Yahoo! JAPAN

庄戸小6年2組 規格外の梨でジュース開発 生産者「廃棄予定の梨に第二の人生、生まれた」〈横浜市港南区・横浜市栄区〉

タウンニュース

ジュースを販売する児童ら

栄区の庄戸小学校(山口洋幸校長)6年2組の児童は16日、ユーコープ上郷店と野七里テラスで梨ジュースを販売した。これは児童らが企画・開発した商品で、2月22日(木)は横浜市庁舎一階で販売される。

販売されたのは横浜のブランド梨「浜なし」を使ったジュースで、果汁100%ながら、甘味が強く、果肉の舌触りがあるのが特長。庄戸小学校6年2組の児童21人が「総合的な学習」の一環として企画、開発し、販売に至った。なお、製造は平塚市の社会福祉法人進和学園が行った。

児童らは昨年4月の授業で地域について学習。その際、高齢化が進んでいることを知り、「自分たちで街を活性化させたい」との思いで、「地元の梨を使ったジュース」を企画した。使用された梨は森果樹園(上郷町)で栽培されたが規格外となったもので、地元の農産品を広めると共に、食品ロスの削減にもつながる取り組みとなった。

児童主導で進行

「梨ジュース販売」の企画が持ち上がったのは昨年6月頃。児童らは自ら森果樹園と交渉し協力を得ると、試飲会を行うなどしながら商品開発に着手した。また、販売する際のラベルもデザイン。中心となってデザインを行った長谷部凜さんは「ラベルで商品の魅力を伝えるには、どのような画像の配置がいいかを考えた」と話すなど、成功に向け知恵を絞った。さらに、販売のスペース確保の交渉や、販売時の金銭授受も担当し、終始児童が主導した企画となった。

担任の浅野由佳教諭は「子どもが本気になって取り組んでいる。皆、地域のために頑張りたいという気持ちがあり、それが形になることへの喜びを感じていると思う」と活動の様子を眺める。交渉などを児童が行ったことについては「仕事の大変さについて学ぶ機会で、キャリア教育につながる」と話した。

また、森果樹園の森和美さんは「地域を盛り上げようという考えに感銘を受け、廃棄されるはずだった40kgの梨にも第二の人生が生まれた。『庄戸と言えば梨ジュース』となるくらい発展してほしい」と話している。

なお、22日は横浜市庁舎一階で午前11時から80本が販売される。価格は1本400円。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 異端の皇帝フェデリコを佐々木蔵之介、その息子を上田竜也が演じる壮大な物語 PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』の上演が決定

    SPICE
  2. 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  3. 元SEの店主が作る超本格的なスパイスカレーのお店が長崎市西山にオープン!【WOOLWICH (ウーリッチ)】

    ながさーち
  4. 【動画】ドールプレイヤー・ 門松桃永、銀座・知夢仁で北海道グルメをレポ!

    WWSチャンネル
  5. Porscheら、サーファーのために波高を計測できるドローンを開発。可能な限り大きな波でサーフィンするために

    DRONE
  6. DARPA、AI戦闘機と有人戦闘機の史上初ドッグファイトに成功

    DRONE
  7. 【動画】広瀬香美さんが門真市ふるさと大使に ららぽーと門真で就任式

    OSAKA STYLE
  8. FM802開局35周年!“ファンキー”な花火大会が万博記念公園で開催♪

    PrettyOnline
  9. ドトールの春の新作、美味しさに全振りした結果「映え」を完全に無視! 見た目はほぼコンクリだけど…

    ロケットニュース24
  10. もう限界…“妻を見限った”夫たち #3「『時間がほしい』と言ったら…」

    ウレぴあ総研