Yahoo! JAPAN

シュタイナー哲学に基づいて設計された「台中中央公園」。 志は高いが、実際はゆるい⁉【台湾散歩案内】

さんたつ

台中の有名人気スポットのひとつが、逢甲大学のお膝元に広がる逢甲夜市(ファンゴンイエシー)。ガイドブックで定番の若向きな繁華街である。2020年12月、その大学の東隣に「台中中央公園」が正式オープンした。あっさり地味めな名前ではあるものの、実はつっこみがいのある散歩スポットなのだ。

空港の跡地にできた、東京ドーム約54個分の公園

もともと、ここは軍民共用の空港「臺中水湳機場(タイチョンシュイナンジーチャン)」があったエリア。2004年、それが近郊の清泉崗空港と統合(現・台中国際空港)という形で移動、広大な跡地で大規模再開発が進められている。「台中中央公園」はその目玉のひとつ。南北に延びる細長い公園で、面積約254ha。ベタな比較だと東京ドーム約54個分。南北の両端までまっすぐ歩いてざっくり30分、東京駅~新橋駅間を歩いたぐらいになる。

まずは南端にある観光案内所の「中央公園遊客中心」に向かうべし。かつて空港であったことから室内は空港を模した造りになっている。周囲に飛行機なんて見当たらないし、歴史を知らないと不思議な場所。いずれにせよパンフレットや公園の概要を確認できる。

中央公園遊客中心。
中央公園遊客中心の室内は、空港を模した造りになっている。

公園内の植物の種類は106種、1万本以上の樹木が茂っている。高すぎず平坦すぎずの起伏に富んだ緑豊かな魅力的な景観は、ここが平坦な空港だったとは思えない。公園を横切る車道も、断ち切らないよう丘の下で立体交差していて匠の技である。

今後周囲にイベント会場、図書館、高級マンションなどなどが建ち並ぶ予定だが、取材時は先のほうまで物寂しいほどに見渡せる。大げさに言えば砂漠のオアシスといった感じ。

人智学の理念に基づいて設計された12の体験施設

そしてこの公園を何より特徴付けているのが、園内のあちこちに設置された12種類の遊具というか体験施設である。これが何なのか、ちと説明が長くなるけど、お付き合いください。

20世紀前半、ドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナーによってはじめられた「人智学」という運動がある。オカルトに基づく真理を科学的知識をもって真摯に極めんとするもので、いかがわしいカルトの類いではない。理念に基づく教育にも熱心で「シュタイナー教育」と呼ばれ、独特な芸術教育で知られている。世界各地に日本ほか関連施設多数。

そして台中中央公園は、この人智学の理念に基づいて設計されているのである。経緯は分からないが、かなりおったまげた話である。シュタイナーは人間の感覚を五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)のみならず熱感覚、運動感覚、平衡感覚、生命感覚、言語感覚、思考感覚、自我感覚を加えた十二感覚に分類し、それぞれの育成向上に努めた。台中中央公園にある体験施設はこの12種類の感覚を体験するためのモノなのである。何か難解そうだけど、体験自体は上ったり下りたり、中で立ち止まってみたりなどなどの至ってシンプルなもの。むしろ12カ所巡っていくことのほうが難物かも。丘の上にあってなかなかたどりつけないため、いい運動にはなる。

北端の視覺體驗區(視覚体験区)から→嗅覺體驗區(嗅覚体験区)→思考體驗區(思考体験区)→生活體驗區(生活体験区)→溫度體驗區(温度体験区)→平衡體驗區(バランス体験区)→聽覺體驗區(聴覚体験区)→自我體驗區(自我体験区)→觸覺體驗區(触覚体験区)→味覺體驗區(味覚体験区)→動態體驗區(動態体験区)→談論體驗區(討論体験区)と順に南へと巡ってみた。

