Yahoo! JAPAN

【静かなのにハイパワー】布団からこんなにゴミが…!気持ちいいほど取れる「史上最強クリーナー」使ってみた

ウレぴあ総研

アイリスオーヤマの布団クリーナーを愛用している筆者が、“史上最強モデル”とうたわれているハイパワー布団クリーナーを従来品と徹底比較します。

【全画像】従来品と比べて良いところは?「史上最強クリーナー」で掃除してみた

布団のダニなどのアレル物質がどのくらいとれるのか、効果のほどや使いやすさなど詳しくレビュー。

従来品で価格を抑えるのと、高価な上位モデルを購入するのではどちらが費用対効果に優れているのかなど、独自の分析結果を詳しくお伝えします。

アイリスオーヤマ 布団クリーナー FCA-22H-Cをレビュー!

今回購入したのは“アイリスオーヤマ史上最強モデル”とうたわれている「布団クリーナー ハイパワー FCA-22H-C」。

ダニなどのアレル物質を撃退でき、3分間で99%以上(※ダニ由来のアレルゲンを含むハウスダストを想定したテストダストを用いた、アイリスオーヤマでの評価結果)のハウスダストを除去できるそう。

たたき回数は約14000回/分で、筆者の所持しているモデルの約6000回/分と比べると桁違いであることがわかります。

アイリスオーヤマ公式では15180円で販売されていますが、Amazonでは11990円で入手できました。(※2024年3月時点。編集部調べ)

対して、筆者が約4年前に購入したのは「超吸引布団クリーナー IC-FAC2-W」です。

現在は廃盤となっていますが、Amazonなどで購入できます。

今回紹介する“史上最強モデル”のおおよそ半分近い価格で、手頃に購入できるのが魅力です。

ほかにもさまざまなモデルがありますが、今回はこちらを従来品として比較していきます。

自宅にある従来品と比較!

まず大きさですが、ハイパワーモデルは従来品と比べて全体的に一回り大きめです。重さも600gほど重くなっています。

【布団クリーナー ハイパワー FCA-22H-C】
収納時サイズ:幅約30×奥行約16.7×高さ約42cm
重量:約2.2kg(電源コード含む)

【従来品:超吸引布団クリーナー IC-FAC2-W】
収納時サイズ:幅約25×奥行約14.4×高さ約40.3cm
重量:約1.6kg(電源コード含む)

ヘッド幅がワイドになり掃除しやすく

ヘッド幅は5cmワイドになり、ヘッド部分の大きさは従来品より各段に大きく見えます。

布団を往復させる回数が少なくなるので、クリーナーをかける際の負担は軽減できそうです。

布団とマットレスを掃除!ゴミはどれだけ取れる?

早速、「布団クリーナー ハイパワー FCA-22H-C」で敷布団とマットレスを掃除してみます。

ごみの量によって、ダストボックス部分のランプが緑→黄→赤と変化する仕様は従来品と同じです。

できるだけ同じ条件になるように、布団2セットの半面ずつをそれぞれのクリーナーで掃除しました。フィルターを外して取れたごみを見てみると、どちらもすごい量…!

見た目としては、ごみの取れ方に大きな差はなさそうです。

新しい「布団クリーナーハイパワー FCA-22H-C」は、購入時に使い捨てフィルター25枚が付属しています。

しかし、どうしても細かなチリやダニは不織布のフィルターを通り抜けてしまうようで、外して捨てるだけという手軽さはあまり感じられませんでした。

でも、大きなホコリは使い捨てフィルター部分にとどまってくれるので、フィルター掃除は少しラクです。

たたき回数アップ!

たたき回数は、従来品の6000回/分から倍以上の14000回/分にアップしていますが、使用時に発生する音は新製品の方が静かです。

従来品の「標準モード」の音と、ハイパワーモデルの「ターボ」の音が同じくらいというイメージで、騒音はかなり抑えられていることがわかります!

[商品仕様]
●使用時サイズ:幅約30×奥行約50.1×高さ約21.8cm
●収納時サイズ:幅約30×奥行約16.7×高さ約42cm
●質量(電源コード含む):約2.2kg
●コードの長さ:約4m
●セット内容:クリーナー本体、使い捨てフィルター×25枚(1枚は本体にセット済み)
●別売り消耗品:使い捨てフィルター(25枚入り):CF-FT1/集じんフィルター(2個入り):CF-FS2/排気フィルター(2個入り):CF-FH3

アイリスオーヤマの最新モデル「布団クリーナー ハイパワー FCA-22H-C」と、筆者が4年前に購入した「超吸引布団クリーナー IC-FAC2-W」を比較しました。

価格や製造年も異なるので単純比較はできませんが、どちらも「布団のチリやダニを取り除く」という本来の目的においては十分の性能を発揮してくれました。価格や騒音など両方の機種のメリット・デメリットを理解して自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

例えば、1~2人暮らし、収納スペースが少ない場合や使用頻度が高くない場合や費用を抑えたい場合は従来品、集合住宅で夜間に使用するなど騒音が気になる場合や、使用頻度が高かったり家族の人数が多い場合は掃除の負担が減らせる最新モデル「布団クリーナー ハイパワー FCA-22H-C」がおすすめです。

ぜひチェックしてみてくださいね!

※価格は2024年3月時点のもの。サイトにより異なる場合があります。
※商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。
※価格・デザイン・種類数は変更となる場合があります。

(ハピママ*/Nami)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. グランドニッコー舞浜が4周年「4thアニバーサリースイーツブッフェ」開催

    あとなびマガジン
  2. スガキヤ大須店が”昭和レトロ”にリニューアル!昔懐かし限定・復刻メニューが楽しめる

    NAGOYA.
  3. 今年もあいつがやってくる…奈良市「なら100年会館」で恐怖と感動の「稲川淳二の怪談ナイト」

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  4. fox capture plan、コミックス累計発行部数1,750万部突破『【推しの子】』実写映像の劇伴音楽を担当

    SPICE
  5. 弱者男性は男性社会のどこにいる? 女性への「差別的行動」や「ミソジニー的考え」が発生する場所とは

    毎日が発見ネット
  6. 滑り台を家に取り入れると?子どもが喜ぶリビングのお家をルームツアー

    リブタイムズ
  7. 40代キャリア女性が即効性の高い投資をするなら、エステとホテルスイーツが鉄板?

    新しい働き方メディア I am
  8. 2024年5月30日オープン 京都ぷりん堂

    京都速報
  9. 『エリザベスカラーがとれた猫』はしゃいでいたら…柴犬が一緒に喜ぶ光景が尊すぎると67万8000再生「愛情と優しさ」「感動した」の声

    ねこちゃんホンポ
  10. 【ユニクロ】何枚も欲しくなる……!《セール価格》トップス

    4yuuu