Yahoo! JAPAN

阪神大阪梅田駅に「5001形」ラッピングの宝くじ売り場が登場!?ドトールも車両部品で店内を装飾 その思いは……

鉄道チャンネル

5001形車両のラッピングが施される「阪神ドリームプラザ梅田店」イメージ(画像:阪神電鉄)

改良工事の続く阪神大阪梅田駅――

2024年3月12日(火)、西改札に駅ナカ店舗「ドトールコーヒーショップ阪神大阪梅田駅店」 「阪神ドリームプラザ梅田店」(宝くじ売り場) がオープンします。

どちらの店舗にも「青胴車」「ジェット・カー」の愛称で親しまれた5001形車両をモチーフとした装飾が施される予定です。ドトールコーヒーでは部品をアートとして内装に活用、ドリームプラザでは店舗外装に同車両のラッピングを施します。

ドトールコーヒーショップ阪神大阪梅田駅店 のアート 装飾(画像:阪神電鉄)

青胴車の部品活用やラッピングを行う理由について、両者のコメントは……

「ドトールコーヒーショップは『すべての今日を、支えていく。』というブランドスローガンのもと、人々の暮らしに欠かせないカフェを目指しています。鉄道も同じく人々の暮らしに欠かせないものであり、長年生活を支えてきた『青胴車』の部品を活用した店内壁面を新たな姿で飾るアート作品には、コーヒー片手にそれを眺め、何気なく当たり前のようにある存在の大切さに気付いてもらえたら、という想いが込められています」(ドトールコーヒーショップ阪神大阪梅田駅店)

「駅改良工事を経てリニューアルオープンする宝くじ売り場では、ラッピング装飾ができる店構えとしました。第一弾は、車両幅に近い間口を活かして、この『青胴車』をモチーフとした装飾をいたします。これからも、皆様の日常にワクワクと夢をお届けします」(阪神ドリームプラザ梅田店)

5001形は1977年から阪神本線で運行された車両。外装が「クリーム」と「ウルトラ・マリンブルー」のツートンカラーであることから「青胴車」の愛称で親しまれています。駅間距離が短い同社線で急行車両に追いつかれないよう、高加速・高減速の設計となっており、特に加速は日本の鉄道で最高水準を誇ることから「ジェット・カー」とも呼ばれています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 金賞を受賞した世界一のパフォーマンスも必見! ポートアイランドで「さくらサーカス 神戸公演」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 【ピザハット】欲望丸出し「ギルティ裏メニュー」。好評につき、新商品2品追加した第2弾始まったよ~

    東京バーゲンマニア
  3. 秋田・鹿角市の地元消防隊員が遭難者を捜索中…制服姿のまま「旬のタケノコ採り」をしていた

    日刊ゲンダイDIGITAL
  4. シェアサイクルステーション「HELLO CYCLING」使ってみた【松戸市】

    チイコミ! byちいき新聞
  5. 『ストレンジャー・シングス』シーズン5は、制御不能でクレイジー!ヴェクナ役ジェイミー・キャンベル・バウアーが明かす

    海外ドラマNAVI
  6. 神戸の老舗ベーカリー「ドンク」で『フランスフェア』が開催されるみたい。限定商品が8品登場

    神戸ジャーナル
  7. 俺たちのバイカースタイルスナップ。旧車編

    Dig-it[ディグ・イット]
  8. 【食パンがなくなるほどおいしい】カリッとサクサク!一口チョコパン

    BuzzFeed Japan
  9. うまい!肉好きランチにおすすめのトッピングが魅力な唐揚げ【旭川市】

    asatan
  10. 【スタンプラリー】北海カレー道!2024年がスタート!【道北エリア】

    asatan