Yahoo! JAPAN

「しおさい」に導入E259系 乗って分かる現行255系と違う点とは

鉄道ホビダス

text & photo(特記以外):鉄道ホビダス編集部

ここにきて「N’EX」ロゴのないE259系新塗装が登場し、話題となった。

 登場以来、臨時を除き定期列車としては一貫して「成田エクスプレス」の運用に就いていたE259系。ですが、昨年末のダイヤ改正発表で総武本線の特急「しおさい」への投入が発表されました。現在使用されている255系とはどういった点が違うのか、実際に「成田エクスプレス」として運用されているE259系に乗車してみることにしました。

【写真】E259系の車内探検!空港特急らしい充実の設備を写真で見る

■これは大きい!コンセント・Wi-Fi完備!

 やはり利用客目線で一番変わるのは各座席のコンセント設置と車内フリーWi-Fiの完備でしょう。「成田エクスプレス」で提供されていたこれらのサービスは、「しおさい」でも継続して使用可能なことが公式から発表されているので、一番期待ができるポイントではないでしょうか。

 E259系のコンセントは肘掛けにあるタイプで、ケーブルが長くなくても問題なく使えそうです。フリーWi-Fiの接続は座席背面テーブルにステッカーで案内されており、その手順に沿うことで接続ができます。ちなみに東京から銚子まで、「しおさい」利用だと2時間ほど。作業するには丁度良い時間と言えそうです。

■豊富な荷物室

 実は255系にも荷物室は存在していましたが、E259系は空港アクセスを目的に造られた車両ということで、かなり本格的な荷物室が備わります。各号車に必ず備え付けられており、スーツケースは余裕で入るサイズで、かつワイヤーによってロックもできることからセキュリティ面でも安心して荷物を預けられるのが利点です。

■ディスプレイによる列車案内

 また、レイル・ファンとして気になるのはデッキや車内天井に設置されている案内ディスプレイでしょう。もちろんこちらは255系にはない装備です。現在「成田エクスプレス」では空港アクセス特急らしく、他言語による列車の走行位置の案内や広告、次駅案内などが「N’EX」のロゴとともに表示されています。
 通勤電車で見られるディスプレイだと、転属した場合はその路線のものに当たり前ながら変更されます。すでに試運転の段階で「成田エクスプレス」運用時と同様のデザインで表示されているのを、車両外からの目撃情報が上がっていますが、今回「しおさい」に投入するにあたりこのディスプレイはどのような表示をするのか注目です。

■今後が気になる枕カバーのデザイン

 さて、塗装変更が行なわれているE259系ですが、昨年末頃より、一部の車両では「N’EX」ロゴが省略された塗装も登場し話題となりました。これも「しおさい」導入のための誤乗防止のためとも言われていますが、現在のE259系の枕カバーは「N’EX」ロゴを配した赤いものです。ですが、JR東日本公式のパンフレットではグレーの枕カバーが取り付けられているイメージ画像が使用されており、今後「N’EX」ロゴ入り枕カバーは消えるのかどうかも気になるポイントです。なお、255系に関しても搭乗時は「VIEW」のロゴを配した専用のものが使われていましたが、現在は白地のものに交換されています。

■他にもある255系とは異なる設備

 255系2次車の荷棚裏を見上げると、2つの読書灯がありました。付けてみると電球色の柔らかい灯で座席を照らしますが、E259系ではこの装備はありません。逆に、同じ荷棚裏には送風機が設置されており、自分の席へ風を送ることができます。これも近年の特急車ではよく見られる装備の一つでしょう。
 また、各デッキには跳ね上げ式の補助席が設置されているのもE259系ならでは。相当混み合うか、特別な事情がない限りあまり使うことはないかもしれませんが、特徴的な設備の一つでしょう。

 JR化以降、広域転配というものもまずなくなり、ほとんどの特急車両がある程度決まった地域の決まった列車にほぼ専属で運用することが当たり前になりました。その結果、ヘッドマークによる列車愛称名の表示は姿を消し、ロゴステッカーやカラーリングでそれぞれの特急の個性を各社打ち出す傾向が増えてきました。
 今回のE259系に関しても、253系から続く「成田エクスプレス」のイメージをロゴとカラーリングで表現していましたが、今回の「しおさい」登板に前後して塗装変更が実施され、幅広い活躍が期待されています。

 とはいえ、やはりこのカラーリングの持つ「成田エクスプレス」のイメージは強いものがあります。E259系は今後の房総地区を走る特急の顔となっていくのか、2009年10月の登場以来の大変革を迎えようとしています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【京都ランチ】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

    キョウトピ
  2. 【西条市・ひなのや 丹原本店|耕】静かな隠れ家でかき氷とポン菓子を食べたい!

    愛媛こまち
  3. 「怪獣8号展」 4つの展示エリアイメージ解禁 曜日ごとのスペシャルイベント情報も

    SPICE
  4. 【チェーン店のかき氷食べ比べ2024】今年のガストは持ち帰りOK! パチパチアメが楽しい縁日みたいなかき氷

    ロケットニュース24
  5. 学資保険と新NISA、教育資金積み立てるならどっちがおすすめ?

    mymo
  6. “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンを甥のジャファーが演じる アントワン・フークア監督による伝記映画『Michael』日本公開が決定

    SPICE
  7. 【奈良】曽爾高原で星空観賞を!「ペルセウス座流星群」イベント開催

    PrettyOnline
  8. 【上野】「1泊1980円ホテル」に1年ぶりに泊まってみた / 以前と変わったところがあるかどうか調べてみたら…

    ロケットニュース24
  9. 東京純心女子学園 卒業生ラランドサーヤさん講演 社会で活躍する女性として

    タウンニュース
  10. 本格的な茶道体験会 7月21日 町田市文化交流センターで

    タウンニュース