Yahoo! JAPAN

㈱東芝 川崎に本社を集約 市長「連携さらに進化」〈川崎市宮前区〉

タウンニュース

(上)スマートコミュニティセンター(下)ベンチに東芝の歴史が刻まれた桜の木

東芝の本社が、JR川崎駅近くの川崎本社「スマートコミュニティセンター」(幸区堀川町)に集約されることになった。5月16日に東芝が公表した2024年度からの中期経営計画に、収益改善の柱として盛り込まれた。人員削減を伴う組織改編の一環だが、川崎は前身の「東京電気株式会社」ゆかりの地。市長も「連携を進化させる」と期待感をコメントに込めた。

東芝本社は東京都港区のJR浜松町駅前とJR川崎駅西口の2カ所にあるが、中期経営計画によれば、東京の本社機能を25年度上期までに川崎の「センター」内に一本化する。現状で「センター」では約9千人、浜松町では約900人が勤務しており、集約する来年後半には約1万人態勢となる。

東芝と川崎の縁は深く、1908年に前身の東京電気株式会社が、現在の「センター」と「ラゾーナ川崎」のある一帯に川崎工場を開設した。39年に芝浦製作所と合併して「東京芝浦電気(現・東芝)」となって以後は「東芝堀川町工場」と呼ばれ、この地で電球や真空管、半導体などの画期的な新製品や新技術が生み出された。

06年の再開発で一帯が商業地域となったが、随所に工場の遺構が残された。「東芝ブラウン管発祥の地」と刻まれた記念碑や、明治期から工場の歴史を見守り続けた桜の木、工場の守り神として島根県の出雲神社から分祀された神社などが、ラゾーナ川崎や「センター」2階の「東芝未来科学館」の敷地内に点在する。「未来館」広報担当の木下成雄さんは「見つけにくいものもあるが、ぜひ探してみて欲しい」と話す。

市としても、水素エネルギーの実証実験やスマートコミュニティーの実現に向けた協定を締結し、官民で取り組みを続けてきた。

16日の発表を受け、福田紀彦市長は「連携をさらに進化させ、地球規模の課題解決に向けた様々なイノベーションが、ここ川崎から次々と生み出されることを期待します」とコメントを発表した。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「妹ウサギをお世話する兄猫」にしか見えないけど... 獣医師が語る〝ウサギのホンネ〟が意外すぎた件

    Jタウンネット
  2. 別れた元夫とマッチング成立! デートして確信、ガチで復縁したい44歳女性の心痛【冷酷と激情のあいだ〜女性編~】

    コクハク
  3. 妊娠妻の電話に出ない…いまだ夢見る漫画家志望の夫とワンオペ妻の軋轢【吉祥寺の女・林絵里奈32歳 #1】

    コクハク
  4. 8年前に“ゆるFIRE”した男が思う。新NISAより確実なリターンを得るなら「自分自身への投資」を

    コクハク
  5. 曹洞宗の古刹で楽しむ子ども縁日やワークショップ♪ 小野にある聖徳寺で「流しそうめん&夏まつり」開催 三田市

    Kiss PRESS
  6. 【Zoff × ディズニー】ケース&メガネ拭きまで超かわいい!良デザイン多数の新作をチェック♪

    ウレぴあ総研
  7. ニューヨーク・タイムズにも紹介された山口祇園祭 さまざまな神事・行事が7月20日から27日まで

    サンデー山口
  8. 小学生の自分に会えるかも!?大久保小学校旧校舎思い出ツアー【習志野市】

    チイコミ! byちいき新聞
  9. 「奈良中心街3か所」でイベント開催!「バブルショー」や「スカイランタン®︎」もあり!「JCI KINKI FESTA2024」開催

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  10. 話題の「オニヤンマくん」作りなど8つの体験プログラムを用意! しあわせの村で「夏休み工作塾」開催 神戸市

    Kiss PRESS