Yahoo! JAPAN

大和、海老名座間、綾瀬 宣誓制度で広域連携 手続き簡素化、負担軽減へ〈大和市〉

タウンニュース

(左から)海老名市の内野優市長、座間市の佐藤弥斗市長、大和市の古谷田力市長、綾瀬市の古塩政由市長=14日・大和市役所

同性カップルや事実婚など法律上の婚姻が困難な2人が、互いに人生の伴侶として協力し合うことを誓い、行政がこれを公的に認めるパートナーシップ制度を巡って、大和・海老名・座間・綾瀬の4市長は14日、大和市役所で自治体間連携に関する協定を締結した。これにより制度利用者の手続きが簡素化され、負担軽減が図られる。

大和市のパートナーシップ宣誓制度は、2021年4月に始まった。市は医療機関や不動産業などに協力を要請し、同制度を利用したカップルは、アパートを借りられたり、入院時の付き添いが認められるなど「家族」としての待遇が受けられる。市国際・男女共同参画課によると、2月14日までに25組が宣誓している。

今回の広域連携は、4市首長でつくる「大和高座広域連携懇談会」で昨年10月に方針決定されたもの。これまでパートナーシップを宣誓した人が住所を移す際、転出元の自治体で宣誓書受領証などの返還手続きと、転出先の自治体であらためて必要書類をそろえて宣誓手続きをする必要があった。

協定締結により、今年3月1日からは住所を移す際、4市であれば返還手続きは不要となり、当事者たちが大切にする「宣誓日」も引き継がれる。転出先の自治体の手続きも、大和市の場合は転出元の自治体の宣誓書受領証の原本と本人確認書類の提出のみとなる。

古谷田市長は「大変有意義な一歩では」と協定締結に期待感を示した。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【熊本市東区】疲れた身体に染みる旨みたっぷりうどん「和囲和囲」

    肥後ジャーナル
  2. 先週の雪辱へ阪神・大竹耕太郎が2週連続中日戦に先発 “虎キラー”大野雄大と対決

    SPAIA
  3. 百車繚乱! 展示車両は購入も可能。オートモビルカウンシルに集った世界の稀少車たち

    Dig-it[ディグ・イット]
  4. ラッコのキラ&メイを24時間いつでも見られる! 鳥羽水族館のライブカメラにファン歓喜...大人気飼育員・石原さんも映るかも

    Jタウンネット
  5. 雨上がりのアジング釣行【和歌山・紀北】本命に加えてゲストにセイゴやサバもキャッチ

    TSURINEWS
  6. 釣りで使う撒きエサ「コマセ」は臭い 一般的な消臭剤では太刀打ち不可能?

    TSURINEWS
  7. 【もう包まない】ワンパンで作れる!折りたたむチーズオム焼きそばのレシピ

    BuzzFeed Japan
  8. 『精神が弱い犬』の仕草や行動4つ 打たれ弱い犬の特徴やモチベーションをあげるためにできること

    わんちゃんホンポ
  9. 歴史空間に、グルメブースやワークショップがずらり 大中遺跡公園などで「第2回はりま春風フェス」開催 播磨町

    Kiss PRESS
  10. 【調査報告】ダウン症の子どもを出産する方の8割が“35歳未満” 若年層の既婚男女が生まれてくる子どもについて知りたいこととは?

    舌肥