Yahoo! JAPAN

テンヤマダイ釣りで食べごろサイズのマダイを連打【千葉・つる丸】

TSURINEWS

マダイ(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

1月28日(日)、外房・大原のつる丸の午後テンヤマダイを乗船取材してきた。本命はトップ13尾と好調で、マハタやフグなどの好ゲストも混じった当日の船中の模様をレポートする。

つる丸でテンヤマダイ釣行

外房・大原のつる丸では午前はヒラメで出船。各釣り物とも予約時に席を選ぶことができる。

船宿で受付のち港へ(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

午後船の受け付けは11時ごろからで、宿の事務所内で乗船名簿を記入して料金を支払う。

受付は若女将が対応(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

竿、リールやライフジャケットは無料貸し出しがあるので、借りる場合は受付でその旨を告げよう。宿から船着場周りには車で移動する。

大原港略図(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

船着場には、11時半ごろ同宿の軽トラックが横づけされ氷、冷凍のエビエサ、貸竿(頼んだ場合)が配られる。

港で氷を受け取る(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

午前船が帰港しヒラメの客が降りて、準備が整い次第乗船となる。

午前船と入れ替えに(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

普段は岩瀬正尚若船長が操船するのだが、前日の晩に体調不良となり当日は午前、午後ともに岩瀬松男大船長が舵を取る。仲乗りの女良(めら)圭祐さんがサポートに入る。12時前に港を離れる。

岩瀬松男大船長(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

当日の状況

この日集まったファンは13人で右舷7人、左舷6人(胴の間に女良さんが入る)の布陣。航程約30分でスローダウンし、水深20mの根周りからスタート。エンジンを切っての横流しとなる。

テンヤマダイタックル例(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

当日の天候は薄曇り、大潮最終日で干潮が12時ごろで満潮は17時半ごろの上げ潮狙い。潮色は澄み。

前日は中盤にイワシ回遊を追いかけて探ったが動きが速すぎて追い切れず、1.5kg頭に700gまでが多数交じり0~8尾の釣果。0.8~1.5kgマハタが数尾交じったという。

食べごろサイズ2連チャン

開始30分ほどで左舷トモ2番の荒平さんにアタリがあるも、惜しくもラインブレイク。その後すぐに小ダイをキャッチ&リリース。テンヤは8号を使い、最終釣果は4尾でフグもキャッチ(船長がフグ免許をもっており捌いてくれた)。

ファーストヒットの荒平さん(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

右舷トモ3番の中村さんはタイラバで広範囲に攻める。タングステンのビンビンスイッチキャンディ(オレンジゴールド)35gで食べごろサイズを2連チャン。

中村さんはお気に入りのタイラバで(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

常連さんコンスタントに数を伸ばす

同舷ミヨシ3番に入る細川さんは年に30回は同宿へ通うという常連で、ピンクのテンヤでキープサイズを連釣と、活気づいてきた。

細川さんピンクのテンヤで本命(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

同舷ミヨシの森さんも同宿の常連で、今年も6日~開始されている同宿主催『真鯛チャンピオンシップ』にエントリー(無料)。過去に7.52kg仕留めて優勝の経験もあるベテランアングラー。6号のテンヤ(金オレンジ)で流しごとにコンスタントに数を伸ばしている。

常連の森さんに良型(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

その隣の関口さんもテンヤで2尾目をキャッチ。

関口さん2尾目(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

ゲストにマハタ、フグ、カサゴなど

左舷ミヨシには、村上さん親子が竿を振る。同宿に足しげく通う父の章範さんが、最近息子さんの蒼一郎くん(11歳・小5)と楽しんでいる。

蒼一郎くんも本命(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

蒼一郎くんは本命のほかゲストを釣り、章範さんはタイラバで1kg超えのマハタを2尾ゲット。

蒼一郎くんのお父さん章範さんにマハタ(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

船長はその後、漁礁などポイントを転々と探り。17時に沖上がり。釣果は森さんが13尾(リリース含む)で竿頭。ゲストはマハタ、フグ、カサゴなどが交じった。

根回りで良型のカサゴも(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

岩瀬松男大船長のコメント

「今日は潮が流れず、苦慮したが、中盤は型物は出なかったがトップはツ抜けと楽しめた。イワシ回遊あればイワシ絡みの大ダイのチャンスも。」

27日釣れた大型(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

『真鯛チャンピオンシップ』受付中(無料)

「『真鯛チャンピオンシップ』は5月31日まででエントリーは無料。

26日に今期最大の8.06kgヒラメをキャッチ! 午前ヒラメも含め、ぜひ遊びに来てください」

26日大船長が釣った大ヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・岩下和弘)

<週刊つりニュース関東版編集部・岩下和弘/TSURINEWS編>

 

つる丸

つる丸(つるまる)  >

いつもニコニコな大船長と、イケメンの若船長が舵を握るつる丸。二人とも人当たりが柔らかく、奇麗な大型船で快適な休日を満喫できます。更衣室やトイレといった設備が充実しているので、女性や子ども連れにも特にオススメできる船宿です。

この記事は『週刊つりニュース関東版』2024年2月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【香川〜岡山】愛犬と巡るアート・絶景・グルメを楽しむおすすめスポット6選

    旅行メディア「itta」
  2. SPFとPAだけじゃない!? 釣り場における日焼け止め選びのポイントとアフターケア

    WEBマガジン HEAT
  3. Anduril社の超大型水中ドローン「Ghost Shark」、オーストラリアで初公開

    DRONE
  4. 100均・ニトリの収納テク!もう迷わない「活用してきれいキープ」捨てない鍋やおもちゃも見事陳列!

    SASARU
  5. 【2024最新】奈良の人気カフェ30選!おすすめの町屋カフェやレトロ喫茶店

    PrettyOnline
  6. BYDのFang Cheng Baoブランド、ルーフにドローンドックを備えたEVコンセプトを公開

    DRONE
  7. 【上野駅徒歩5分】カプセルホテル「THE NELL(ザ・ネル)」に泊まってみたら自宅みたいな居心地で超快適だった

    ロケットニュース24
  8. 琳派の代表作「燕子花図屏風」は右から観る、根津美術館で毎年恒例の展示

    タイムアウト東京
  9. 20歳・黒嵜菜々子(Peel the Apple)がヌーディな色のインナーウェア、水着姿も公開 1st写真集から2点の掲載カットを解禁

    SPICE
  10. 厚切りジェイソンが「すけだら党」を結成!? アラスカ産スケトウダラ使ったカニカマの魅力伝えるキャンペーン

    舌肥