Yahoo! JAPAN

「在来種の放流」に見直しの動き 遺伝子汚染のリスクや逆効果になるケースも

TSURINEWS

(提供:PhotoAC)

しばしば「美談」として語られがちな「魚の放流」。しかし近年、その害の大きさについて注目が集まり始めています。

「在来種の放流」に「待った」

先日、北海道で「魚の放流」に関する非常に注目すべきルールが策定されました。それは「魚の放流を行う市民団体に対し、放流を行う前に相談することを義務とする」というものです。

放流を控えたサクラマスの稚魚(提供:PhotoAC)

北海道ではマス類などの淡水魚を釣ったり、環境教育の資材とすることが非常に盛んで、しばしば釣り団体や市民団体による放流活動が実施されています。今後は放流に際して、事前に道や道立の研究機関に相談することが必要となるそうです。

これまでも、特定の外来魚の放流を禁止するルールは存在しましたが、今回のルールは「在来魚の放流も含む」ものとなっているのが特徴です。

在来種なのになぜダメ?

北海道に限らず、資源量増加などを目的とした魚の稚魚の放流は各地で実施されています。どちらかというと「環境を守る」ために行われているイメージがありますが、なぜ「相談が必要」になるのでしょうか。

サクラマスの幼魚(提供:PhotoAC)

実は、河川への魚の放流は、仮にそれが在来魚であろうとも負の影響が大きく、あまり勧められる行為ではないということがわかってきたのです。

もし放流が行われると、一時的に生息密度が高くなるものの、その環境が育むことができる資源量を超えてしまうことから餌の奪い合いや共食いなどが発生し、結果としてもとよりも資源量が減ってしまう、ときには絶滅してしまう可能性があるということもあるのだそうです。

「放流」はハイリスクローリターン

上記の点以外にも、放流が環境に悪影響を及ぼす理由があります。それは「遺伝子汚染」です。

河川の魚たちは、閉鎖的な環境の中で独自の進化・適応を行ってきたものがあり、河川ごとに固有の遺伝情報を持った個体群があります。しかし、放流によってある個体群が別の河川に移入されてしまうと、もともといた個体群と交雑し、全く別の遺伝子情報を持った個体群が生まれてしまいます。

アマゴの遺伝子汚染も深刻(提供:PhotoAC)

生き物たちは「遺伝的な多様性」によってちょっとずつ形態を変化させ、大量絶滅などの非常事態に備えていると言われています。放流はこの多様性を容易に破壊し、絶滅のリスクを高めてしまう行為といえます。

いずれにしても「自然のため」を思って行う行為のはずの「放流」は、結果として全く裏目に出てしまう可能性が高いのです。今回の道のルール策定は専門家から好意的に注目されており、他の自治体も追随していくべきだと考えられています。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【神戸】フレッシュなフルーツたっぷり!初夏限定の爽やかパフェ&フロート

    PrettyOnline
  2. BABYMONSTER、「SHEESH」パフォーマンスビデオが1億ビューを突破!グループ通算4回目の億台ビュー!次世代「YouTubeクイーン」存在感刻印!

    WWSチャンネル
  3. 金沢ゴーゴーカレースタジアム初のドローンショーを実施!2024年7月6日(土)・7月20日(土)

    DRONE
  4. SAM考案の “健康ダンス” 振り付け間違えて「ごめんなさい」 映画『お終活 再春!人生ラプソディ』&楽天シニア青春フェスティバル2024

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  5. 会社にとっての「副業人材」活用のメリットは? 3位「自社にないスキルの活用」、2位「即戦力になる」、1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  6. いつか来る「親の家の片付け」。子どもが早いうちに知っておいた方が良いこと

    ウレぴあ総研
  7. 「歯みがき粉」で汚れが落ちてピカピカになる“意外な場所”とは【知って得するお風呂掃除術】

    saita
  8. アラフォー女子が垢抜ける!今マネすべきボブヘア5つ〜2024初夏〜

    4yuuu
  9. 会社にとっての「副業」デメリットは? 3位「ノウハウや機密情報の流出」、2位「社員が副業先に転職」、1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  10. 【リアル給与明細】35歳、児童指導員。手取り20万以下で生活が厳しい……【FPが解説】

    4yuuu