Yahoo! JAPAN

とある病気の可能性って?40歳以上はぜひ受けて欲しい目の検査

TBSラジオ

今回は、目に関する生活情報です。40歳以上の方はもちろん、周りに40歳以上の方がいらっしゃったらぜひきょうの生活情報を話してみてください。

突然、目の話?と思われるかもしれませんが、実はスタッフが最近、視力が落ちてきたと思い、久しぶりに眼科に行ったそう。そこでなんと「緑内障の可能性がある」という話をお医者さんからされたと。突然のことで驚きつつも、それは大変だ!ということで今回、40歳を過ぎたスタッフとともに眼科を受診、緑内障の検査をしてきました。

そもそも緑内障ってどんな病気?

代々木上原にある「みさき眼科クリニック」の院長、石岡みさき先生に伺いました。

「眼科の学会とかのホームページに書いてあるきちんとした定義というのは、視神経と視野に特徴的変化を有し、通常眼圧を十分に下降させることで視神経障害の改善もしくは抑制する眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患。すごい簡単にいうと、目玉から頭に100万本の神経が繋がってるんですがその神経がゆっくり死んでいく病気が緑内障で、原因の1つに眼圧上昇があるというような言い方になります。だいぶ前になるんですけども、岐阜県多治見市で行われた『多治見スタディ』という疫学調査があって、私達は多治見って名前を聞くとすぐに緑内障を思い出すぐらい、有名な調査なんです。けれども、40歳以上の人を調査して5.5%に緑内障があるってデータが出てます。これが多いか少ないかってイメージわかりにくいと思うんですが、例えば学級の人数で今減ってはいますけれど、1クラスに2人ぐらい緑内障の人がいるっていう感覚だと結構多い病気だなってイメージがわかるかなと。そんなに珍しいものではない。珍しくない上に、慢性的な病気なんで眼科をやっていれば例え専門外でも見ないわけにはいかないぐらいの病気ですね。」

緑内障は簡単に言うと目から頭に繋がっている神経が、ゆっくり死んでいく病気。原因の1つに眼圧=目の圧が上がるということがある、という。ただ、眼圧が上がらない緑内障もあり、例えば、近視の人や血縁関係のある人に緑内障の人がいると緑内障になる確率が上がるそう。また、年齢を重ねることも緑内障の原因の1つと考えられているそう。一方で男女差はほぼなく、誰にでも起こりえるのが緑内障だということです。

緑内障になると、どうなるのかですが、100万本以上ある目の神経の3分の1が死んでしまうと視野=見える範囲が少しずつ狭くなってきます。つまり見えない部分が出てくると。ただ、この緑内障は1度なってしまうと、完全に直すことはできないそうで、早期発見して目薬や手術で、できるだけ神経を出来るだけ保つことが治療の目標になると。そのためには早く発見しなければならないんですが、実は自覚症状はほぼ無いそう。そのためには、やはり眼科に行って、検査を受けるしかない、ということです。

眼科に行ってどんな検査を行うのか。実際に検査をしてきました!

一番大事な検査が眼底写真=目の中の写真。フラッシュをたいて撮る写真目が眼底写真です。一番大事な検査。眼圧っていうとバン!と風を受けるあれかなと思ったんですが、あれとはまた違います。理想的には眼圧検査と眼底検査を受けるのが緑内障の早期発見なんですが、日本人は眼圧が上がらない緑内障の方が圧倒的に多い。眼圧検査だけでは見つけられないんですね。また、例えば費用は初診で来て眼底写真と眼圧だけ行うと大体3割負担の方で大体1800円ぐらい。あと自治体の健診で区や場所によって異なるんですが、眼底写真だけは大体入ってるとこが多いので無料の検査を利用するのも一つです。右眼の写真と左眼の写真で丸く見えてるとこが、視神経乳頭100万本の神経がありますよって言ったところ。ここ視神経乳頭に緑内障の変化でますが、別に何にもないんではい異常はなしです。

目の圧を検査する「眼圧検査」と、目の中の写真を撮る眼底写真という検査を受けた。40代のスタッフも一緒に受けたんですが、2人とも、眼圧、眼底に異常はありませんでした。

最後に、先生からこんなお話を伺いました。

「自治体の検診が基本的に内科の先生が主体になって行われているもの。なので、眼底写真の判定が高血圧か糖尿病の変化が主体なんですね。ちなみに渋谷区では緑内障とか眼科の異常があっても判定コードって言われる数字の中に、目の所見が1件もないんです。なので眼科の異常があった場合に個人的にお伝えすることしかできない自治体の結果として集積もできてないっていうのがちょっと残念なところではあるんですけど。眼科医が医師会の中で一生懸命活躍しなきゃいけないのかなっていうのはあるんですけれどもね。今電車の中とかにバカボンのパパが40歳を過ぎたら眼底写真を撮るのであってやってるのもあれは緑内障を早期に見つけましょうっていう啓発活動の1つ。自覚症状がないときに本当は見つけたいので自覚症状がなくても40歳以下に緑内障がないわけじゃないんですが40歳過ぎたら一つの健康診断と考えて眼底写真どこかで撮ってほしいなと思います。」

自治体の検診で眼底写真を撮っても、目の病気を見ているわけではなく、主に高血圧か糖尿病の変化を見る目的で眼底写真を撮っていることが多いそう。つまり、目の病気が見過ごされている可能性があると。自覚症状がない緑内障だからこそ、まずは検査に行くことが大事だという事でした。

40歳以上の方、そして周りの40歳以上の方には、ぜひ早めの眼底検査をおすすめしてください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ごめん、正直舐めてました……。【ダイソー】見つけたら即買うべき最強アイテム5選

    4MEEE
  2. 今年は“肉料理”も参戦!岡崎公園で「京都餃子大作戦withお肉」開催

    PrettyOnline
  3. 博多駅「マイング」の顔出しパネルを自宅に迎えた猛者現る 人々の顔ハメ続けて約8年、新たな居場所には仲間も

    Jタウンネット
  4. 定子と清少納言の少女漫画みたいなエピソード。『枕草子』は「春はあけぼの」だけじゃない!

    さんたつ by 散歩の達人
  5. 【浜名湖花博2024】浜名湖ガーデンパーク会場の気になるみどころ

    アットエス
  6. 【公示地価2024】商業地・住宅地トップで福岡市は初の二冠。福岡県は全用途と商業地で都道府県トップ!

    フクリパ
  7. 「2nd ANNIVERSARY ららぽーと福岡」4月25日(木)〜5月6日(月・祝)に開催! 【福岡市博多区】

    フクリパ
  8. 二重あごが気にならない!小顔効果抜群ボブヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  9. 【サッカープリンスリーグ東海・第3節速報】藤枝東とジュビロ磐田ユースが3連勝。清水エスパルスユースは逆転で2連勝

    アットエス
  10. ふるさと村に「レルヒさんの家」オープン! レルヒさんグッズや顔出しパネルを展示

    Komachi Web