Yahoo! JAPAN

【徒然リトルジャーニー】栃木県茂木町~里山に幻の汽笛が鳴り響く

さんたつ

栃木県東南端に位置し、モータースポーツの町として名高い茂木(もてぎ)町。週末にはSLが走る真岡(もおか)鐵道の終着でもあり、その先へと延びる未成線跡が近年注目を集めている。完熟っぷりが評判のいちごを頬張りつつ、里山での出会いを楽しむ旅に出た。

groovin(グルーヴィン)

アクセス

鉄道:JR・地下鉄東京駅から東北新幹線・JR水戸線・真岡鐵道で約3時間の茂木駅下車。

車:東北自動車道川口JCTから東北自動車道・北関東自動車道を利用し、真岡ICまで約101km。同ICから茂木町中心部まで約27km。常磐自動車道・北関東自動車道経由で友部ICも利用可。

茂木城本丸跡から見通せる景色

町の中心部を貫くメインストリートの先に、こんもりとした高台が見えている。一帯は城山公園として整備され、サクラの開花期は花見客でにぎわうらしい。聞けば茂木氏の祖・茂木知基(とももと)が建久3年(1192)に茂木城を築き、以後400年以上にわたり居城とした地とのこと。本丸跡からは、町並みの先に連なる里山の風景や、幻の長倉線の痕跡とおぼしき空間が見通せる。

眼下に横たわる建物が気になり足を運んだところ、江戸期創業の酒蔵跡に立つ『ふみの森もてぎ』と判明。開放的な空間と木の温もりに圧倒されていると、「町内外の方にご利用いただき、交流の場になればとの思いで運営しています」と職員の斎藤哲郎さんに声をかけられた。単なるハコモノの公共施設にはない、地域の魅力発信への熱い思いや気配りが隨所に感じられ、県内の公共図書館では初の「日本図書館協会建築賞」を受賞したのもうなずける。

幻の長倉線

先人に思いをはせ、未成線の痕跡を訪ね歩く

下野中川停車場跡には幻の駅舎がお目見え!
大峯山トンネル内は通行不可で迂回路がある。

未成線とは鉄道敷設工事が進められながら、完成に至らなかった路線のこと。旧国鉄真岡線茂木駅と長倉村(現茨城県常陸大宮市)を結ぶ長倉線もその一つで、太平洋戦争の戦況悪化で放棄された。線路が敷かれることのなかった築堤跡は散策路として整備され、ベンチやキロポストを設置。アーチ橋やトンネルなどの鉄道遺構も間近にできる。

ふみの森もてぎ

町有林をふんだんに活用した複合文化交流施設

連接サスペンアーチ構造の天井が目を引く図書館。テーマごとに分類され、目的の本を探しやすい。

町の中心部に位置し、約8万冊の蔵書を有する図書館をはじめ、歴史資料展示室(2024年4月7日までテーマ展「茂木の近代建造物」を開催中)、交流広場、カフェ、かつての酒蔵を活用したギャラリーから構成される。町内散策前に地域の歴史を調べたり、休憩がてら立ち寄ったりと、気軽に利用したい。

ふみの森もてぎ
住所:栃木県茂木町茂木1720-1/営業時間:9:00~19:00(土・日・祝は~18:00)/定休日:月(祝の場合は翌火休)

ゆず加工品

価格も手頃な茂木みやげの最有力候補

道の駅内「おみやげ けやき(欅)」で販売。
町のマスコット「ゆずも」のグッズも揃う。

香り高く、町を代表する特産品ゆず。町産農作物の活用に取り組む『道の駅もてぎ』では、オリジナルブランド「もてぎ手づくり工房」を立ち上げ、塩ゆず560円、柚子シロップ470円、柚子酢460円、柚子ポン酢500円、柚子ドレッシング540円など多くの加工品を製造・販売している。

●栃木県茂木町茂木1090-1 ☎0285-63-5671(道の駅もてぎ)

美土里(みどり)農園

町内唯一の観光いちご園

土耕栽培により味に深みとコクが増したいちごが食べ放題だ。

土壌や寒暖差などがいちご栽培に適した環境の茂木町。11軒の生産者のうち、いちご狩りが楽しめるのはここだけだ。とちおとめととちあいか(=酸味控えめで甘さが際立つ新品種)の2種が食べ放題で、2024年シーズンの開園は5月末まで。

