Yahoo! JAPAN

新幹線時代に向けたまちづくりへ! JR西日本グループと小松市が地域振興で連携(石川県小松市)

鉄道チャンネル

連携協定を示す宮橋小松市長(中央)、漆原JR西日本金沢支社長(左隣)ら(写真:小松市)

2024年3月16日の北陸新幹線金沢~福井・敦賀間延伸開業が秒読み段階になり、沿線まちづくりが加速する。

金沢を発車した新幹線が最初に停車する小松では、JR西日本と石川県小松市、NOTE、JR西日本イノベーションズ、ジェイアール西日本コンサルタンツの5者(社)によるまちづくり連携協定が結ばれ、公民タイアップの持続可能な地域振興がスタートした。

石川県南西部の小松市は人口約11万人。同市創業の建設機械メーカー・小松製作所(コマツ)で知られる産業都市で、食や自然計画などの観光資源も豊富だ。市内には小松空港があり、市は空陸の交通結節点としての地域づくりに乗り出す。

5者の連携協定締結は2024年2月28日。具体的メニューは観光振興・経済活性化、遊休資産の利活用、移住・定住・交流人口拡大進、公共交通の利用促進、駅・駅周辺の魅力向上など。

JR西日本とグループ2社は、鉄道の利用促進や地域素資源の情報発信、駅周辺のにぎわい創出に努力する。

兵庫県丹波篠山市に本社を置くNOTEは、2009年設立のスタートアップ(ベンチャー)企業。古民家再生に実績を持ち、歴史資源を活用した観光振興などに努める。

小松市役所でのセレモニーには、JR西日本の漆原健常務理事・金沢支社長、小松市の宮橋勝栄市長、NOTEの藤原岳史代表取締役らが出席、協定書にサインした。

記事:上里夏生

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山手線・駒込駅徒歩30秒】1泊3500円の露天風呂付き「カプセル&サウナ ロスコ」に泊まってみたら…ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思い出した

    ロケットニュース24
  2. 榎木淳弥と諏訪部順一が『呪術廻戦』展の音声ガイドを担当 渋谷ヒカリエとのコラボも決定

    SPICE
  3. AMEFURASSHI、新曲「イニミニマニモ」ダンスプラクティス映像公開!

    Pop’n’Roll
  4. 【#北九州下関フェニックス】首位攻防の3連戦は1勝2敗に 首位はかろうじてキープ(2024年6月14日~16日)

    キタキュースタイル
  5. 「堅あげポテト」を食べたことがない42歳、人生で初めて食べた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 【動画】大阪・関西万博300日前記念イベント「あべてんフェス」で奈良市の魅力紹介

    OSAKA STYLE
  7. TEAM SHACHIが6年ぶりTIFのステージに登場 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024』出演アーティスト17弾を発表

    SPICE
  8. くノ一今季初の3連勝 愛媛Lに2‐1 なでしこ1部

    伊賀タウン情報YOU
  9. 【女性編】離婚後のひとり暮らしで実感した“自由と寂しさ”のリアル #4「我慢できなかった結果…」

    ウレぴあ総研
  10. 早見あかり 3歳の娘が“違和感”を 「何でママがドラマに?」 映画『Ultraman: Rising』特別上映会

    動画ニュース「フィールドキャスター」