Yahoo! JAPAN

岡本圭人「この作品を通じて生きることの大切さを知って考えてもらえたら」~『Le Fils 息子』が開幕

SPICE

『Le Fils 息子』舞台写真

2024年4月9日(火)に東京芸術劇場 シアターウエストにて『Le Fils 息子』が開幕した。

初日公演に先駆けて行われた囲み取材より、出演の若村麻由美、岡本圭人、岡本健一、演出のラディスラス・ショラーのコメントと、舞台写真が届いたので紹介する。

『Le Fils 息子』舞台写真        撮影:藤井光永

『Le Fils 息子』は、劇作家フロリアン・ゼレールによるもので、『La Mère 母』『Le Père 父』からなる3部作のひとつ。フランス演劇界で最高の栄誉とされるモリエール賞を受賞するなど高い評価を受け、ロンドンのウエストエンドなど世界13か国以上で上演された。22年にはハリウッドでゼレール自身の監督によりヒュー・ジャックマン、ローラ・ダーンの出演で映画化、23年に日本でも公開された。

『Le Fils 息子』舞台写真        撮影:藤井光永

演出は、フランスオリジナル版も手掛け、19年に上演された『Le Père 父』、21年の『Le Fils 息子』で演出を務めたラディスラス・ショラーが担当。

主演の岡本圭人をはじめ、岡本健一、若村麻由美、伊勢佳世、浜田信也、木山廉彬といった実力派キャスト・スタッフとタッグを組んで家庭内のシビアな現実を描く。

『Le Fils 息子』舞台写真        撮影:藤井光永

なお、『Le Fils 息子』は『La Mère 母』と同時上演となる。

【『Le Fils(ル・フィス) 息子』ストーリー】
両親の離婚後、学校にも登校せず一日中独り行くあてもなく過ごしていたニコラは、とうとう学校を退学になってしまう。そんなニコラの様子を聞いた父親ピエールは、離婚・再婚後、初めて息子と正面から向き合おうとする。生活環境を変えることが、唯一自分を救う方法だと思えたニコラは、父親と再婚相手、そして年の離れた小さな弟と一緒に暮らしはじめるのだが、そこでも自分の居場所を見つけられずにいた。
出演者コメント(4月8日囲み取材より)

■岡本圭人
3年ぶりの再演となりますが、この『Le Fils 息子』は多くの方々に届けるべき作品だと思いますし、この物語はたくさんの方々に知っていただきたいです。またこうして再演という形でお客様に届けることができて嬉しいです。今回は『Le Fils 息子』と『La Mère 母』を同時上演となるので、とにかく頑張るしかない! という気持ちです。
3年前は自分の初舞台だったのですが、そこからいろんな舞台を経験させていただいたので、またニコラを演じさせていただくのは原点に戻ったような気持ちです。今回は『母』と『息子』の同時上演ということもあり、『息子』の稽古をしながら『母』の稽古をしていたので、『母』をやっていくうちに『息子』のニコラも成長していく相乗効果のようなものを稽古場では感じていました。だから『Le Fils 息子』だけでなく、『La Mère 母』を観劇することによって『Le Fils 息子』の解釈や感じ方、考え方が変わると思いますので、ぜひ両作品とも観ていただきたいです。
この作品は自分の初舞台作品なので特別な思いがあり、今回の稽古が始まる前は「この三年間で成長した姿をカンパニーのみんなに見せたい」と思っていたのですが、実際に稽古が始まったらそんな余裕はなくて、とにかくお客様に見せたい! という思いを強く感じました。またこの『Le Fils 息子』は、”生きる”か”死ぬ”かがテーマになっているのですが、生きていれば誰でも考えたりすることだと思うので、この作品を通じて、皆さんにも生きることの大切さを知っていただき、考えてもらえたらなと思います。

■若村麻由美
4月5日に『La Mère 母』の素晴らしい初日をあけることができてホッとしたばかりで、本日4月9日に『Le Fils 息子』の初日を迎えるので、母の初日を空けたのが夢のような気持になっています。10日にはいよいよ『母』と『息子』の同時上演という初めての経験が待っているので、心臓が飛び出るような緊張感とトキメキを感じられるなんて、とても恵まれた環境にいるんだなと感じています。3年前もすごくいいカンパニーでしたが、3年を経て再会しても、チームワークがよくて、信頼し合える役者、信頼できるスタッフと仕事ができるということが、本当に幸せなことなんだなと実感しています。
『Le Fils 息子』は、生きるということを模索している息子を愛する両親がなんとか助けようとする物語で、『La Mère 母』は、生きる望みを失って、生きている価値がないと感じている母の目線で書かれた物語です。ラッドの演出では、母としてすべてを失った人がもう一度夫婦として生きていく道を見つける、という光を感じて終わる演出になっています。
『Le Père 父』は、人生を終えていく父が認知症を患ってしまい、自分の中にあるものが全て空っぽになっていく姿を描いています。
すべての主人公が何かを喪失していくということを描き、周りの家族も描いたのが「家族三部作」です。
それぞれの家族がどうしていくのかを描かれているので何度観ても見ごたえのある作品になっていると思います。

