Yahoo! JAPAN

飯舘村に来たら行くべきはココ!おすすめスポット5選

日刊CJ

阿武隈高原の雄大な自然に囲まれた小さな村・飯舘村。特産品は、冷涼な気候が育んだ高原野菜や花き、ブランド牛「飯舘牛」 など。近年はU・Iターン者の活躍にも注目が集まっている。今回は飯舘村に来たらぜひ行きたい、おすすめのおでかけスポットをご紹介します。

亡き息子と村の復興を想い、夫婦で植え続けた祈りの桜

2022年、上空から撮影した桜並木と会田さん夫妻。中央の石碑は、2011年10月に征男さんが建てたもの。「復興の桜 村民の絆づくり」と刻み、復興への願いや、村民の絆をつなぐ桜になってほしいとの想いを込めた

飯舘村伊丹沢地区に、ソメイヨシノやオオヤマザクラなど数多くの桜が立ち並ぶ。管理するのは、同地区在住で元養蚕農家の会田征男さん・ツタ枝さん夫妻。26年前、自宅周辺の桑畑に桜の植樹を始めた。数年後、2人は長男を交通事故で亡くしてしまう。

「息子も一緒に植樹してくれていたんです。空から見てくれたら良いな、と思って植え続けました」と語るツタ枝さん。2000本に達した年、東日本大震災により全村避難に。避難後も村に通い、桜の手入れを続けた。そのことを知ったボランティアが全国から駆け付け、植樹を再開。桜は3000本に至り、『飯舘復興 三千本の桜』と呼ばれるようになった。力強く花開く桜は、まさに復興の象徴だ。

「桜を見て、心穏やかな気持ちになってもらえればうれしい」と征男さんは話してくれた。例年4月半ばに見頃を迎える。里山が薄紅色に染まる景色をぜひ見に行こう。

飯舘復興 三千本の桜

住所
相馬郡飯舘村伊丹沢笹ノ沢地内

問い合わせ先
飯舘村 村づくり推進課 商工観光係

お問い合わせ電話番号
0244-42-1620

リンク
https://www.iitate3000sakura.com/

飯舘村産食材にこだわった、季節感じる洋食を堪能

4月末まで提供する「行者ニンニクとベーコンのペペロンチーノ」(1000円)。サラダ、スープ、デザート、ドリンク付き

郡山市や福島市で経験を積んだ佐藤さんが、故郷・飯舘村にオープンしたレストラン『La Kasse(ラ・カッセ)』。提供する料理には、村産の食材をふんだんに使用。旬の食材に合わせて、定期的にメニューが新しくなるのも魅力だ。

この時期は、香りと食感が楽しめる行者ニンニクや、柔らかい春キャベツを使ったパスタが登場。仕入れ状況により、飯舘産黒毛和牛のハンバーグも提供する。

田舎レストラン La Kasse(ラ・カッセ)

住所
相馬郡飯舘村二枚橋字本町193-3

電話番号
0244-42-1228

営業時間
11:00〜15:00(14:00ラストオーダー)※夜(17:00〜20:00)は要予約

休み
毎週月・木曜日

駐車場
7台

備考
キャッシュレス決済/PayPay、メルペイ、d払い、他

週末カフェでゆったり。ラテやスイーツを堪能

メニューは随時変わり、楽しみも増える

2023年5月にオープンした古民家風のカフェ『コーヒーポアハウス』。週末カフェとして土・日曜日限定でドリンクやスイーツを楽しめる。

コーヒーや本格エスプレッソマシンで抽出したカフェラテ(600円)、モクテルなどのドリンクメニューはもちろん、飯舘村産の食材を中心に使ったスイーツも提供。メニューは時期によって変更あり。また、ラテアート教室などの開催も(予約制)。

コーヒーポアハウス

住所
相馬郡飯舘村草野字大師堂65

電話番号
なし(Instagramにて問い合わせを)

営業時間
【土・日曜日のみ営業】12:00〜17:00※営業時間変更の場合あり。Instagramにて確認を

駐車場
あり

リンク
https://www.instagram.com/coffee_pourhouse/

備考
キャッシュレス決済/PayPay、VISA、他

飯舘村の草花を使った色鮮やかなキャンドル

工房でキャンドルを展示・販売。気軽に立ち寄れる。色とりどりの作品にぜひ癒やされて。なお、4月頃営業再開予定

カスミソウやスターチスなど生花業が盛んな飯舘村。『工房マートル』では、村産の季節の草花を使ったボタニカルキャンドルやアロマキャンドルを展示・販売。キャンドル制作のワークショップ(事前予約制)なども人気を集めている。

工房マートル

住所
相馬郡飯舘村飯樋字原361

電話番号
なし(Instagramで問い合わせを)

営業時間
【金・土曜日】10:00〜16:00
【日曜日】10:00〜15:00

休み
臨時休業あり

駐車場
あり

リンク
https://www.instagram.com/atelier.myrtlee/

備考
キャッシュレス決済/PayPay、d払い、他

どこか懐かしくほっとする家庭料理に舌鼓

昔から村で食べ継がれてきた保存食の「凍み餅」や福島県内第1号の「どぶろく特区」 で誕生した「どぶちぇ」も味わって

店名にもなっている“ちえこ”ばあちゃんが作る家庭料理を提供する『農家レストラン 氣まぐれ茶屋 ちえこ』。飯舘村で採れた新鮮な米や野菜を使った煮物や和え物、常磐ものの魚介を使った天ぷらなどを堪能できる。来店の際は5日前までに要予約。

農家レストラン 氣まぐれ茶屋 ちえこ

住所
相馬郡飯舘村佐須字佐須200

電話番号
0244-42-1303

営業時間
【毎週火・水・木曜日営業】11:00〜15:00※5日前までの事前予約制

駐車場
約10台

おすすめの記事

新着記事

  1. フードコートやBBQ場が新設され、さらに充実! 垂水区の『三井アウトレットパーク マリンピア神戸』が11月の開業を発表 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 【その声掛け、大丈夫⁉】“男らしい”“女らしい”って決めつけていませんか? 親が知っておくべき「ジェンダー」のこと[専門家監修]

    こそだてまっぷ
  3. 「真紅の霜降りに魅せられて」(すき楼/長野市)食いしんぼう塚田兼司のこれが旨い!

    Web-Komachi
  4. 空港でスーツケースのサイズを超過した男性、追加料金を払いたくないため仰天行動に(スペイン)

    Techinsight
  5. バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切さ」を失った日本人にも警鐘を鳴らしている、台湾映画『オールド・フォックス 11歳の選択』という庶民の物語

    コモレバWEB
  6. 名鉄、西尾・蒲郡線の6000系ワンマン車両に5500系イメージの復刻塗装 7月運行開始

    鉄道チャンネル
  7. 【高知グルメ】蕎麦じゃなくてSOBA!?個性あるガッツリ系メニューが豊富な「GOKU-TUBUSHI」ほっとこうちオススメ情報

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  8. DJI、DJI Mavic 3 Enterpriseシリーズの新ファームウェアを公開

    DRONE
  9. 【紀ノ国屋】夏レジャーや旅行に重宝!中身が透けすぎないクリアバッグがかわいい♪【ポーチもあるよ】

    ウレぴあ総研
  10. 日本の伝統芸能に中学生たちがチャレンジ 浜脇小学校で「第16回 西宮・浜脇のふるさとづくり『えびすかき』から『人形浄瑠璃』へ」開催 西宮市

    Kiss PRESS