Yahoo! JAPAN

音楽の素晴らしさ、演奏会で高らかに歌う、四日市で三重混声合唱団あんだぁれ70

YOUよっかいち

世界の民謡からオペラアリアまでを歌った3部での演奏=四日市市文化会館

 三重混声合唱団あんだぁれ70の第12回演奏会「雲の上はいつも晴れ~合唱でつづる名曲の調べ~」が5月19日、三重県の四日市市文化会館で開かれた。会場の第2ホールは満席で、数々の名曲の演奏に、あらためて音楽の素晴らしさを観客も共感でき、舞台の団員たちに大きな拍手が贈られた。

 地上で雨が降っていても、雲を抜ければ、そこにはきれいな青空が広がっている。そんな今回のテーマには、コロナ禍を超え、明るい日常がずっと続くことへの願いが込められている。練習の努力が実を結び、それぞれの曲の歌詞がもつ力強さも伝わった。

 演奏会は3部構成で、第1部が「近代日本名歌抄」(信長貴富編曲)。「ゴンドラの唄」「青い目の人形」などを秀平雄二さんの華やかなピアノ伴奏で歌った。第2部は混声合唱組曲「たいせつなもの」(門倉さとし作詩、吉岡弘行作曲)。人間の本質を射抜く詩が、生きることについて考えさせた。

 第3部は「珠玉のメロディ~世界の民謡からオペラアリアまで~」。「アニーローリー」(スコットランド民謡)、「闘牛士の歌」(「カルメン」から)、「誰も寝てはならぬ」(「トゥーランドット」から)など名曲の調べを奏でた。3部では、ピアノ伴奏の秀平さん、星合智美さんがピアノ独奏、ミュージックコーチの勝野明子さん、菊池京子さん、倉本亜紗さんがソプラノ独唱を披露するなどの演出も。指揮の馬場浩子さんは、それぞれの部の聴き所なども解説し、演奏会全体のMC役も務めていた。

 あんだぁれ70は2012年4月に発足。北勢地域の市町を中心に20歳代~80歳代のメンバーが週1回集い、より良いハーモニーをめざして練習している。「遊び心のある大人の合唱団」を目指しているそうだ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 日本のキング・オブ・アスリート|限界に挑戦し続ける十種競技のパイオニア右代啓祐

    Sports for Social
  2. 〝金属部品の写真〟にしか見えないが... 「ドッキリ画像かと」「目がおかしくなりそう」と12万人驚愕

    Jタウンネット
  3. 【DEAN & DELUCA新発売】ショルダーでも使えるよ♪ BEAMSコラボ第三弾「2way保冷バッグ」が超かわいい!

    ウレぴあ総研
  4. 心地よい空間の中、五感で楽しむデザートプレート 塩屋にオープンした『puro neue(ぷーろ のいえ)』で美しいデセールをいただきました 神戸市

    Kiss PRESS
  5. ほくほくのアボカドとチーズが高相性♪山本ゆりさんの簡単レシピ『DAIGOも台所』ハッシュドアボカド

    オンネラ
  6. 日本デビュー20周年のピアニスト・福間洸太朗に聞く、『ピアノ・リサイタル-ストーリーズ-』のテーマやこれからのこと

    SPICE
  7. 赤穂市議会 26日と27日に一般質問

    赤穂民報
  8. 備前あじさい寺「大瀧山西法院」で紫陽花が見頃!かわいい猫の副住職さんもご紹介

    岡山観光WEB
  9. 「地域を元気に」 四日市市地域づくりマイスター養成講座 受講生を募集

    YOUよっかいち
  10. ドラゴンボール四星球が虫かごに! からっぽのほうが虫詰め込める!

    おたくま経済新聞