Yahoo! JAPAN

家庭で余っている食品を持ち寄るための回収ボックスを設置 神戸市が市内2か所のリサイクル工房で新たに「フードドライブ」を実施

Kiss

『リサイクル工房あづま』に設置された回収ボックス

神戸市が市内2か所で運営している『リサイクル工房』で、「フードドライブ」のための食品回収サービスを5月1日より開始しました。

「フードドライブ」とは、家庭で余っている食品を集めて、食品を必要としている地域のフードバンクなどの生活困窮者支援団体・子ども食堂・福祉施設などに寄付する活動のこと。

リサイクル工房あづま(開館時間/10:00~17:00)※水曜日、木曜日は休館(当該日が祝日の場合は翌日休館)

同市では今回新たに『リサイクル工房あづま』(神戸市中央区)と『リサイクル工房ほくしん』(神戸市北区)の2施設に専用の「回収ボックス」を設置。施設の開館時間中に持ち寄った食品を入れると、市内の福祉団体などへ提供されます。

リサイクル工房ほくしん(開館時間/10:00~16:00)※火曜日、水曜日、金曜日は休館(当該日が祝日の場合は翌日休館)

回収を実施している食品には、以下の条件(すべてを満たすもの)が設けられているので注意してください。

①未開封のもの

②賞味期限まで1ヶ月以上あるもの

③常温保存のもの(冷蔵・冷凍食品以外)

④製造者または販売者が表示されているもの

⑤成分またはアレルギー表示のあるもの

⑥日本語表記があるもの

また、アルコール類(みりん・料理酒は除く)や手作りの品は回収の対象外です。

<記者のひとこと>
世知辛い世の中だからこそ、助け合いが重要。無理をする必要はありませんが、一人ひとりができる範囲で協力できると良いですね。回収ボックスが設置された『リサイクル工房』では、育児・子供用品、古本の引取・提供なども行われているので、そちらに興味のある方もぜひ足を運んでみてください♪

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 爆発した車の芳香剤で顔や目に火傷 医師が夏の使用に警鐘鳴らす(米)

    Techinsight
  2. 安いだけで買わない。食費が「少ない人」と「多い人」の“見切り品”の買いかたの違い【まんが】

    saita
  3. 佐野慈紀、心臓弁膜症の手術よりも不安なこと「転院が決まりました」

    Ameba News
  4. 渋めのハワイアンシャツ着てるレディはどう? 「SUN SURF」のハワイアンシャツ

    Dig-it[ディグ・イット]
  5. 自由ケ丘高校の生徒が地元企業と探究学習をスタート 混合チームで課題解決?【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  6. 板宿商店街内に自家製ジェラート店『gelatosea』が移転するみたい。サラダ・スープ食べ放題のハヤシライスも

    神戸ジャーナル
  7. 知ってそうで知らない【アジ・サバ・イワシの見分け方】意外な体の構造の違いとは?

    TSURINEWS
  8. 1日2組しか入れない割烹旅館「常磐館」 100年経ても色あせない美しさにうっとり

    Jタウンネット
  9. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年6月24日(月)】

    anna(アンナ)
  10. 犬が嗅ぐのに夢中になる『人間の部位』5つ クサイから?場所別でわかる愛犬の気持ちとは?

    わんちゃんホンポ