Yahoo! JAPAN

米BETA Technologiesの電動航空機「ALIA」、ニュージーランド航空の次世代航空機の第1号機に

DRONE

電気航空宇宙企業であるBETA Technologies社によって設計されたこのバッテリー駆動の全電気航空機「ALIA」が、2026年にニュージーランド航空の機材に加わることになった

ニュージーランド航空はALIAの通常離着陸バージョンを購入する。今回の発表は、ニュージーランド航空による1年半にわたる評価・検討期間を経たものである。同航空会社のミッション次世代航空機プログラムを通じて、30団体からアイデアと洞察を求め、2026年に次世代航空機を使用した商業飛行を開始するという目標に向けて緊密に協力する4つのパートナーを選んだ。BETAのALIAは、このプログラムにおける最初の商業発注である。

ニュージーランド航空はまず、ニュージーランド郵便と提携し、アオテアロア全土の空港との関心表明(EOI)プロセスを通じて選定された路線で、貨物専用便として運航するという。

ニュージーランド航空のグレッグ・フォラン最高経営責任者(CEO)は、この購入により、ニュージーランドにおける低排出ガス航空機の運航に対するニュージーランド航空のコミットメントがより強固なものになると述べている。

フォランCEO:これは、ニュージーランド航空にとって、より大きな旅路における、小さいながらも重要な一歩です。この購入は、ニュージーランド航空にとって新たな章となるものです。 航空業界の脱炭素化は容易なことではありません。技術、インフラ、運航、規制の変化のペースを加速させる必要があります。 この航空機は、私たちの既存の航空機を置き換えるのではなく、追加するものですが、その変化のきっかけとなるものです。ALIAを飛ばすことで、私たちの知識を深め、2030年以降、より大型の、航空機を置き換える次世代航空機を飛ばすために必要な、アオテアロアの航空システムの変革を進めたいと考えています。

BETAのカイル・クラーク最高経営責任者(CEO)は、ニュージーランド航空の脱炭素化へのアプローチを称賛し、次のようにコメントしている。

クラークCEO:ニュージーランド航空は、自社の脱炭素化の野望を達成するため、また、より広範な航空業界の展望を変えるために、テクノロジーを可能な限り迅速にスケールアップさせることに非常に注力しています。 過去1年以上にわたるパートナーシップ、コラボレーション、そして勤勉さにより、私たちは、ニュージーランド航空の先進的でありながら現実的で整然としたイノベーションへのアプローチを目の当たりにしてきました。 私たちは、彼らの運航上のニーズを満たすソリューションとして、私たちの技術に対する航空会社の信頼に感謝しており、2026年に向けてALIAを市場に送り出すために、引き続き手を携えて仕事をすることを楽しみにしています。

BETA Technologies

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【池袋の次の駅】大塚駅から徒歩30秒「カプセルイン大塚」に泊まってみた / 人気サウナとふかふかベッドで1泊3900円はナイス!

    ロケットニュース24
  2. 気になる“熟年離婚”のその後…元夫婦たちの末路 #7「元夫が隠れて…」

    ウレぴあ総研
  3. 【京都洋食ランチ】名物の肉厚ポークチャップ定食!北大路駅前の老舗洋食店「ゲンペ」

    キョウトピ
  4. ドイツビール&ドイツ料理が大集合!「神戸オクトーバーフェスト」開催

    PrettyOnline
  5. もう島根に行くしかないぞ。鳥取も【家そば放浪記】第217束:亀ちゃんにもらった、イトメン『イトメンの二八そば』希望小売本体価格409円(1人前136円)

    ロケットニュース24
  6. AMEFURASSHI、新曲「Secret」のダンスプラクティス&メイキング映像を同時公開

    SPICE
  7. 実は彼氏が彼女に思っている!「しなくていい」3つのこととは?

    4MEEE
  8. 下膨れが気にならなくなるよ!若返るウルフヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  9. 1960年代の鎌倉の海とサーフカルチャーを知る  4月27日~5月5日 写真展示や出川三千男さんの講演も〈鎌倉市〉

    タウンニュース
  10. 性的マイノリティ相談 県がLINE窓口開設〈南足柄市・大井町・松田町・山北町・開成町〉

    タウンニュース