美土里農園(みどりのうえん)
住所:栃木県茂木町深沢3200/営業時間:9:00~16:00(予約優先)/定休日:期間中無休

大兼(おおがね)製麺

地元で長く愛される明治5年創業の製麺工場

篠にかけ段々干しで乾燥中の麺と大兼宥二社長。
自慢の麺は『道の駅もてぎ』で食べられる。

工場隣接の直売所にはツルツル食感のうどん「百騎(ひゃっき)麺」1把(わ)240円や看板商品の島田うどん同230円など乾麺がずらり。ソース焼きそば3食入り290円や原料に粘りの強い県産もち麦を用いたつけ汁うどん2食入り600円、ゆず塩らぁめん2食入り430円など生麺も根強い人気がある。

●8:00~12:00・13:00~17:00、日休。栃木県茂木町茂木1324 ☎0285-63-0051

木造校舎に足を踏み入れ、タイムスリップ気分

続いて、店名に惹かれて『cafe鎮守』へ。「近くに神社があるので」と由来を教わったが、その一方で心が鎮まる場所でありたいとの思いも込めたとか。不揃いのテーブルや椅子はどれもお気に入りのアンティークで、風通しのよい空間は、人だけでなく古き物たちも居心地がよさそうだ。

近くにある旧木幡(きばた)小学校は『cafe鎮守』の横堀さんの母校で、今は廃校跡を『昭和ふるさと村』として活用している。「昭和ふるさと館」と銘打った木造校舎に足を踏み入れ、教室や廊下を目にした途端、タイムスリップしたかのような錯覚に陥った。自分が学んだ木造校舎はとっくに姿を消しているだけに、こうしたかたちで母校が残されているのがうらやましい。

cafe 鎮守(チンジュ)

初めてなのにホッとする居心地のよさも魅力

いちごのプリンアラモード(左)は期間限定で提供。
共同経営のアンドウハルミさんと横堀一樹さん。

田園風景のなかにポツンと立つ平屋の民家が、2022年に居心地のよいカフェに変身。ドリンク500円~や素材を生かしたスイーツを注文し、穏やかに過ごすのが似合う。数量限定のランチセット1500~2000円は公式LINEまたは電話での原則予約制。

cafe 鎮守(カフェ チンジュ)
住所:栃木県茂木町飯1070/営業時間:11:30~16:00LO(金・土は~15:00LO)/定休日:月・火(不定休あり)

昭和ふるさと館

郷愁を覚える昭和初期築の木造校舎

昭和のサロン、教室、民家などに分かれた館内。校舎入り口部分のモダンな造りも印象深い。

2006年に幕を閉じた旧木幡小学校。高台の廃校跡を宿泊棟・オートキャンプ場・グランピング施設・カフェとして活用する『昭和ふるさと村』内にあり、風雪に耐えてきた昭和9年(1934)築の木造校舎(国登録有形文化財)を「昭和ふるさと館」として開放。

昭和ふるさと館
住所:栃木県茂木町木幡252/営業時間:9:00~17:00/定休日:火・水(祝の場合は開館)

心の奥底に潜む感情が、旅先で不意に湧き上がる

町内屈指の知名度を誇り、敷地の広さにも驚かされた『ツインリンクもてぎ』改め『モビリティリゾートもてぎ』からの帰り道、塩田交差点にある「→日本の棚田百選」の小さな看板が目に留まった。導かれるように立ち寄った「石畑(いしばたけ)の棚田」に人影はなく、農閑期ゆえ田に水は張られていない。しかし、心の中の原風景とでも言うのだろうか。この場に立ち、吹き抜ける冷たい風を頬に受けていると、なぜか落ち着いた心持ちになるから不思議なものだ。

棚田での感慨を胸に、静かに旅を締めくくるつもりだったが、町なかで見かけた中古レコード店がどうしても気になる。「ちょっと覗(のぞ)いてみるだけでもいいですか」と声をかけたところ、『groovin(グルーヴィン)』の福田さんは「全然気にしないで」と笑顔だ。束の間のつもりが、レコードどっぷり世代の端くれだけに、聴き覚えのある曲が流れるたび話が尽きず、結局長居してしまった。一度は手放したプレーヤーを再び買い直そうか。今、真剣に思い悩んでいる。

