Yahoo! JAPAN

神戸駅をテーマに特別パッケージの駅弁が登場♪ 淡路屋「神戸-大阪鉄道開業150周年記念駅弁」2種類を発売 神戸市ほか

Kiss

神戸市東灘区に本社を置くお弁当の『淡路屋』は、神戸-大阪鉄道開業150周年を記念して、5月11日より「神戸ステンショ辨當」「梅田ステンショ辨當」の2種類の駅弁を発売します。

1874(明治7)年5月11日、神戸~大阪間に鉄道が開業してから今年で150周年。淡路屋では地元、神戸・大阪エリアの駅弁屋として、この記念すべき節目を祝うべく"時代の変遷を感じられる特別な駅弁を作ろう!”と記念の商品を企画したそう。

同商品は西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)の協力のもと、神戸、大阪をテーマにした2種類の幕の内弁当。

「神戸ステンショ辨當」1280円(税込)

「神戸ステンショ辨當」は神戸駅をテーマに、神戸出身の鳥瞰図絵師・青山大介氏にパッケージデザインを依頼。この商品のために書き下ろした、初代神戸駅から一番列車が走り出す様を描いた「神戸駅鳥瞰絵図 1874」を用いています。

開港以来、西洋の食文化をいち早く取り入れた神戸らしく、ビーフシチューや海老フライ、チキン南蛮などの洋食に仕上がっています。パッケージ表面には鳥瞰絵図全体、裏面には鳥瞰絵図と現在の地図を重ね合わせた特別絵図の付録がついており、食べ終わった後も楽しめる仕様。

「梅田ステンショ辨當」は、開業当初「梅田すてんしょ」などと呼ばれた大阪駅がテーマ。パッケージデザインは、JR西日本より借用したという「初代大阪駅」を描いた錦絵を採用。

「梅田ステンショ辨當」1280円(税込)

中身は大根とさばの船場煮や、大阪府産しろ菜のお浸し、紅ショウガの天ぷらなど、伝統料理から近年の大阪名物料理まで幅広く盛り付けた、時代の変遷が感じられる幕の内弁当です。各商品は淡路屋各店で購入できるほか、5月11日から21日限定でJR三ノ宮駅中央口コンコース臨時売店でも販売を行います。

<記者のひとこと>
電車旅に欠かせない駅弁を長らく担っていた淡路屋ならではの時代を感じられる商品が登場。


販売期間
2024年5月11日(土)~9月30日(月)予定
※延長の可能性あり

商品
「神戸ステンショ辨當」1280円(税込)
「梅田ステンショ辨當」1280円(税込)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 憧れのキャラクターと写真も撮れる! ららぽーと甲子園「僕のヒーローアカデミア コラボキャンペーン」開催 西宮市

    Kiss PRESS
  2. 「一体感を目的にしたチームは負ける」岡田武史が考える、新時代のリーダー像

    エンジニアtype
  3. レッドクリフ、「スターアイランド2024」お台場エリア最大級の1,000機のドローンショーで観客を魅了

    DRONE
  4. 【ワタナベマキの初夏のサッと炒め サッと蒸し】なす、トマト、豚ひき肉の重ね蒸し

    NHK出版デジタルマガジン
  5. 日本の近海にレアメタル 中国との関係も変化?「経済安全保障にメリット」

    文化放送
  6. 【若松】み~つけた!雨でもルンルン♪♪グリーンパーク

    行こう住もう
  7. 『ローソン 大分王子中町店』跡地に胃腸内科ができるみたい

    LOG OITA
  8. ロバート・ダウニー・Jr出演スパイ・スリラー『シンパサイザー』7月12日より配信決定!予告編が初公開

    海外ドラマNAVI
  9. 【スポットワークって何?第3回】子育て中ママに嬉しいメリット「思い立ったらすぐに社会と繋がれる」

    ママスタセレクト
  10. 丸ノ内線を丸裸!「【特別展】丸ノ内線開通70周年記念~車両編~」が6月4日~9月1日開催

    さんたつ by 散歩の達人