Yahoo! JAPAN

写真でまちの記憶を継承 「どこコレ?」写真展〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

昔の写真に情報を寄せる参加者ら

レアールつくの商店街で4月6日に行われたマルシェ「つくまる」で、ちょっと変わった写真展が開かれた。

その写真展は、「写真で残す街の記憶『横浜鶴見』どこコレ?」。いつどこで撮影されたか分からない、昔の鶴見の写真が展示され、来場者たちが知っていることや思い出を付箋紙に書き出し、その情報などをもとに撮影された場所を確定していくもの。

この写真展の手法は、宮城県仙台市で過去の写真や映像の収集・保存を行うNPO法人が発案したもので、全国に広がっている。

まちの記憶の継承を目的としているもので、当日はプレ展示会として実行委が6枚の写真を用意。稚児行列が商店街を歩く様子や、幼稚園の卒業式のような写真、「キンダークラブ鶴見」と名称のあるビルの写真などが飾られ、懐かしそうに写真を見る買い物客たちから「これは、あそこだね」「この隣に〇〇ってお店があってね」など、次々に情報が寄せられた。

つくまるの主催者、合同会社ふくわらいの木村郁子さんは「2027年に区政100周年を迎える鶴見区。昔の写真を皆で語り合い、変わりゆくまちの記憶を残していきたい。今後もイベントなどで写真を集めてアーカイブ化し、100周年の際には冊子にできたら」と語った。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【浅草で人気】世界中からバックパッカーが集まる「サクラホステル浅草」に泊まってみた / 朝食付き1泊3500円!

    ロケットニュース24
  2. 「水のある風景」テーマに写真展

    赤穂民報
  3. 声優・小野賢章が富田美憂に“ヤキモチ” 「羨ましすぎる‥」 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  4. 【京都洋食】銀閣寺から徒歩圏内!長年愛されてきた町の名店「キッチンなかお」

    キョウトピ
  5. 【京都】人気のお店が続々進出! 2024年にオープンした一度は訪れたいお店4選

    anna(アンナ)
  6. メガネ姿の小野賢章 「嫌わないで!」と役が“憑依” 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  7. 【ホロライブ】『hololive GAMERS fes. 超超超超ゲーマーズ』テーマソング『We are GAMERS !!!!』が配信開始! 会場で楽しめるコラボフードも発表 【今週の人気記事】

    PASH! PLUS
  8. 【動画】レースクイーン・広瀬晏夕、K-1ガールズ2024就任で思いを語る!

    WWSチャンネル
  9. 【大津】「琵琶湖ホテル」で絶景を望むルーフトップBBQがスタート!

    PrettyOnline
  10. Ado『ROCKIN’ON JAPAN』2024年7月号表紙巻頭特集に登場!叶えた夢、そして残された夢を語る!

    WWSチャンネル