視覚体験区。
温度体験区。
自我体験区。
動態体験区。

台湾アートの勢いを感じさせる場所

志は高いものの、床が網のフィールドアスレチックのアトラクションにありそうな「バランス体験区」や、エリア分けされた3種類の草花を巡り、植えられた3つの植物の香りの相互作用を体験するはずが季節はずれで咲いていなかった「嗅覚体験区」、まだ体験できない「味覚体験区」など、微妙な施設にもいくつか出くわした。

バランス体験区。
嗅覚体験区。
味覚体験区。

一方、大地へ至る窪みを持つ薄暗い室内の「思考体験区」は瞑想に良さそうだし、黄と青のカラーグラスで被われたカフェ「生活体験区」で、その色に染まりながら休憩するのも良さそうだ。

思考体験区の外観。
思考体験区の内観はこのような感じ。
生活体験区。

周囲を池の静寂に囲まれた狭い広場で、自ずと互いの距離が狭まり討論が進みそうな「討論体験区」、丘に円環状に並ぶ風鈴が風で鳴らされる音に耳を澄ます「聴覚体験区」、種類の異なる石柱の群れに触れて質感を味わう「触覚体験区」などなど、ちょっと意識を研ぎすませれば、興味深い体験が味わえる。

討論体験区。
聴覚体験区。
同じく、聴覚体験区。
触覚体験区。

我が国にも現代アートの巨匠・荒川修作が造った驚愕のアート公園「養老天命反転地」が岐阜にあるが、あれのミニチュア体験版といったところ。「養老天命反転地」が好きならここも楽しめるはず。

こういう野心的な大公園ができてしまうあたり、今の台湾アートの勢いを感じさせる。

「中央公園遊客中心」
・9:00~17:00、無休
・台中市西屯區中科路2966號
※台中中央公園の開園時間は6:00~22:00

取材・文・撮影=奥谷道草

奥谷道草
ライター
東京生まれ。MOOK『散歩の達人 台湾さんぽ』を執筆。都心部の道草散歩歴は半世紀あまり。月刊「散歩の達人」で独特のセンスと経験を駆使し、散歩ライターとして雑貨を中心に、喫茶・エスニックなどの企画を取材執筆。2010 年から台湾に夫婦でハマる。以後二人して中国語を学びつつ、主に首都台北をはみだし、各地方の魅力ある街あるきを模索散策。書籍は15 年『オモシロはみだし台湾さんぽ』、18 年に続編にあたる『もっとオモシロはみだし台湾さんぽ』を上梓。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <お小遣い足りない>アルバイトをしていない高校生のわが子。不足分は家計からサポートする?

    ママスタセレクト
  2. リオデジャネイロ市との姉妹都市提携55周年を記念して開催! 神戸市が10月に「神戸のカフェに55(Go Go)!!キャンペーン」を実施 神戸市

    Kiss PRESS
  3. 北陸新幹線で行く福井に待っているのは? JR西日本が来月から福井駅発着「新感覚エンタメバス」(福井県福井市)【コラム】

    鉄道チャンネル
  4. 「グリ下の帝王」摘発で発覚…“手コキ”ロリコン先生がPayPayで女子中学生に払った1万円の行き先

    日刊ゲンダイDIGITAL
  5. 【三山ひろしのさんさん歩】飛鳥時代から伝わる日本最高峰と呼び声高い木工技術「土佐組子」の魅力を体験!

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  6. 旭川初心者におすすめ!まずは食べたい旭川市の北海道グルメ

    asatan
  7. 【旭川市神居・忠和】子どもも大人も楽しめるおススメコース!!

    asatan
  8. 【銀座・有楽町】カラオケ館が仕掛ける“ノマド喫茶”5月末まで半額!しかも無料豚汁の具がデカかった

    コクハク
  9. ドッグランや湖レジャー・・まるで大人の秘密基地! 青野ダムすぐ『BASE CAMP』でアウトドア体験と名物グルメを楽しんできました 三田市

    Kiss PRESS
  10. 筋肉がかっこいい!大相撲力士ランキング

    ランキングー!