Yahoo! JAPAN

昨季と何が違うのか?8失点KOで二軍落ちのオリックス山下舜平大をデータ分析

SPAIA

オリックス山下舜平大,ⒸSPAIA

ソフトバンク戦で2発被弾、今季防御率6.43

昨季、プロ初登板で開幕投手を務め、9勝を挙げて新人王に輝いたオリックス山下舜平大が20日に登録抹消された。

19日のソフトバンク戦に先発して4回8安打5四死球8失点。近藤健介に3号2ラン、山川穂高に4号3ランを浴びる乱調でKOされた。

今季は3試合に登板して勝ち星なしの2敗、防御率6.43。9勝3敗、防御率1.61だった昨季とは別人のような成績だ。

与四球率8.36と昨季より大幅に悪化

詳細なデータを昨季と比較すると違いが見えてくる。まず最も目につくのが与四死球の多さだ。

今季は3試合で14イニングを投げ、与四球13、与死球2。与四球率8.36と昨季の2.84から大幅に悪化している。ストライクゾーンを9分割したコース別データは以下の通りだ。


投球割合15%以上を示す赤色に染まるのは右打者の外角低め(23.1%)と内角高め(26.2%)、左打者の内角低め(20.9%)と外角高め(30.8%)だ。

低めに決まればいずれも被打率.000と全く打たれていないが、逆に高めは被打率5割以上と滅多打ちされている。

被打率.438のストレートが原因

球種別に見ると、ストレートは平均155.2キロをマークしており、昨季の154.3キロよりわずかに速い。にもかかわらずストレートの被打率は昨季の.257から.438に悪化。昨季はストレートの被本塁打が1本のみだったが、19日に近藤健介と山川穂高に浴びた一発はいずれもストレートだった。

一方、カーブは昨季の被打率.161から今季.158、フォークは昨季.065から今季.000と良化。やはり原因はストレートにあると見て間違いなさそうだ。

ストレートが高めに浮いて痛打されているのか、キレがないため打たれているのか、あるいはその両方なのか分からないが、いずれにしても平均155キロのスピードボールを打ち返される現状は非常事態。取り返しのつかないことになる前に、早めにケアした方がいいだろう。

絶対エース山本由伸が抜けた今季、山下がローテーションの軸として活躍しないと4連覇は遠のく。二軍で調整して本来のストレートを取り戻してほしいものだ。

【関連記事】
・【オリックス】森友哉、宮城大弥、若月健矢がアップ額トップ3 2024年の年俸ランキング
・西武・武内夏暉が3球団競合の実力示す、ロッテ上田希由翔も渋い働き パ・リーグドラ1新人たちの現在地
・オリックス開幕カード3連戦で過去最多動員、今春キャンプからフィーバー続く

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「サワラキャスティング」デビューを応援! 大物へのロマン、その魅力と釣り方を伝授

    WEBマガジン HEAT
  2. 『あののオールナイトニッポン0(ZERO)』、6/11放送に東野幸治のゲスト出演決定!

    Pop’n’Roll
  3. 上川隆也、藤原紀香、渡辺 大、財木琢磨、藤本隆宏、凰稀かなめ出演で、サスペンス劇の傑作『罠』を上演

    SPICE
  4. 【動画】大阪・なんばパークスに相撲エンタテインメントショーホール「日楽座」

    OSAKA STYLE
  5. 東葛合唱団はるかぜ35周年記念コンサート「ぞうれっしゃがやってきた!」6月23日開催【松戸市】

    チイコミ! byちいき新聞
  6. 【河口湖】例のローソンと黒い幕は、実際のところどうなっているのか? これがリアルな状況

    ロケットニュース24
  7. アニメ『キン肉マン 完璧超人始祖編』ストロング・ザ・武道役は大塚明夫さん! 「グロロロロ~ 楽しみにしてるがよい……」新キャスト&コメント到着

    PASH! PLUS
  8. 舞台『ブルーロック』3rd STAGE、竹中凌平が主演続投 新キャストとして草地稜之、松田 岳、遊馬晃祐、三浦海里の出演が決定

    SPICE
  9. 「もちっ&サクッ」食感の蘭越米でできたクレープ…"劇的においしい"注目のお店【札幌】

    SASARU
  10. 現役女子高生・沢美沙樹、制服姿で登場! 「目標は朝ドラに出ること、夢は大きく持ちたい」

    WWSチャンネル