Yahoo! JAPAN

【レシピあり】ハツ江おばあちゃんの「三色そぼろ弁当」

NHK出版デジタルマガジン

【レシピあり】ハツ江おばあちゃんの「三色そぼろ弁当」

 進級、進学、新社会人……春は新生活の始まる時期ですね。「お弁当に挑戦してみたいけど、ちょっと大変そう」。そんなお弁当ビギナーに、ハツ江おばあちゃんが教えるのは、こんなお弁当。繰り返しつくって、お弁当名人になりましょう!
※『NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック これならできる! ハツ江おばあちゃんの人気お弁当』より、本記事用に一部を編集して転載

三色そぼろ弁当

彩り豊かな三色そぼろ弁当

鶏そぼろはしっとり、いり卵は柔らかで、ご飯によくなじみます。
ブロッコリーのごまあえを添えて、彩り豊かな三色弁当です。

お弁当の中身は
⃝鶏そぼろ 
⃝いり卵
⃝ブロッコリーのごまあえ
⃝ご飯

詰め方
弁当箱にご飯適量を詰め、鶏そぼろ、いり卵適量をのせ、ブロッコリーのごまあえを詰める。

鶏そぼろ

鶏そぼろ

しっとり、柔らかく仕上げるコツは、片栗粉と火を止めるタイミング。火を通しすぎるとボソボソになるので気をつけましょう。

材料(1人分)

鶏ひき肉 80g
A (砂糖 大さじ1  しょうゆ 大さじ1  酒 大さじ1  片栗粉 小さじ1/2)

1フライパンに入れる
火にかける前に、小さめのフライパンにひき肉、Aを入れる。

2混ぜる
菜箸で混ぜ、ひき肉に調味料をよくなじませる。火にかける前に混ぜておくと、しっかり味がつく。

3いる
調味料がなじんだら中火にかけ、菜箸で絶えず混ぜながら加熱する(写真上)。全体にひき肉の色が変わり、つやが出てまとまってきたら(写真下)、火を止める。

ハツ江メモ

お弁当のそぼろをおいしくするコツ
ひき肉に調味料を混ぜてから火にかけると、ひき肉の一粒一粒にしっかり味がなじみ、ほぐれやすくなるので、火を通しすぎて堅くなるのを防げます。また、片栗粉を加えることで汁けをとどめ、とろみもついて口当たりがよくなり、ご飯にからみやすくなります。

[1人分200kcal 調理時間7分]

いり卵

いり卵

卵は火を通しすぎると堅くなるので、菜箸3本で手早く混ぜ、柔らかいうちに火を止めます。少し多めにつくると失敗なし。

材料(1~2人分)

卵 2コ
A (牛乳 大さじ1  砂糖 小さじ2  塩 少々)

1混ぜる
小さめの鍋に卵を割り入れて溶きほぐし、Aを加えてよく混ぜる。

2いる
弱めの中火にかけ、菜箸3本をまとめて持ち、絶えず混ぜながらいる(写真上)。まだ半分くらいが半熟の状態で、鍋の底が見えてきたら(写真下)、火を止め、余熱で火を通す。

[1人分90kcal 調理時間5分]

ブロッコリーのごまあえ

ブロッコリーのごまあえ

ブロッコリーは小さめに切るとすぐに火が通り、詰めるのもラク。すりごまには水けを出にくくする効果もあります。

材料(1人分)

ブロッコリー 50g
A (しょうゆ 小さじ1  すりごま 大さじ1)
[常備品]塩

1下ごしらえをする
ブロッコリーは小房に切り分け、さらに縦2~4等分に切る。

2ゆでる
小さめの鍋に湯カップ2を沸かして塩小さじ⅓を入れ、ブロッコリーを加えて中火で約2分間ゆでる。ざるに上げて粗熱を取る。

3あえる
ボウルにブロッコリーを入れ、Aを順に加えてあえる。

[1人分60kcal 調理時間10分]

そぼろもいり卵も混ぜてから火にかけてね。
急がないのがコツなのよ。

監修

藤野嘉子(フジノ・ヨシコ)
料理研究家。長年にわたりNHK「きょうの料理」講師を務め、2019年度から2021年度まで、NHK「きょうの料理ビギナーズ」を監修。

■NHK『NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック これならできる! ハツ江おばあちゃんの人気お弁当』より
■撮影・野口健志/スタイリング・大畑純子/イラスト・伊神彰宏

【関連記事】

おすすめの記事