Yahoo! JAPAN

プロ野球史上最強の「ストレート」を誇ると思う剛腕投手ランキング

ランキングー!

プロ野球史上最強の「ストレート」を誇ると思う剛腕投手ランキング

今回はウェブアンケートにて総勢10559名に調査した<プロ野球史上最強の「ストレート」を誇ると思う剛腕投手ランキング>を発表します。スライダー、フォーク、ツーシーム、カットボール…現代は変化球全盛の時代。それでも真っ向勝負のストレートで強打者に挑む投手の姿には、胸が熱くなるもの。
さっそくランキングをチェック!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【プロ野球史上最強の「ストレート」を誇ると思う剛腕投手ランキング】

第1位 大谷翔平(1871票)
第2位 江川卓(782票)
第3位 佐々木朗希(734票)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)10559名/調査日:2024年2月20日

「守護神大谷」なら球速アップ!1位は大谷翔平選手!

<投票者のコメント>
「現役歴代ともにナンバーワンだと思う」

「160キロ超の豪腕&豪快ホームランの天才!彼一択です」

「球速、球質…どれも凄い」

二刀流で球速165キロをマークするロサンゼルス・ドジャースの大谷選手。投手として突き詰めたら、一体何キロまで速度アップするのでしょうか。日本最速を記録したのは日本時代2016年のクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第5戦。勝てば日本シリーズ進出が決まる試合の9回に抑えで登板すると、165キロを連発する”神回”となりました。伝説となった2023年のWBC決勝でも、守護神として163キロを叩き出しています!


バットにボールが当たっただけでざわつくスタンド!2位は江川卓さん!

<投票者のコメント>
「ストレートの球の伸びが、凄すぎる」

「初めて見た時衝撃だったから」

「ホップが凄すぎてかすることも出来ない」

「昭和の怪物」の異名を取る江川さん。1981年の読売ジャイアンツ時代にマークした球速は当時のスピードガンで144.5キロ。AIで解析すると、現在なら158キロだったという結果が出ています。スゴいのは、疲れがたまるであろう9回にその日の最速を叩き出していたところ。最後の打者は三振と決めていたそうです。高校時代はバットにボールが当たっただけでスタンドがどよめく”怪物”でした!


165キロは令和の奪三振マシン!3位は佐々木朗希選手!

<投票者のコメント>
「決め球ストレート凄い」

「スピードガンで計測されて表示されているので、コントロール精度も合わせて、スピード王だと思います」

「やっぱりこの人の速さはただもんじゃない!さすがです」

2023年に大谷翔平選手に並ぶ日本人最速の165キロをマークした佐々木選手。夢の170キロに今一番近い剛球投手です。高校時代に163キロをマークして「令和の怪物」と呼ばれるようになると、ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団。2022年に史上最年少で達成した完全試合では、同時に13者連続三振と1試合19奪三振をマーク。過去の記録を大幅に更新する奪三振ショーでした!

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【神戸】フレッシュなフルーツたっぷり!初夏限定の爽やかパフェ&フロート

    PrettyOnline
  2. 金沢ゴーゴーカレースタジアム初のドローンショーを実施!2024年7月6日(土)・7月20日(土)

    DRONE
  3. SAM考案の “健康ダンス” 振り付け間違えて「ごめんなさい」 映画『お終活 再春!人生ラプソディ』&楽天シニア青春フェスティバル2024

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  4. 会社にとっての「副業人材」活用のメリットは? 3位「自社にないスキルの活用」、2位「即戦力になる」、1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  5. いつか来る「親の家の片付け」。子どもが早いうちに知っておいた方が良いこと

    ウレぴあ総研
  6. アラフォー女子が垢抜ける!今マネすべきボブヘア5つ〜2024初夏〜

    4yuuu
  7. 会社にとっての「副業」デメリットは? 3位「ノウハウや機密情報の流出」、2位「社員が副業先に転職」、1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  8. 【リアル給与明細】35歳、児童指導員。手取り20万以下で生活が厳しい……【FPが解説】

    4yuuu
  9. 産後ブルーと私【えらいこっちゃ!妊娠生活#46】

    たまひよONLINE
  10. 【100均DIY】賃貸OK!やってよかった!超優秀な収納アイデア3選

    4yuuu