Yahoo! JAPAN

ライトゲーム好きアングラーが釣れない時についたウソは「ぜんぶ竿のせい」

TSURINEWS

アジングタックル(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

気持ちは大きく「オールデイ・フィッシング」を目標に、月に2回の釣行頻度で、アジングを主軸にしたライトゲームを上天草・天草で楽しむ筆者。そんな筆者が、釣りの為に積み重ねて来た「ウソ」の数々を赤裸々に告白しますので、皆さんは絶対に真似しないで下さい。

男には一人の時間が必要

筆者は基本的にパートナーと一緒に釣りに行くのですが、どうしても釣果を優先したストイックな釣りに魅了されてしまい、いてもたってもいられず、一人で釣りに行く悪略を企ててしまいました。

パートナーへは「一人の時間が欲しい」と訴えて、家で静かに黄昏てる雰囲気を装い、黙って目的地となる海へ向かったのです。

そこまでして強行した釣行結果はボウズ。パートナーは心配していた様で……。

筆者としては、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、「一人での釣りは楽しくないから、もう絶対にしない。」と謝罪して、丸くおさめてもらいました。

今までの「輝かしい釣果」は、筆者を支えてくれるパートナーが居てこそ成立するものだと実感し、今後は特別な許可が出ない限りは、一人での釣行はしないと誓いました。

ごめんなさい。

今のタックルでは戦えない

某メーカーのハイエンドモデルでアジングをしていたのですが、「アタリがあるのに乗らない」と愛すべきタックルに不信感が募り、「今の竿では無理だ」と愚痴ってしまいました。

勿論、自分の腕が悪いのが一番の原因ですが、当時の筆者には理解出来ませんでした。

性能を求めて購入したアジングロッド(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

そして、筆者が提案したタックル購入予算案に対し、我が家の大蔵省の許可が出ない為、「仕事で必要な物を買うから……」と別の目的へすり替えて予算案を通過させ、NEWタックルを揃えてしまいました。

生活を苦しくさせて、大変申し訳ありませんでした。

死ぬかと思った

「水難の相」。これは、当時の筆者を表現するのに的確な言葉でした。

スロープで水汲みをする際に、落水してしまい、三途の川を渡りかけた経験があります。

その経緯を担保に、ライフジャケットを購入する資金を財源から無理矢理に捻出(貯金崩し)してしまいました。

ウェアとライフジャケット(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

「あの時は死ぬかと思ったよ……」と語る筆者に対し、「大切な趣味だから安全性の高い物を身につけて欲しい」と真剣に気遣ってくれる家族に、少し心が苦しくなりましたが、買ってしまいました。しかも、「ウェア」もセットで……。

かたじけない。

釣果偽装

釣り人としてあるまじき行為ですね。

釣った魚のサイズを盛ってしまいました。更に釣れた数も……

勿論、遠い過去の記憶ですよ。昨今は、そんな事が出来ない立場にしてもらったので、全て計測しております。

しかし、釣り談義でヒートアップしてしまったのです。釣れたのは39cmのメイタだったのですが、「40cmオーバーのチヌで、かなり手こずったよ。ゼロ号のチヌ竿で、ハリスも1号だったからね」っと、ド派手に盛りました。魔が刺した感触がありました。

釣れた魚は、手で撫でたら伸びそうな気がして……。

つい言ってしまいましたが、談義相手から写真の要求があった為、やむをえず再計測したのですが、やっぱり少し足りないのです。

筆者の苦しい言い訳としては、「帰ってから測ったら縮んだみたい!」と説明したのですが、相手から理解は得られませんでした。

あの時は、若かったな~。

海はもう死んでいる

真冬の磯にて、寒チヌ狙いで、思い入れのある瀬に渡るところでした。何故か「取材で同行させて欲しい」と言って、某釣り雑誌のライターさんが、カメラを片手に同じ磯に上がって来られました。

当時は、「全誘導・全層」の釣法が主体のチヌ釣りがブームで、筆者は全層のゼロ号ウキ仕掛けでスタート。

その日は風も無く、波も穏やかで、フィールド的に釣れる気配がムンムンと立ち込めていました。

「ライターさん、少し可愛いサイズでも大丈夫ですか?」と笑顔で語る筆者に、「大丈夫ですよ。その拘りの仕掛けで釣れた時は、一枚撮らせて頂きます」と楽しい会話が成立してました。

しかし、その日は何をやってもダメで……。

筆者の奥の手である全層沈めウキを駆使して、潮の中を仕掛け全体で探ってみるも、カサゴ一匹すら釣れない状況に陥ってしまいました。

そんな状況を目の前にし、つい絞り出す様な声で呟いてしまったのです。「海はもう死んでいる」

「チヌを釣ったら雑誌の一面でお願いします」と強気にホラを吹いてごめんなさい。あの日、死んでいたのは「私」でした。

ライターさん、何も釣れなくて、すみませんでした。

振り返ってみて

あの時の筆者は、釣り人で言うところの新米アングラーに当たる時期で、腕前を釣果で大きく見せたいという願望が少しばかり強かったのかな?って感じています。

アジングで釣れたアジ(提供:TSURINEWSライター松永一幸)

これからは、周りの人をハッピーにさせる楽しいウソではなく、「情報」をご紹介出来るよう、努めてまいります。

<松永一幸/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 『すみっコぐらし』が初の舞台化! 『パペットミュージカル すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が8月より公演決定

    PASH! PLUS
  2. 【ごくらくじ花まつり】楽しい祭で仏教に触れよう!多国籍グルメも集結!|小千谷市

    日刊にいがたWEBタウン情報
  3. USJ、CSRスローガンをリニューアル チャリティTシャツ発売決定

    あとなびマガジン
  4. 空港でキャンプができる!? 北海道内の「空港が楽しくなる取り組み」とは

    北海道Likers
  5. 愛猫が心から愛している『5つの大好物』猫がおいしさを感じるポイントとは

    ねこちゃんホンポ
  6. 犬に絶対与えてはいけないおもちゃ5選 思わぬ事故を引き起こす危険な玩具とは?

    わんちゃんホンポ
  7. 夏用サンダル、もう買った?♡「LOWRYS FARM」の新作アイテム3選【コスパ名品リスト#591】

    LAURIER PRESS
  8. アイディアあふれる新作フレーバーが毎月登場♡ 『nijicafe(ニジカフェ)』で春らしいチーズケーキを満喫しました 神戸市

    Kiss PRESS
  9. 史上最高の抱きごこち!癒しの「ブルーナボンボン」ミニサイズがついに登場【洗濯OK】

    ウレぴあ総研
  10. プロ野球史上最強の「ストレート」を誇ると思う剛腕投手ランキング

    ランキングー!