Yahoo! JAPAN

「もっとビル・マーレイ!もっとジャック・ニコルソン‼」“名優の憑依”求められたサム・ロックウェルが明かす『ARGYLLE/アーガイル』の驚くべき役作り秘話

映画評論・情報サイト BANGER!!!

「もっとビル・マーレイ!もっとジャック・ニコルソン‼」“名優の憑依”求められたサム・ロックウェルが明かす『ARGYLLE/アーガイル』の驚くべき役作り秘話

『キングスマン』や『キック・アス』などの人気 シリーズで知られるマシュー・ヴォーン監督の最新作『ARGYLLE/アーガイル』が、2024年3月1日(金)より全国公開。ヴォーン監督の独特な感性と演出によって描かれた本作は、痛快でスタイリッシュなスパイ映画に仕上がっている。

このたび本作メインキャストの一人であり、「役作りに髪と髭を2年間伸ばした」という独特の風貌だけでなく、錚々たる”名優の憑依”を求められたというサム・ロックウェルが、ヴォーン監督からの“驚きの演出”を明かしてくれた。

『ARGYLLE/アーガイル』© Universal Pictures

サム・ロックウェル「役作りのために2年間かけて髪と髭を伸ばした」

『ARGYLLE/アーガイル』の劇中、作家エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)の前に突然現れ、スパイを名乗るエイダンを演じたのが、アカデミー賞受賞俳優のサム・ロックウェル。監督のマシュー・ヴォーンは、エイダン役には人々がスパイに対して持っているイメージを覆すような俳優を起用したいと思っていたという。

観客は、サム・ロックウェルを直ちにスパイだとは認識しないだろう。それこそがまさにスパイの本質なんだ。『キングスマン』シリーズや『007』シリーズでは、スパイたちはビシッとした一分の隙も無い服装をしている。でも、この作品でサムが演じる人物は、意図的に常識の逆を行っているんだ。目立つことなく、社会に溶け込むタイプのスパイだ。

『ARGYLLE/アーガイル』© Universal Pictures

エイダンは長髪にワイルドな顎髭を生やした、少々粗削りな風貌でエリーの前に現れる。ヘンリー・カヴィル演じるエージェント・アーガイルのスマートな着こなし&キッチリとした角刈りスタイルに対して、エイダンは長いこと洗濯もしておらず、鏡で顔を見ることもしていないようなワイルドさが対照的だ。

なんと、この髪と髭はサム・ロックウェルが実際に2年間かけて伸ばしたのだというから驚き。これが“あのサム・ロックウェル”だとは信じがたい、すれ違ってもわからないレベルの役作りは、正体がバレてはいけないスパイの役柄とも重なり合う。

『ARGYLLE/アーガイル』© Universal Pictures

監督からの演出指示は、名優を憑依させること!?

長年マシュー・ヴォーン作品のファンだったというロックウェル。ヴォーンが登場人物について積極的に考え、キャスティングを行ったことをありがたく思っているそうで、オファーを受けて初めて脚本を読んだ時は大興奮だったという。

マシューは常識に囚われずにキャスティングをするんだ。彼は、進んでイチかバチかのチャンスに賭けるし、既存の枠から外れようとする。そして恐らく、そこに私がいたのだと思う。

マシューは古典をテーマにすることが多い。『ピグマリオン』や『シンデレラ』のような類いのストーリーを用いるけれど、そこに素晴らしいダークユーモアを添えているね。

『ARGYLLE/アーガイル』© Universal Pictures

ロックウェルは撮影に入る前に、監督とともに自身が演じるエイダンというスパイがどのような人物なのかについて緻密かつ大胆に分析を行い、キャラクターを作り上げていった。インスピレーションの源になったのは、過去の名作・名優たちだ。

エイダンにはハン・ソロのようなユーモアを加えた。ビル・マーレイ、ジャック・ニコルソン、リチャード・プライアー、『ロミオとジュリエット』のマキューシオ(※主人公ロミオの親友)といった、私が長年観てきたアンチヒーローたちを融合させたような存在だ。彼は少し育ちの悪い男の振りをするけれど、ただマキューシオを気取っているだけだ。本当はロミオだよ。

『ARGYLLE/アーガイル』© Universal Pictures

「もっとビル・マーレイで!」「もっとジャック・ニコルソンで!」

本作撮影時には、監督から「もっとビル・マーレイで!」「もっとジャック・ニコルソンで!」といった指示が飛んだそうだが、それらは映画オタクとして絆を深めたふたりが話題にした作品を省略した表現なのだとか。

第90回アカデミー賞助演男優賞を受賞した『スリー・ビルボード』(2018年)や『ジョジョ・ラビット』(2020年)など、印象的な演技を披露してきているロックウェルは、かねてより「何度もビル・マーレイの演技をパクってきた(笑)」とリスペクトを込めて公言しており、ヴォーンは「サムはとても積極的だ。即興芝居が大好きで、少し時間があれば、合図がなくても彼は踊り出すだろう」と評価している。どの場面でどの名優を憑依させているのか注目しながら本作を鑑賞するのもオススメだ。

『ARGYLLE/アーガイル』© Universal Pictures

そんな彼らのやり取りを現場で見守っていたブライス・ダラス・ハワードも、「サムが魔法をかけるの。彼はとても存在感があり、意欲的な人。サムとマシューのコラボレーションには強大な力が働いて、境界を押し広げて少し危険を感じる場所へと到達する。サムには脆さと大胆さが共存しているんだ」と感銘を受けたことを明かしている。

『ARGYLLE/アーガイル』は2024年3月1日(金)より全国公開

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【京都ランチ】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

    キョウトピ
  2. 【西条市・ひなのや 丹原本店|耕】静かな隠れ家でかき氷とポン菓子を食べたい!

    愛媛こまち
  3. 「怪獣8号展」 4つの展示エリアイメージ解禁 曜日ごとのスペシャルイベント情報も

    SPICE
  4. 【チェーン店のかき氷食べ比べ2024】今年のガストは持ち帰りOK! パチパチアメが楽しい縁日みたいなかき氷

    ロケットニュース24
  5. 学資保険と新NISA、教育資金積み立てるならどっちがおすすめ?

    mymo
  6. “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンを甥のジャファーが演じる アントワン・フークア監督による伝記映画『Michael』日本公開が決定

    SPICE
  7. 【奈良】曽爾高原で星空観賞を!「ペルセウス座流星群」イベント開催

    PrettyOnline
  8. 【上野】「1泊1980円ホテル」に1年ぶりに泊まってみた / 以前と変わったところがあるかどうか調べてみたら…

    ロケットニュース24
  9. 東京純心女子学園 卒業生ラランドサーヤさん講演 社会で活躍する女性として

    タウンニュース
  10. 本格的な茶道体験会 7月21日 町田市文化交流センターで

    タウンニュース