Yahoo! JAPAN

2024年度葉山町予算案  一般会計過去最大128億円 教育環境の改革に注力 〈逗子市・葉山町〉

タウンニュース

予算を発表した山梨町長

葉山町は2月6日、2024年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比10・0%(11億6千万円)増の128億800万円で過去最高となった。今年を教育環境の改革の年と位置付け、教育費に12億8千万円をあてた。

歳入の約45%を占める町税の内訳は、コロナ禍後の景気回復や賃上げの影響もあり、町民税が前年度比1・7%増、近年の地価上昇から固定資産税も4・5%増など、全体で3・1%増の57億8269万円となった。

歳出を見ると、クリーンセンター再整備事業(11億240万円)や、クリーンセンターで使用する塵芥収集車や油圧ショベルなどの車両購入などから、衛生費が50・8%(8億1621万円)増の24億2315万円と大きく膨らんだ。

6日に行われた定例記者会見で山梨崇仁町長は「子供を取り巻く環境は非常に多様で、従来の教育の在り方だけでは対応できない。ハード面の整備やカリキュラムの内容、部活動の時間についてもしっかりサポートしていく」とし、今年を教育環境の改革の年と位置付けた。

学習環境充実のために、新たにAIドリル(小3〜6、中1〜3)、体育授業用映像分析ツール(小5・6)、探究的な学び支援ツール(中1)、特別支援教育ソフト(小1〜6、中1〜3)を導入する予算として740万円をあてる。

100周年関連予算9100万円

25年1月に迎える町制100周年に向けた取り組みには9100万円の予算を計上。

10月26日(土)に行う式典、記念品と記念誌の作成に1986万円。他には、子ども達のための音楽会・里山管理体験用消耗品(竹トング作りなど)・塵芥収集車ロゴ、キャッチフレーズの掲示・南郷上ノ山公園インクルーシブ広場整備工事・ビッグハヤママーケット配布用記念品の作成・記念HAYAMANOTE(写真集)作成・記念ナンバープレート作成に取り組む。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. Anduril社の超大型水中ドローン「Ghost Shark」、オーストラリアで初公開

    DRONE
  2. 【2024最新】奈良の人気カフェ30選!おすすめの町屋カフェやレトロ喫茶店

    PrettyOnline
  3. BYDのFang Cheng Baoブランド、ルーフにドローンドックを備えたEVコンセプトを公開

    DRONE
  4. 【上野駅徒歩5分】カプセルホテル「THE NELL(ザ・ネル)」に泊まってみたら自宅みたいな居心地で超快適だった

    ロケットニュース24
  5. 琳派の代表作「燕子花図屏風」は右から観る、根津美術館で毎年恒例の展示

    タイムアウト東京
  6. 20歳・黒嵜菜々子(Peel the Apple)がヌーディな色のインナーウェア、水着姿も公開 1st写真集から2点の掲載カットを解禁

    SPICE
  7. 厚切りジェイソンが「すけだら党」を結成!? アラスカ産スケトウダラ使ったカニカマの魅力伝えるキャンペーン

    舌肥
  8. 【京都ランチ】人気洋食メニューを一度に!実力派の穴場店「グリル ハナ ショコラ」

    キョウトピ
  9. ME:I、デビュー記念イベント「『MIRAI』 PREMIUM EVENT」を開催!ライブステージやトークショーで会場大盛りあがり!

    WWSチャンネル
  10. 【京都】和洋のスイーツ&紫陽花パフェ付き「紫陽花アフタヌーンティー」

    PrettyOnline