Yahoo! JAPAN

「大磯小桜会」が発足 苗木など配布し20年〈大磯町・二宮町・中井町〉

タウンニュース

大磯小桜会の発足当日の様子(同会提供)

大磯町の桜「大磯小桜」の苗木を配布するなどして普及活動を行ってきた齊藤廣昭さんが1月7日、これまで活動を共にしてきた仲間たちと「大磯小桜会」を発足させた。大磯小桜は2020年に園芸品種登録され、大磯を中心に約160本が植樹されている。

大磯小桜は、齊藤さんが福島県福島市瀬上町の実家の桜を大磯でも咲かせようと苗木を育てたもの。「変わった桜だと思っていた」と齊藤さんが振り返るように、小さく可憐な花が枝に絡みつくように密生して咲く姿が特徴だ。齊藤さんが20年以上前から育成に取り組み、2020年に公益財団法人日本花の会により新たな園芸品種に認定された。例年、苗木を無料配布しており、管理などは町内で造園業を営む同会の辻丸宜邦さんが協力している。

会を発足した経緯には、「孫の代まで、何十年と『大磯小桜』を引き継ぎたい」という思いが込められている。齊藤さんは「桜はどうしても開花までに時間がかかるもの。最盛期を迎えるまでには何十年もかかるかも。一番最初に植えた大磯運動公園の大磯小桜がちょうど今年あたり綺麗に咲き揃うと思うので楽しみ」と笑顔を見せていた。開花は3月下旬。

問い合わせは、齊藤さん【携帯電話】090・1254・4060、辻丸さん【電話】0463・73・4919。

おすすめの記事

新着記事

  1. 食材の寿命のサイクルの中で生かし、生かされ、チャーハンを食う(フリーランサー・稲垣えみ子)【あの人のチャーハン】

    NHK出版デジタルマガジン
  2. 直近15戦のOPSは「1.206」、4月に入って息を吹き返した大谷翔平 二塁打はMLBトップ、安打数もトップタイに浮上

    SPAIA
  3. 日本海コウイカシーズン開幕【京都】短時間のエギング釣行で本命を4ハイキャッチに成功

    TSURINEWS
  4. アメリカ〜警察犬に代わって活躍するロボット犬たち 初めての銃撃された事件も

    わんちゃんホンポ
  5. 猫の「お腹の柄」の不思議 お腹が黒くて背が白い猫はいないのはなぜ?

    ねこちゃんホンポ
  6. 【香川〜岡山】愛犬と巡るアート・絶景・グルメを楽しむおすすめスポット6選

    旅行メディア「itta」
  7. SPFとPAだけじゃない!? 釣り場における日焼け止め選びのポイントとアフターケア

    WEBマガジン HEAT
  8. Anduril社の超大型水中ドローン「Ghost Shark」、オーストラリアで初公開

    DRONE
  9. 100均・ニトリの収納テク!もう迷わない「活用してきれいキープ」捨てない鍋やおもちゃも見事陳列!

    SASARU
  10. 【2024最新】奈良の人気カフェ30選!おすすめの町屋カフェやレトロ喫茶店

    PrettyOnline