モビリティリゾートもてぎ

子供から大人まで楽しめる里山の行楽スポット

グランピング用テントは全5タイプ(写真はロータステントワイド)。
カートの運転には一定の条件が設けられ、事前予約も必要だ。

2022年、モータースポーツファンになじみ深い『ツインリンクもてぎ』から現施設名に改称。国際規格のサーキットを取り囲むように、アスレチックや乗り物系アトラクション、ハローウッズでの自然体験など気になるスポットが揃う。ホテルのほかグランピング、ログキャビンなど宿泊施設も充実し、ファミリーや気の合う仲間が泊まりがけで楽しめる。2024年3月には歴代の名車やホンダジェットを展示する「ホンダコレクションホール」がリニューアルオープンし、空のアスレチックひろば「KONOMI」が新アトラクションとして加わる。

●料金・施設利用時間・休園日などはHP参照。栃木県茂木町桧山120-1 ☎0285-64-0001

石畑の棚田

のどかな原風景が目の前に広がる

農閑期の棚田ならではの哀愁も味わい深い。

1999年に農林水産省が認定した「日本の棚田百選」の一つ。自然豊かな里山の風景が広がる入郷(いりごう)集落にあり、狭い山あいの傾斜地に、弧を描くように細長く続く水田は180枚ほどにも及ぶ。かたわらの道路は「関東ふれあいの道:棚田めぐりのみち」のコースに選定。農作業の妨げにならないよう、マナーを守って訪ねたい。

●栃木県茂木町入郷石畑

groovin

アナログ盤ならではの魅力に引き込まれる

「音楽好きが交流できる場に」と福田さん。
店名の由来であるヤング・ラスカルズの名盤。

茂木駅近くの空き店舗を活用し、2023年に移転開業した中古レコード店。ブリティッシュ・ロックを筆頭に名盤からコレクター垂涎(すいぜん)のレア盤まで、店主・福田龍也さん厳選のLP盤やドーナツ盤が並ぶ。自慢のオーディオでの試聴は至福のひとときだ。

groovin(グルーヴィン)
住所:栃木県茂木町茂木1607/営業時間:15:00~19:00(土・日・祝は12:00~)/定休日:水(祝の場合は営業)

【耳よりTOPIC】「妖精の森」と称されるミツマタ群生地

幻想的な光景だ。(写真提供=茂木町商工観光課)

枝先が3本に分かれることが樹木名の由来のミツマタ。町の南部・焼森山近くにあるミツマタ群生地では例年3月上旬~下旬に黄色いミツマタの花が見頃を迎え、春を待ちわびる散策客でにぎわいを見せる。期間中のアクセス方法については事前に確認を。

●栃木県茂木町飯 焼森山付近 ☎0285-63-5644(茂木町商工観光課)

取材・文・撮影=横井広海
『散歩の達人』2024年3月号より

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【浅草で人気】世界中からバックパッカーが集まる「サクラホステル浅草」に泊まってみた / 朝食付き1泊3500円!

    ロケットニュース24
  2. 「水のある風景」テーマに写真展

    赤穂民報
  3. 声優・小野賢章が富田美憂に“ヤキモチ” 「羨ましすぎる‥」 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  4. 【京都洋食】銀閣寺から徒歩圏内!長年愛されてきた町の名店「キッチンなかお」

    キョウトピ
  5. 【京都】人気のお店が続々進出! 2024年にオープンした一度は訪れたいお店4選

    anna(アンナ)
  6. メガネ姿の小野賢章 「嫌わないで!」と役が“憑依” 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  7. 【ホロライブ】『hololive GAMERS fes. 超超超超ゲーマーズ』テーマソング『We are GAMERS !!!!』が配信開始! 会場で楽しめるコラボフードも発表 【今週の人気記事】

    PASH! PLUS
  8. 【動画】レースクイーン・広瀬晏夕、K-1ガールズ2024就任で思いを語る!

    WWSチャンネル
  9. 【大津】「琵琶湖ホテル」で絶景を望むルーフトップBBQがスタート!

    PrettyOnline
  10. Ado『ROCKIN’ON JAPAN』2024年7月号表紙巻頭特集に登場!叶えた夢、そして残された夢を語る!

    WWSチャンネル