Yahoo! JAPAN

材木座・関係案内所はつひので 難民と話す機会に 月1回のカレー会〈鎌倉市〉

タウンニュース

参加者に母国の話をするリヴィさん(手前)=15日

材木座の「関係案内所はつひので」からスパイスの香りが漂う。月に一度、スリランカカレーを振る舞うのはアルペなんみんセンター(十二所)で暮らすリヴィさん(50)。難民認定を目指すリヴィさんにとって、カレーを味わいながら集った人々と話すのは楽しいひとときだ。

リヴィさんのカレーは、母直伝の味。大鍋で鶏肉やジャガイモをスパイスと一緒に煮込み、日本人向けのマイルドな辛さに仕上げる。8回目の開催となった2月15日も、「いっぱい食べて」と振る舞うと、参加者からは「おいしい」「スリランカカレー大好き」と笑顔が返ってきた。

スリランカへ渡航歴がある参加者とは、紅茶の名産地ヌワラエリヤの茶畑や高原列車の話に花が咲いた。一方で、母国で銃撃を受けた際にできた腕の傷を見せ、「今も痛い」と打ち明けた。

「カレー店」夢見て

リヴィさんは、スリランカが内戦中の2002年に友人を頼って日本の栃木県に逃げてきた。母国では大臣のボディーガードをしていたが、武装組織のことを密告したことで命を狙われるようになり、国外への避難を決意。家族はアメリカやカナダの知り合いを伝手に散り散りに逃げた。

言葉も分からないまま、日本に逃げてきて20年以上が経った。今では、会話も難なく日本語ででき、「これからも日本にいたい。(難民認定されたら)カレーの店を出したい」と思うまでに日本を好きになった。

難民認定の高い壁

リヴィさんは現在、1回目の裁判中で3回目の難民認定申請中だ。

だが、日本の難民認定率は低いのが現状だ。2022年の難民認定申請者は3772人、認定されなかったことに不服がある人による審査請求は4461人。その中で難民に認定されたのは202人で認定率は約2%だった。0・3%以下だった5年前と比べると上がってはいるものの、認定率の高いイギリスは約70%、認定数の多いドイツは約20%と他国よりも低いことが分かる。

現在リヴィさんは、就労ができず移動制限もある「仮放免」中のため、月1回のカレー会もボランティアでの参加だ。次回は3月14日(木)の正午から。参加費は1500円と投げ銭。はつひのでのインスタグラムやフェイスブックから予約を。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  2. 元SEの店主が作る超本格的なスパイスカレーのお店が長崎市西山にオープン!【WOOLWICH (ウーリッチ)】

    ながさーち
  3. 【動画】ドールプレイヤー・ 門松桃永、銀座・知夢仁で北海道グルメをレポ!

    WWSチャンネル
  4. Porscheら、サーファーのために波高を計測できるドローンを開発。可能な限り大きな波でサーフィンするために

    DRONE
  5. DARPA、AI戦闘機と有人戦闘機の史上初ドッグファイトに成功

    DRONE
  6. 【動画】広瀬香美さんが門真市ふるさと大使に ららぽーと門真で就任式

    OSAKA STYLE
  7. FM802開局35周年!“ファンキー”な花火大会が万博記念公園で開催♪

    PrettyOnline
  8. ドトールの春の新作、美味しさに全振りした結果「映え」を完全に無視! 見た目はほぼコンクリだけど…

    ロケットニュース24
  9. もう限界…“妻を見限った”夫たち #3「『時間がほしい』と言ったら…」

    ウレぴあ総研
  10. あつぎ商和会 桜まつりに500人が来場 はとぽっぽ公園〈厚木市・愛川町・清川村〉

    タウンニュース