<若村麻由美プロデュースグッズについて>
昨年の12月頃から台本の打合せなどが始まっていたのですが、1月に能登の震災があったこともあり、稽古の途中ではありますが、私たちもそれぞれに復興支援を行っていました。能登は、私自身は能登演劇堂のこけら落としにも携わっていまして、三年前の初演の時に『Le Fils 息子』を能登演劇堂を上演したこともあり、カンパニーのみんなも能登に思い入れを持ってくださっています。
このランタンは、ソーラーで灯るもので、防水で、震災の影響で電気がないところや、(アルピニストの)野口健さんがボランティアで作っていらっしゃるテント村にも配置してとても役立ていらっしゃるそうです。
「家族三部作」には、”Mon Putit Solail モン・プティ・ソレイユ(私の小さな太陽)”というセリフが三部作全てに登場するのですが、このランタンは”ソーラー”なので、この”Mon Putit Solail モン・プティ・ソレイユ(私の小さな太陽)”というセリフを私の直筆で入れました。購入していただくと、ひとつは皆様のお手元に、そしてもうひとつが能登で被災されている方々のもと届けられます。今回は私が自らお届けに行きたいと思っています。ぜひ皆様、能登のためにもお買い求めいただければと思います。

■岡本健一
3年前は圭人が初舞台だったので、その時と比べると今回感じるものは全然別次元だし、子供の成長は早いなと……(笑)、ただ大人も同じように成長していないといけないですね。この3年間は世界的にも戦争や震災があったり、世界中がより家族について考えていた気がしています。そういう時にこれからを担う若者たちに大人たちがどう対応していくか、この作品にはそういったすごく大事な部分が描かれているので、言葉で表すのが難しいものを劇場に来れば体感できるというのが舞台の面白さだと思うので、ぜひこの作品を観て感じて欲しいと思います。
稽古期間は2か月以上あって、スタッフのみんなも何か月もかけて準備してくれて、肉体と精神を使って涙を流したり汗かいて作り上げてきているので、その感じをお客様と一緒に共有できる時間が楽しみでしょうがないです。ご覧くださったお客様が胸を鷲掴みにされるような感情になるのは、ゼレールの脚本のすごさとラッド(ラディスラス・ショラー)の演出が世界最高レベルだからだと思います。このタイミングで、東京や日本各地で観れるというのはすごく贅沢なことで、本来であれば日本いたら観られない世界だと思いますし、劇場に来てもらえればこの物語の素晴らしさや大切さをすごく感じてもらえると思います。
圭人とは、もう共演しないと思うので……見逃さないでください(笑)。ぜひ劇場で体感して欲しいと思います。

[演出] ラディスラス・ショラー コメント (4月8日囲み取材より)

フランスでの公演もあわせると、この「家族三部作」に私が関わるようになって約12年になりますが、日本で三部作全てを上演することができてすごく嬉しいです。
稽古期間は本当に密度が濃く、大変でしたが楽しく、喜びに満ちた時間でもありました。
4月5日に『La Mère 母』の初日の幕が上がったばかりなので、数日後に2番目の初日があるという非常に珍しいケースで、なかなか無いことですし緊張もしていますが、私はこのチームの俳優たちを信じています。
『Le Fils 息子』初演から3年という時が流れました。時間が経つと、人間は感じ方が変わります。なので前回のクリエーション時から3年を経た今、私たちの感受性が変化していることによって演出に多少の違いを生んでいると思います。今回の『母』『息子』はまるで鏡合わせのような2作品なので、これらを同時に上演することで、お互いの作品に影響を与え合っていると思います。
このチームはまるでファミリーなので、家族三部作には本当にふさわしいと思いますし、これらを完走することによって、私たちの間にはより強い絆が生まれるでしょう。この三部作は、“人生”に似ているんだと思います。ご覧になる方は必ず“自分自身”をこの作品の中に見出すことでしょう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【夜焚きイカ釣果速報】イカメタルでも100尾オーバーと絶好調(福岡)

    TSURINEWS
  2. 猫は『雷』が苦手?怖がる理由3つと、飼い主さんがしてあげられる対処法

    ねこちゃんホンポ
  3. 犬は飼い主の『笑顔や泣き顔』を認識してる?愛犬が持つ優れた能力まで解説

    わんちゃんホンポ
  4. 大切な人を連れてきたくなるリピーター続出の新店 阪急園田駅近くの『鶏焼肉 凡』で「凡比べ6種」を食べてきました 尼崎市

    Kiss PRESS
  5. 過去6回小倉競馬場で開催された【中京記念GⅢ】の勝ち馬の中で最も出世した馬とは!?

    ラブすぽ
  6. キム・カーダシアン、息子が皮膚疾患を患っていると告白「私の乾癬が別の形で遺伝した」

    Techinsight
  7. ホテル浦島のバイキングメニューが「熊野cuisine(キュイジーヌ)」をテーマに大幅リニューアル

    舌肥
  8. 夏にぴったりの新感覚コーヒー♡冷たいティラミス QBB×coffee up!「ティラミスシェイク」期間限で発売中 神戸市

    Kiss PRESS
  9. 犬が『ビーズクッション』で遊んだ結果…想像以上の『大惨事』が287万再生「罪悪感ありそうw」「片付けるの大変すぎる」絶賛と労いの声

    わんちゃんホンポ
  10. 【大阪・大人女子に人気のカフェ】お洒落で落ち着いた雰囲気のカフェで優雅なひと時を♪ 大阪で大人の女性に人気のカフェ5選

    まっぷるWEB