜日

<!-- /wp:quote -->

<!-- wp:heading -->

3:文学カフェ 魁陽亭越治

<!-- /wp:heading -->

<!-- wp:paragraph --><!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:image {"align":"center""id":73200"sizeSlug":"full""linkDestination":"none"} -->

画像:文学カフェ 魁陽亭越治

最後にご紹介するのは、JR小樽駅から徒歩で約10分ほどの『文学カフェ 魁陽亭越治』。

伊藤整や小林多喜二など、多くの文豪や芸術家たちが集まっていた、かつての喫茶店『越路』があった場所に新たにオープンした文学喫茶&食堂です。

<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:image {"align":"center""id":73205"sizeSlug":"full""linkDestination":"none"} -->

画像:文学カフェ 魁陽亭越治

<!-- /wp:image -->

<!-- wp:paragraph -->

明治初期に小樽で開業した料亭『海陽亭』をオマージュした個室もあり、タイムスリップをした気分を味わうことができますよ。

他にも、北海道と縁がある本が約800冊並んでいるスペースもあります。小物や本などの雰囲気も相まって、ロマンあふれる空間です。

<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:image {"align":"center""id":73201"sizeSlug":"full""linkDestination":"none"} -->

画像:文学カフェ 魁陽亭越治

<!-- /wp:image -->

<!-- wp:paragraph -->

とろ~り卵と2種の濃厚ソースがたっぷりかかった『江別太田ファーム卵のオムライス~デミグラスソースとトマトソースのハーフ&ハーフ~』(1370円)をはじめとする北海道の食材をふんだんに使用したお得なランチメニューも盛りだくさん!

ランチタイムが終わっても食事をすることができるのも、嬉しいポイントの1つです。

<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:image {"align":"center""id":73202"sizeSlug":"full""linkDestination":"none"} -->

画像:文学カフェ 魁陽亭越治

<!-- /wp:image -->

<!-- wp:paragraph -->

懐かしの『クリームソーダ浪漫』(720円)や、

<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:image {"align":"center""id":73204"sizeSlug":"full""linkDestination":"none"} -->

画像:文学カフェ 魁陽亭越治

<!-- /wp:image -->

<!-- wp:paragraph -->

『自家製カタラーナ(ドリンクセット)』(1230円)などをはじめとする、豊富なカフェメニューも魅力的です。

<店舗情報>
文学カフェ 魁陽亭越治
住所:北海道小樽市花園1-1-6 花銀通り
営業時間:11:30~20:00(L.O.19:30)
定休日:月曜日・火曜日

昔懐かしの気分を味わえる小樽の喫茶店3選をご紹介しました。ぜひ足を運んでみてくださいね。

文/北海道Likers編集部

【画像】
アイスクリームパーラー美園/あまとう本店/文学カフェ 魁陽亭越治魁陽亭 越治

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

<!-- /wp:quote -->

おすすめの記事

新着記事

  1. 『あののオールナイトニッポン0(ZERO)』、6/11放送に東野幸治のゲスト出演決定!

    Pop’n’Roll
  2. 上川隆也、藤原紀香、渡辺 大、財木琢磨、藤本隆宏、凰稀かなめ出演で、サスペンス劇の傑作『罠』を上演

    SPICE
  3. 【動画】大阪・なんばパークスに相撲エンタテインメントショーホール「日楽座」

    OSAKA STYLE
  4. 東葛合唱団はるかぜ35周年記念コンサート「ぞうれっしゃがやってきた!」6月23日開催【松戸市】

    チイコミ! byちいき新聞
  5. 【河口湖】例のローソンと黒い幕は、実際のところどうなっているのか? これがリアルな状況

    ロケットニュース24
  6. アニメ『キン肉マン 完璧超人始祖編』ストロング・ザ・武道役は大塚明夫さん! 「グロロロロ~ 楽しみにしてるがよい……」新キャスト&コメント到着

    PASH! PLUS
  7. 舞台『ブルーロック』3rd STAGE、竹中凌平が主演続投 新キャストとして草地稜之、松田 岳、遊馬晃祐、三浦海里の出演が決定

    SPICE
  8. 現役女子高生・沢美沙樹、制服姿で登場! 「目標は朝ドラに出ること、夢は大きく持ちたい」

    WWSチャンネル
  9. 生まれて初めて魚醤を食べてみたら…なんだかイメージと違った / 新潟の鮭でできた魚醤「最後の一滴」

    ロケットニュース24
  10. 伊良コーラによるスパイシーなクラフトコーラ風呂を銭湯で開催

    タイムアウト東京