Yahoo! JAPAN

侍JAPAN監督/井端弘和が教える捕手の守備/スローイングのやり方とは!?【少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」】

ラブすぽ

侍JAPAN監督/井端弘和が教える捕手の守備/スローイングのやり方とは!?【少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」】

守る

野球の「打つ」「走る」「投げる」「守る」のプレーのうち、一番難しいのが実はこの「守る(捕る)」プレーです。その分、守れるチームは強いです。指導者はあせらずに根気強く見守りましょう。まず、【初級編】では捕ること、捕球動作。そして【中級編】では投手、捕手、一塁手の基本的な守備について。さらに【上級編】では内野手、外野手の基本的な守備について。また、カバーを含めたフォーメーション(守備位置、動き)について説明します。

捕手の守備=スローイング

学年の捕手はダイヤモンド対角線29.70 メートル。高学年の捕手はダイヤモンド対角線32.53 メートルを投げられるようにする。

スローイング【1】

スローイング【2】

二塁送球はまず左足を前に出してステップを踏み、構えていた位置より前に出て投げ切る。

二塁手・遊撃手がジャンプするような「高い二塁送球」になってしまうと、タッチができず、走者をアウトにできない。悪送球なら、走者は三塁に進んでしまう。ワンバウンドでも「低くて速い」球を投げる。

スローイング【3】

スローイング【4】

◦練習ではノーバウンドで届かせるように努力する。

◦最初からワンバウンドで投げると決めているなら、中途半端なバウンドではなく、二塁手・遊撃手が捕りやすいバウンドで投げる。

【出典】『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』 著:井端弘和

【関連記事】

おすすめの記事