Yahoo! JAPAN

Hondaのハンズフリーパーソナルモビリティ「UNI-ONE」を御殿場アウトレットの巡回警備に活用

DRONE

御殿場プレミアム・アウトレットは、巡回警備スタッフの負荷軽減による人材不足解消を目指し、本田技研工業株式会社(以下:Honda)によるハンズフリーパーソナルモビリティ「UNI-ONE(ユニワン)」を、2023年11月10日より試験導入する

UNI-ONEは、座ったまま体重移動するだけで移動でき、両手が自由に使える着座型のパーソナルモビリティだ。座面を上下させることができるため、立っている人に接する際には座面を上昇させ、座っている人や子供と接する際には座面を下降させることで、まわりの人と目線を合わせて仕事をしたり、移動したりすることができる。

御殿場プレミアム・アウトレットは、東京ドーム約9個分の敷地の中に広大なショッピングエリアを有しており、安心・安全で快適な施設運営のために、多くの施設管理スタッフが常に巡回警備をしているという。巡回警備業務は歩く距離が長いため、体への負荷の大きさや年齢に不安を覚えるスタッフも多く、人材の確保が課題となっていた。解決方法を模索する中で、UNI-ONEの活用可能性を感じ、試験導入に至った。

今回の試験導入では、敷地内を巡回する警備スタッフがUNI-ONEを使用し、疲労の軽減や、客とのコミュニケーションの活性化などを検証するとともに、UNI-ONEの設置場所や充電タイミング、セキュリティ確保の方法なども検証していく。

また、将来的な客の利用可能性や、IoT・デジタル技術と組み合わせた活用などもHondaと協力して検討していくとしている。

UNI-ONEによる巡回警備 試験導入概要

※状況により変更の可能性あり。

実施内容御殿場プレミアム・アウトレットと本田技研工業株式会社の共同実証実験実施期間2023年11月10日(金)~2024年3月末予定運用台数2台運用エリア御殿場プレミアム・アウトレット場内全体利用用途施設管理スタッフによる、共用部・店舗内巡回業務(点検、警備、落とし物拾得、来場者案内、場内マップ補充等)

UNI-ONEの特徴

UNI-ONEは、座ったまま体重移動するだけで移動でき、両手が自由に使える着座型のパーソナルモビリティ。Hondaのロボティクス研究から生まれたバランス制御技術と、前後・左右・斜め360°自由に移動できるHonda独自の車輪機構「Honda Omni Traction Drive System(オムニ トラクション ドライブシステム)」を採用している。

座面を上下させることができるため、立っている人に接する際には座面を上昇させ、座っている人や子供と接する際には座面を下降させることで、まわりの人と目線を合わせて仕事をしたり、移動をしたりすることができる。

UNI-ONE主要諸元

※今後の開発状況によって変更があります。

大きさ(全長×全幅x全高)ハイポジション時650x580x950mm
ローボジション時 770x680x770mm重量70kg乗員最大重量110kg最高速度時速6km(時速4kmに設定可能)航続可能距離8km ※走行条件による交換式リチウムイオンバッテリーバッテリータイプ最大2時間充電時間最大2時間走行条件段差・傾斜車椅子走行可能エリアを想定
段差:直進方向は20mmの高さまで対応。全方位は屋外バリアフリー相当の段差に対応
傾斜:6°まで対応。滑りやすい路面濡れたPタイル相当に対応。水たまり走行可能公道道路交通法に基づき公道は特区申請で走行可能防水/雨天対応IPx4相当安心安全乗降しやすさシート昇降機能ありセーフティー転倒に至る前にシートを降下し、着地補助輪で着地

運用イメージ

巡回警備

巡回警備

点検作業

ゴミ捨て作業

Honda

【関連記事】

おすすめの記事