Yahoo! JAPAN

ボートエギング釣行でキロオーバーの良型アオリイカ連打【三重・南伊勢】

TSURINEWS

アオリイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

今シーズンの三重県・志摩、南伊勢エリアは、春先からボートエギングでアオリイカが好調だ。遊漁船では3kgオーバーも釣れており、現在は水温も上昇し湾内でも手軽に楽しめている。そんな大型を求めて釣友のボートに乗船し、3人で5月2日の早朝に南伊勢町の礫浦(さざらうら)漁港から出船した。

南伊勢でボートエギング釣行

午前4時50分に出船。水深10m前後の浅場を中心に探っていく。タックルは、7.8フィートのエギングロッドにスピニングリール、エギも3.5号のノーマルエギを選択。まさに陸っぱりエギングスタイルだ。

ちなみに私の場合、狙う水深によりタックルを変更し、15m以上の水深であればティップランスタイル。15m以下の浅場であれば、今回のようにキャスティングスタイルで磯周りや岸際、藻場などのストラクチャー周辺を、キャストして広範囲に探るスタイルだ。

当日のタックル図(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

1kgアップの良型アオリ登場

この日も手返し良くポイント移動を繰り返し、船長の「水深10mでーす。どうぞ」とのアナウンスの声で、自分がキャストする着水地点での水深をイメージし、エギの沈下速度はざっくり3秒1mで換算する。

着水地点が5mであれば15秒、7mであれば21秒カウントを数えて、エギを沈めていく。その後はシャープにラインをたたくイメージでロッドをあおり、3~4回シャクってエギをダートさせる。次の抱かせの間となるフォールでは、ラインを張らず緩めずの状態で変化に注視する。

すると、日が昇りきった7時ごろから時合いに突入。ラインがクゥーーッと引っ張られ、バシッとアワセを入れるとギュンギュンと力強いジェット噴射が開始。海面に姿を現したのは、1kgアップのこの時期らしい良型だった。

1kgアップの良型登場(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

複数安打成功

その後も、手元にパチンッとたたかれたような衝撃が伝わり、アワセを入れるが空振り。しかしそこで再度ロッドをあおって誘い直して、次のフォールでドスンッ。手感度に加え、誘い直しでヒットさせた納得の展開で2匹目。

そしてお次は少々移動して、海面に吸い込まれていくラインがブルブルッと震える。もちろん、その違和感を見逃さず目感度で捉えて3匹目。エギングの醍醐味である、「手で感じて目でも捉え、エギをしっかりと操作して抱かせる」といった、エギングの魅力が詰まった展開となった。

釣友も良型キャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

もちろん、乗船者である船長や釣友も良型をキャッチ。釣果も大満足となったことで、正午前に納竿とした。今後も湾内はもちろん、堤防などからも安定的に釣果が期待でき、例年通りであれば、梅雨時期まで大型が期待できる。

当日の船中釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

<週刊つりニュース中部版APC・橋本広基/TSURINEWS編>

【関連記事】

おすすめの記事