Yahoo! JAPAN

やきものたまご6人巣立つ、四日市の「ばんこの里会館」で第16期修了式

YOUよっかいち

講師の松本尚さん(中央)と記念撮影する修了生。左から赤尾はるかさん、木谷美和さん、駒田美樹さん、鈴木佑香さん

 未来の伝統産業の担い手を育てている「萬古焼技術者育成研修やきものたまご創生塾」の第16期修了式が3月8日、三重県四日市市の「ばんこの里会館」で開かれた。今期は6人がそろって修了となり、萬古業界に就職するなどして、さらに自分の焼き物をきわめていく。

 修了式には、赤尾はるかさん、木谷美和さん、駒田美樹さん、鈴木佑香さんが出席(落合侑子さんと山村百香さんの2人は都合で欠席)した。国、三重県、四日市市などからの来賓や萬古作家など約30人が門出を見守った。萬古陶磁器工業協同組合の熊本哲弥理事長が1人ずつに修了証書を手渡した。

熊本哲弥理事長から修了証書を手にする修了生たち

 熊本理事長はあいさつで「近年、業界の変化は激しく、ものづくりも販売も昔からのやり方だけでは対応が難しくなった。みなさんの時代は、さらに厳しい変化が待っているでしょうが、新しい萬古焼を盛り上げるつもりでがんばってください」と励ました。

 研修期間を通しての講師を務めた陶芸家の松本尚さんは、創生塾の講師を5年間務めてきて、今回が最後の生徒になるという。あいさつで「いっぱい考えて工夫してきたつもりです。お世話になりました」と寂しさも口にした。

 修了生の謝辞で、赤尾さんは「1年はあっという間でしたが充実していました」、木谷さんは「研修に参加したことで、将来の自分の姿がイメージできるようになりました」、駒田さんは「学んだことの向上をめざし、就職先でも仕事をしていきます」、鈴木さんは「楽しみながら学べました」など、それぞれの思いを語った。

 やきものたまご創生塾は、2007年に始まり、毎年、準備研修を経て7月から本格研修が始まり、ロクロ形成の基本や応用、デザインでの運筆練習や作品の絵付をするほか、陶芸家を訪ねるなど広い知識を学んでいる。

修了生の作品を見る来賓ら

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 渋めのハワイアンシャツ着てるレディはどう? 「SUN SURF」のハワイアンシャツ

    Dig-it[ディグ・イット]
  2. 自由ケ丘高校の生徒が地元企業と探究学習をスタート 混合チームで課題解決?【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  3. 知ってそうで知らない【アジ・サバ・イワシの見分け方】意外な体の構造の違いとは?

    TSURINEWS
  4. 1日2組しか入れない割烹旅館「常磐館」 100年経ても色あせない美しさにうっとり

    Jタウンネット
  5. 犬が嗅ぐのに夢中になる『人間の部位』5つ クサイから?場所別でわかる愛犬の気持ちとは?

    わんちゃんホンポ
  6. 【見た目も◎】奇跡のようなくちどけ!ココス「純氷ふわふわかき氷」が最高すぎる…!

    ウレぴあ総研
  7. スライダーと6種類の波で夏を満喫! 尼崎スポーツの森『ウォーターパーク アマラーゴ』が7月6日にシーズンオープン 尼崎市

    Kiss PRESS
  8. 猫と人間の『五感』はこんなに違った!3つの感覚別に見る「猫の世界のとらえ方」

    ねこちゃんホンポ
  9. 「ハイエンドリールの価格が爆上がり」 釣り具への物価高騰の影響はどれほど?

    TSURINEWS
  10. 「梅雨グレ(メジナ)」狙いの磯フカセ釣り入門【魚種ごとのエサ取り回避術とは?】

    TSURINEWS