Yahoo! JAPAN

デンゼル・ワシントン主演映画『ザ・ウォーカー』の前日譚ドラマが制作決定!新たな主演は『スター・ウォーズ』キャスト

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが主演した2010年の映画『ザ・ウォーカー』。同作の主人公の若かりし頃を描く前日譚ドラマが制作されることが分かった。米Deadlineが伝えている。

【関連記事】僕たちの友情は世界へと放たれたんだ!オスカー・アイザックとジョン・ボイエガに直撃インタビュー『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

世紀末、本を持って歩き続ける男の目的は…

映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に一冊だけ現存する本を持って歩き続ける謎めいた男イーライの姿を描く。イーライは次々と現れる襲撃者を倒しながら、心の声に導かれるように西へと歩みを進めるが…。

監督を務めたのは、ジョニー・デップ主演映画『フロム・ヘル』のアレン&アルバート・ヒューズ兄弟。イーライ役のデンゼルのほかには、ゲイリー・オールドマン(『窓際のスパイ』)、ミラ・クニス(『ザット '70s ショー』)、レイ・スティーヴンソン(『スター・ウォーズ:アソーカ』)、ジェニファー・ビールス(『Lの世界』)、マイケル・ガンボン(『ハリー・ポッター』シリーズ)、マルコム・マクダウェル(『時計じかけのオレンジ』)らが出演していた。

主人公イーライの若かりし頃を描く前日譚ドラマでは、映画版で脚本を執筆したゲイリー・ウィッタがクリエイター・脚本・製作総指揮を兼任し、ヒューズ兄弟も制作総指揮に名を連ねる。なお、映画版の配給を担当していたワーナー・ブラザースは前日譚ドラマには関わらないと見られている。

映画は核戦争によって多くの生命が死に絶えてから約30年後という設定だったが、情報筋によれば前日譚ドラマは映画版のおよそ30年前ということなので、核戦争が起きるところ、あるいは起きた直後を描くことになるようだ。

若きイーライを演じるのは、『スター・ウォーズ』シリーズのフィン役で知られるジョン・ボイエガ。これまで『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』『LAW & ORDER:UK』『スモール・アックス』といったドラマに出演したことはあるものの映画を主戦場としてきた彼が、デンゼルから引き継いだ役をどのように演じるのか、期待したい。

ちなみに、デンゼルが主演した映画がドラマ化されるのはこれが初めてではなく、ジェフリー・ディーヴァーの人気小説を原作とした『ボーン・コレクター』や、1980年代のドラマを元にした『イコライザー』がドラマとしてよみがえっている。(海外ドラマNAVI)

参考元:米Deadline

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「お祭りローソン」...だと? 超絶テンション高そうなコンビニ、ねぶた祭りの地元に爆誕

    Jタウンネット
  2. カーブを曲がりきれなかった車が大暴走 宙を舞い民家の車庫に突っ込む(米)

    Techinsight
  3. スピーディーにお土産買える「無人店舗」東京駅新幹線ホームに18日オープン 斬新なお買い物体験を楽しんで

    鉄道チャンネル
  4. 全国で90以上も!天守があるお城一覧リスト

    城びと
  5. 猫がお外から帰ってくると…心配しすぎた柴犬の『ボディチェック』に182万再生の大反響「まるで旦那さんとママさん」「優しい世界」

    ねこちゃんホンポ
  6. 猫の健康を損ねてしまう『食器にまつわる4つのタブー』最悪食べなくなってしまうことも?

    ねこちゃんホンポ
  7. 『マスターズ・オブ・ザ・エアー』の裏にあったスピルバーグの父親の功績とは?

    海外ドラマNAVI
  8. 絵画の中にいるみたい... 昭和記念公園の「圧倒的な春」は今が見ごろ

    Jタウンネット
  9. 猫には危険な『人のお菓子』5つとその理由 ポロポロこぼしたり、出しっぱなしは厳禁!

    ねこちゃんホンポ
  10. LEXとLANAによる兄妹コラボ楽曲「明るい部屋」のMVをプレミア公開

    SPICE