Yahoo! JAPAN

笠井アナ、訃報を受け複雑な胸中を吐露「深い悲しみの一方で、ある種の安堵感とでも言うのでしょうか」

Ameba

元フジテレビアナウンサーの笠井信輔が17日に自身のアメブロを更新。訃報を受け複雑な胸中を吐露した。

笠井アナは、2019年12月に悪性リンパ腫と診断されたことを公表。入院生活を送りながら抗がん剤治療を受けてきたが、2020年4月30日に退院、5月には仕事復帰を報告していた。

この日は「『あきらめるな』と言えなかった自分」というタイトルでブログを更新し「ベテランの映画宣伝担当者なら知らない人はいない伝説の映画宣伝マンと言える叶井俊太郎さんが、天に召されて逝きました」と16日に亡くなった映画プロデューサーの叶井俊太郎さんの訃報に言及。「56歳、若すぎます」とつづった。

続けて、叶井さんについて「膵臓がんの末期がんでした」と述べ「1ヵ月ほど前にお会いして覚悟はしていた」と説明。「深い悲しみの一方で、ある種の安堵感とでも言うのでしょうか 叶井さん、やっと逝けたねと言う複雑な思いが交差しています」と複雑な胸中を吐露した。

また「最近は連絡をとっていなかったのですが、二人ともがんのステージ4になった 気にならないわけがありません 久しぶりに会って話がしたい」と思っていたことを明かし、叶井さんが手がけた映画の試写会の会場に訪れた日に撮った叶井さんとの2ショットを公開。叶井さんから「もう治療はやってない」と言われたそうで「末期なので抗がん剤治療をすれば、最後まで入院は確実という状況から、自らどう生き抜くかを考えたのだと思いました」と推察した。

さらに「もう、早く死にたいんだよね」とも言われたそうで「どう、答えていいかわかりませんでした」「叶井さんの『それ』は、あきらめからくる『それ』ではないとわかったから」と説明。「叶井さんは、自分の人生を十分生き抜いた」「自分の人生の着地をしっかりと見据えていると感じました」と振り返り「人生を自分自身の決断で全うすることを尊重して」「あげなければと、その時、私は強く感じた」といい「だから…『あきらめないで』と言えなかった」とつづった。

最後に「叶井さん、山あり谷ありでしたが素晴らしい映画人生でした」とコメント。「天国からいつものように豪快に笑って、僕ら映画人のことを長く見守っていてください これからは、安らかに」と追悼し、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「最期までやりたいことをやり切る選択をしたのでしょう」「お辛い心情お察しします」「ご冥福をお祈りします」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. らぶペット 甘えん坊の「エマ」 宮﨑さん家族の愛犬 名張

    伊賀タウン情報YOU
  2. 異端の皇帝フェデリコを佐々木蔵之介、その息子を上田竜也が演じる壮大な物語 PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』の上演が決定

    SPICE
  3. 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  4. 元SEの店主が作る超本格的なスパイスカレーのお店が長崎市西山にオープン!【WOOLWICH (ウーリッチ)】

    ながさーち
  5. 【動画】ドールプレイヤー・ 門松桃永、銀座・知夢仁で北海道グルメをレポ!

    WWSチャンネル
  6. Porscheら、サーファーのために波高を計測できるドローンを開発。可能な限り大きな波でサーフィンするために

    DRONE
  7. DARPA、AI戦闘機と有人戦闘機の史上初ドッグファイトに成功

    DRONE
  8. 【動画】広瀬香美さんが門真市ふるさと大使に ららぽーと門真で就任式

    OSAKA STYLE
  9. FM802開局35周年!“ファンキー”な花火大会が万博記念公園で開催♪

    PrettyOnline
  10. ドトールの春の新作、美味しさに全振りした結果「映え」を完全に無視! 見た目はほぼコンクリだけど…

    ロケットニュース24