Yahoo! JAPAN

東京、縁側カフェ5選

タイムアウト東京

東京、縁側カフェ5選

緑に囲まれた縁側のあるカフェでまったりと過ごすのは、東京では特に贅沢な時間かもしれない。ここでは、そんな魅力的なカフェをまとめてみた。

平安時代から受け継がれる和室と庭を繋ぐスペースは、日本家屋ならではの空間だ。庭の自然を眺めながら会話を楽しんだり、心地よい風を感じながら抹茶や和菓子を味わってみたり。どこかほっとする空間でくつろぎの時間を過ごしてみては。

Photo: Keisuke Tanigawa

古桑庵

自由が丘駅からほど近い距離にある、茶室のある自邸を改修した茶房・ギャラリー。日本庭園にはマツやもみじ、つつじ、アジサイとさまざまな植物が生息しており、縁側越しに四季折々の美しい花々を鑑賞できる。

建築に桑(くわ)の古材を腰板として使用していたことから、店主祖父の友人であり、夏目漱石の娘婿としても知られる小説家の松岡譲が店名を「古桑庵」(こそうあん)と命名したそうだ。

一番人気のメニューは、宇治産の抹茶に和菓子が付いた「抹茶(和菓子付)」(1000円、以下全て税込み)。国産のフルーツを使用した「あんみつ」(1000円)や、味わい深いラムレーズンのケーキがセットになった「レギュラーコーヒー」(700円)もおすすめだ。

店内には、びょうぶや蒔絵(まきえ)などの骨董(こっとう)品と民芸が飾られている点にも注目だ。茶房の設立者がちりめんや古布を使ってオリジナルの人形を作る作家で、店内ではその作品を眺めることもできる。

Photo: Engawa Café

縁側カフェ

足立区の竹の塚にある古民家カフェ。1939年に平田源七の家として建設された建物は、国の登録有形文化財にも指定されており「昭和の家」という愛称で親しまれている。

広縁部分にはカフェスペースがあり、どの窓からも、手入れが行き届いた日本庭園を眺められるのが魅力の一つだ。春には梅やツツジ、秋には紅葉が楽しめる。室内は和洋が混合した重厚ながらも落ち着いた雰囲気。昭和初期のモダニズムを感じられ、静かな時間が流れている。

ドリンクメニューが豊富で、ハンドドリップのブレンドコーヒーや、菓子付きの抹茶などがそろう。「自家製季節のフルーツタルト」や、日替わりのケーキなどと合わせて注文すれば100円引きになるのもうれしい。気品の感じられる食器やカップにも注目だ。読書をしたり作業をしたり、各々の時間をゆっくりと過ごしてほしい。

画像提供:ザ タワー バー(The TOWER BAR)

ザ タワー バー

「東京タワー」を間近に望む特等席で和文化体験や特別メニューが楽しめる「ザ タワー バー(The TOWER BAR)」が、ホテル「ザ・プリンス パークタワー東京」で、2024年6月2日(日)まで開催している。期間中は風情漂う和傘のライトアップを鑑賞できたり、縁側での団子焼き体験が楽しめたりと、記憶に残るひとときが過ごせる。

注目の料理は、東京タワーをイメージしたポテトサラダや手まり寿司などが一皿に盛られた華やかな「タワー バー (TOWER BAR)プレート」。みたらしと抹茶のホワイトチョコレートの2種のソースが付いた団子がセットになった、「室内席確約/1ドリンク/TOWER BARプレート/お団子焼き体験」(4800円、事前予約制)プランは特におすすめだ。庭の艶やかな景色を望みつつ、自分で団子を焼き上げる楽しみを味わおう。

席は予約なしで立ち寄れる庭園席と、予約制の畳の室内席の2つがある。お気に入りの席で、唯一無二の日本文化体験を満喫してみては。

※5月24(金)〜26(日)、31(金)、6月1日(土)・2日(日)のみ開催、室内席1部18時00分~19時30分、2部20時00分~21時30分(いずれも2日前までの事前予約制) 、庭園18時00分~21時30分

Photo: Kisa Toyoshima

チャノマ

1947年に建てられた木造平屋をリノベーションしたカフェ。建物の持ち主が植物好きであったことから庭にはさまざまな木花が植えられており、池袋駅から歩いて10分ほどの位置にありながらも、どこかのんびりとした雰囲気がある。

メニューは数種類のテリーヌとドリンクを用意しており、広々とした畳の上や縁側で楽しめる。特に抹茶を使ったメニューに定評があり、抹茶が好きなら「濃厚抹茶テリーヌ」と「抹茶ラテ」の組み合わせがおすすめだ。

イートインスペースは畳がメインで、トイレにはおむつの交換台や子ども用の補助便座があったり、ベビーカーを入り口で預かってもらえたりと、キッズフレンドリーな点も魅力。子どもと一緒にのんびり過ごせるスポットとしても覚えておきたい。

どしんとした貫禄のある木戸は、戦災を逃れたため江戸時代から明治時代に作られたと伝わるそう。表札には家の持ち主である「深野」という名前も残っているので、訪れた際はこちらも要チェックだ。茶道や味噌仕込み会など、和の文化を発信するワークショップも定期的に開催している。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. SpaceX、「Starlink Mini」を公開。サイズは16インチMacBook Proに近く、重さは6.73kg

    DRONE
  2. 僕が見たかった青空、清涼感あふれる青春グラビアをお届け! 『ヤングガンガン』表紙&巻頭グラビア登場

    Pop’n’Roll
  3. 上西怜(NMB48)、『翠花は少子化担当』の世界を再現! 『ヤングガンガン』巻中グラビア登場

    Pop’n’Roll
  4. 中村舞(STU48)、圧巻の美しさを解き放つドレス姿を披露! 『ヤングガンガン』巻中グラビア登場

    Pop’n’Roll
  5. 会社の敷地でYouTuberが撮影していたので恐怖のドッキリを仕掛けてみた

    ロケットニュース24
  6. 経産省、令和6年能登半島地震の復旧対応等に貢献したドローン企業・団体等に対して感謝状を授与

    DRONE
  7. 東京、6月22・23日に開催される古着イベント3選

    タイムアウト東京
  8. 大竹まこと「パーティーの利益率って98%とかだって」

    文化放送
  9. 【New 電波人間のRPG FREE!】公開されている最新情報まとめ|マルチプレイや新要素の解禁も?

    攻略大百科
  10. すき家がタコライス開始したけど、松屋フーズにもタコライスあるの知ってた? 幻の「ロースかつタコライス」を食べてみた

    ロケットニュース24